ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!ラフィニア!ハロウィンでアラブの爆破テロリストに仮装し大批判!《ドイツの反応》

【ビルト】

rafinia.jpg


バイエルンスター、ハロウィンで爆破テロリストに仮装する!

このコスチュームは大失敗だった!!

バイエルンのスターはミュンヘンのナイト・クラブ“エンター・ザ・ドラゴン”で行われたハロウィンの仮装パーティーに出席した。彼がインスタグラム投稿した写真にはジェロム・ボアテンなどの姿も見られた。多くはアイデアに富んだおぞましく、おかしいコスチュームに身を包んでいたが、一人だけは違った。

スポンサーリンク



ラフィニアはアラブの大富豪としてやってきたが、手には“注意”と記されたダンボール箱を抱えていた。このダンボール箱にはどうやら爆弾が入っていると言いたいようだ。このバイエルンのスターが爆破テロリストの恰好をしてハロウィンのパーティーにやってきたことは明らかだ。


しかもFCバイエルンの公式アカウントがツイッターとインスタグラムにこの写真を投稿している。クラブもこの選手の品がないコスチュームに気が付かなかったようである。


しかしその後この写真が突如として消去されている。バイエルンのボアテンも自身のソーシャルメディアからこの写真を削除した。


クラブはビルトの質問に答えたがらなかった。


ラフィニアはビルトに対して、“ハロウィンではおぞましい仮装をする祭りだ。この仮装によって誰かを怒らせたり、傷つけたりするつもりはなかった。”と語っている。


さらに彼は、その後、同様の衣装でこの声明文をツイッターに投稿しているが、その時は爆破物の入った箱は持っていなかった。しかしこの投稿の写真は別なものにすり替えられている。


フンメルスは自身のインスタグラムで、“ラフィニアが誰かを侮辱するつもりがなかったことは確実だ。彼を擁護したい。”と表明している。


いずれにせよほかのバイエルンの選手のコスチュームは特にスキャンダラスなものではなかった。





以上です。

さすがに爆破テロリストを思わせる仮装はまずかったですね。しかもアラブの国々にはこのような衣装を着ている人が普通にいるわけですから、そういう意味では仮装とも言えず、そういう人々を爆破テロリストと結び付けたのはだめでしょう。



[ 2018/11/02 13:13 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
バカかこいつ…(呆れ)
[ 2018/11/02 14:13 ] [ 編集 ]
これを見て本物のテロリストの怒りを買って狙われるかもしれないとか考えないのかな?
ボルシア・ドルトムント専用バス爆弾攻撃事件の記憶に新しい中でこういうことするとは理解できない
[ 2018/11/02 15:06 ] [ 編集 ]
悪ふざけが致命的にセンスのない人って会社にも1、2人は必ずいますよね
[ 2018/11/02 15:21 ] [ 編集 ]
 私は面白いと思ってしまいましたけど、まぁ、まずいでしょうね。日本だとその後ろにいる放射線防護服のほうが叩かれそう。
[ 2018/11/02 16:13 ] [ 編集 ]
悪意がなければ許されるというものではないからな
[ 2018/11/03 13:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。