ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘルPSG、ドルトムントのサンチョの獲得に興味!!《ドイツの反応》

【ゴール】

sancho7.jpg

PSG、BVBのシューティングスター、ジェイドン・サンチョの獲得に大きな興味!



ジェイドン・サンチョはヨーロッパのトップリーグで大ブレイクした選手の一人で、BVBで観客を沸かせている。どうやらパリSGがこの18歳に注目しているようだ。


スカイ・スポーツが伝えたところによると、どうやらPSGがボルシア・ドルトムントのジェイドン・サンチョに大きな関心を寄せているようだ。

スポンサーリンク



その報道によると、PSGはこの18歳の成長を常に追っているとのことである。今シーズン、サンチョは14試合で5ゴール8アシストの数字を残している。

この新たなイングランドの代表選手は、ドルトムントでの契約を最近2022年まで延長した。その中には契約解除条項はない。そのためサンチョがこのまま成長すれば、獲得するためにはものすごい金額が必要となるだろう。


ボルシアはサンチョを2017年の夏に800万ユーロでマンチェスター・シティから獲得している。
サンチョはこれまでもマンチェスター・シティ復帰の他に、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントスへの移籍が噂されている。




以上です。

今のサンチョだったらどこのクラブも欲しがるでしょうね。サンチョは個人技も素晴らしいですが、周りとの連携も良いので本当に良いですよね。その辺はだいぶプリシチとは違いますね。もうしばらくはドルトムントでプレーしてほしいですね。





[ 2018/11/02 09:31 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(7)
元々プレミアからきた選手だから長期でドルトムントに所属してくれる選手ではないと思うから売り時に売るっていうのは間違っちゃいないと思うんだけど
この選手をもしとどめておくことができたならドルトムントは今よりもっと強くなると思う

[ 2018/11/02 11:25 ] [ 編集 ]
ドルトムントの最大の魅力はやはり若手の頼もしさですね。
若手が主役ですよ。
彼らの主体的なプレー無しにもはや勝てない。
ちなみに森保ジャパンの2列目も素晴らしい。
[ 2018/11/02 13:23 ] [ 編集 ]
最初出た時からずっとプリやヤヌザイやモルより良いって言われてたからな。両足使えて守備もするし連携できるし課題は数字残せるかどうかだけだった
[ 2018/11/02 14:40 ] [ 編集 ]
彼のプレー選択眼は、とても優れていておなどりドリブラーとは一線を画すと思ってそこを評価していましたが、この間のカップ戦、ショートコーナーの際、ロイスを全く使わず独力で無理やりゴールをこじ開けようとしているのを見て、少し勘違いし始めたなのかもと思いました。絶対勝たなければいけない試合、後半とはいえゴール前ガチガチに固められて、あれでは点が入らない。実際入らなかった。体も切れていて勢いがあり、勝つ意気込みを感じて良かったのですが、独力でも行けて、人も使えるうまさがあるという他とは一線を画す良さを忘れないでいいプレーを今後も見せていってほしい。
[ 2018/11/02 15:50 ] [ 編集 ]
サイド出身で速いFWだったオバは周りと連携出来たけど、プリシッチにはそれがないまんまチヤホヤされて来てしまったしね
デンベレ居る時からパスの選択肢を増やすべきだと言ってたけど、プリシッチを指導してる方はそうは思わなかったのが残念
まーPSGは欧州の中国見たいなもんだし、サンチョは行くべきじゃないね
それよか未成年なんだし、もう少し休ませるべき
[ 2018/11/02 17:31 ] [ 編集 ]
15:50さんの1人でこじ開ける的なのはちょっと前から感じてたけどそこをファブレやロイスがどう言う事きかせていくのかなーとは思います。どうせこの後はメガクラブに行くんだろうしそこにいるスーパースター達はロイスより同格とか上クラスなんだからそういう選手達の中で上手いことやりながら結果が残せるようにスキルを磨いてほしいですね。まぁ10代であれだけプレーできてA代表でもデビューできて給料もはずまれてこれからもっと稼げる可能性あるってなれば勘違いするんだろうけどね。
[ 2018/11/02 18:00 ] [ 編集 ]
いまやBVBのベストプレーヤーですわ
[ 2018/11/02 23:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。