ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントのディアッロ!数週間の離脱か!ゲッツェは風邪!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】


diallo.jpg

ドルトムント、ポカールで勝ち進むも、このニュースで喜びもすぐに消えてしまう・・・。


ルシアン・ファヴレの下でポカール2勝。そして2試合とも、延長の末最後の一分で勝利!

すでにポカール1回戦のフュルト戦と同様に、ドルトムントは、マルコ・ロイスの最後の1分のゴールでユニオン・ベルリンに勝利した。

ファン、選手、クラブ幹部たちも試合後に3回選出を決めて喜んでいたが、この喜びもすぐに悲しいニュースに覆われてしまった。

スポンサーリンク



どうやらBVBはこれから数週間にわたって、これまでチームをけん引してきた存在をあきらめなければならないようだ。

ディアロ、数週間の離脱。


ルシアン・ファヴレが試合後に認めたが、ディアッロの負傷は軽いとのことである。このディフェンダーは左サイドバックで出場したが、試合序盤で負傷している。彼は片足で跳ねながらフィールドから出てきて、手当を受けたが、結局13分でゲレイロと交代となっていた。


ファヴレは試合後、“彼は早い時間帯に負傷したが、まだ我々にはどの程度かはわからない。でも何試合かは離脱する事になるだろう。”と彼は語っていた。


これによって、ドルトムントの野戦病院はさらに拡大している。アカンジ(腰)、ピスチェク(膝)は来週か再来週にはチームに合流するとみられている。シュメルツァーとトルヤンの復帰のめどはまだ立っていない。


ディアロが実際に長期離脱となると、ファヴレに残された選手は4人だけだ。ハキミ、トプラク、ザガドゥー、ゲレイロである。


さらに昨日の試合では調子が上がってきているゲッツェの姿がみられなく、ファンも疑問に思ったようだが、この26歳は現在気管支炎を患っているとのことである。




以上です。

ディアロの負傷は本当に痛手ですね。これからバイエルン戦までトプラクとザガドゥーのセンターバックで戦うのはちょっと心配です。その前のヴィッツェルとディレイニーは出続けることになりそうですね。



[ 2018/11/01 18:13 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(6)
怪我だけでなくこれからはウイルス性の風邪や胃腸炎も出てくる季節なので心配ですね。
[ 2018/11/01 18:49 ] [ 編集 ]
ディアロは股関節やったかも?長期化しなければいいけど。ザガドゥもゲーム中、前半からおかしなそぶりしていたしね。こっちは足首だと思う。現実的にまともなのはトプラク1人。
今のメンバーの中で、とりあえずセンターバックが可能なのはユリアンとブルニッチかな。
まぁこうなったら90分打ち合うしかないな。守りから入るという監督のコンセプトとは全く逆だけど。幸いアトレチコとは4-0だったから打ち合っていいし、バイエルンとはそもそも玉砕覚悟。当面ビビらずにどこまで開き直れるかだね。災い転じてにして欲しいよな。
[ 2018/11/01 18:49 ] [ 編集 ]
2人とも今は欠かせない選手になってますから早く治して戻ってきて欲しいですね。
[ 2018/11/01 20:33 ] [ 編集 ]
シュメが居なくなった時点でゲレイロをちゃんとSBで使えばいいのに、ピシュチェクまで居なくなってもゲレイロをSBで使わず中盤で使うからこんな事になる
ディアロだって出ずっぱりだったんだからさー
ザガドゥは確変終了、トプラクはプアー、去年の悪夢再びだね
デラネイも怪我、中盤の運動量はダフードのみで担う事になるんじゃないの
動きが少ないヴィツェルの評価が一時期のカストロやゲッツェ見たくなってるのも笑える
ヴァイグルや香川を使うにしてもちゃんと動けるようになるまで数試合は必要だし、今まで通りのワンパターンなプランは使えないでしょ
まーファブレの『運』に期待だね
[ 2018/11/01 23:51 ] [ 編集 ]
ディアロが離脱は痛いですね。
[ 2018/11/02 11:09 ] [ 編集 ]
私はずっと嫌な予感しかしなかったし皆さんの指摘通りになってきましたね。躓かなければ良いですが今年もか…。
まだ負けてないですが毎年の恒例行事ですね…。
[ 2018/11/03 11:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。