ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!増えるけが人!ディアロ、ゲッツェなどがバイエルン戦は欠場か?《ドイツの反応》

【ビルト】

bvb112.jpg

バイエルンとの対決を前にドルトムントは野戦病院化!


ファヴレ監督の獲得はまさに大成功だった。


ポカール対ウニオン・ベルリン戦で3:2で勝利したことにより、これまで公式戦14試合無敗となったのだ。これによって彼はトーマス・トゥヘルの記録に並んでいる。ファヴレがヴォルフスブルクでも敗れなければ、新たな記録となる。しかしBVBのけが人は劇的に増えるばかりだ。


スポンサーリンク



ドルトムント、バイエルン戦を前に野戦病院化!


次はヴォルフスブルクと対戦するが、その後にはシグナル・イドゥナ・パークでドイツ・クラシコが待っている。バイエルンと対戦するのだ。バイエルンもトリッソ、コマン、ティアゴを負傷で欠いているが、ドルトムントの状態はもっと悪い。


▶センターバックのアブドウ・ディアッロはウニオン・ベルリン戦で内転筋を負傷している。彼がどのぐらい離脱するかは今日の診断の結果を待たなければならない。


▶ピスチェクは膝を打撲している。


▶マルセル・シュメルツァーもすでに1か月負傷しているが、カムバックのめどはたっていない。


▶マリオ・ゲッツェは気管支炎を患っており、バイエルン戦までは休養が必要とされている。


▶すくなくともマニュエル・アカンジとトーマス・ディレイニーは昨日からトレーニングに復帰している。


BVBのマネージャー、ツォルクもフラストレーションをため、“今の所けが人が増えているね。特に守備において・・”と語っている。



以上です。

ドルトムントのけが人の多さは何なんでしょうね。これはどこに問題があるのでしょうか。復帰してから繰り返す場合も多いですし・・・まずは怪我させないようにすることが大事ですが、医療チームにも投資してほしいですね。実際どのぐらい投資しているのかまでは外には見えてこないので何とも言えないところがもどかしいですね。

それからシュメルツァーの怪我も長引いていますが、ちょっとどんな症状なのか良く分かりません。ドイツ語では“Knochenödem”と記されています。骨に関係しているようですが、専門的過ぎて日本語でどういったら良いのか良く分かりませんでしが、膝や関節に痛みが出るような症状のようですね。原因としては負荷のかかりすぎが挙げられるようです。



[ 2018/11/02 21:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(9)
クロップの時のケガは背中とか腰とかだったように覚えてるけど、トゥヘルの頃からは足なんだな。
これ無駄走りが多いんでないの?
現に、今はバックを取っ替え引っ替えして約束事が不徹底になるから無駄走りは多くなるね。ディレイニーなんか慌てて隣のポジションをケアするために何度もコケてたしな。
とはいえ、今はリーガもCLもアドバンテージがあるので思い切りやってもらいたいです。監督さんの腕の見せどこですね。
[ 2018/11/02 22:02 ] [ 編集 ]
Knochenödemですが、翻訳機に掛けると骨の浮腫と出ました。
関節や骨に過負荷が掛かることでリンパ液?が溜まって痛みを感じてしまう症状とのことです。単語でググると記事(医院のHP)も出てきました。
専門家ではないので調べた情報でしかありませんが…
[ 2018/11/02 22:28 ] [ 編集 ]
冬にSB補強しないとね。シュメルツァーはいつ復帰するのか分からないし、ピシュチェクも33で怪我増えてきてるから。こういうチャンスを本来モノにしなきゃいけないトリャンが怪我っていうのもね…。 ハキミが居なかったらと思うとゾッとします。
[ 2018/11/02 23:06 ] [ 編集 ]
シュメルツアはドルトムント公式の自動翻訳かけたら、膝内(骨髄浮腫)となってます。少し長くかかりそうな病気ですね。
ドルトムントの様に試合数多いクラブは、フルで出場させ続けると怪我に繋がるのでターンオーバーする事か良いとファブレは考えていると、ミムラさんが解説で言ってました。確かに前線はターンオーバーしたり、途中交代させたりしてますけど、ディフェンスは出ずっぱり。運動量からも前線優先は仕方ないし、ディフェンスは連帯崩れが即失点するので変えにくいから難しいところですけど
[ 2018/11/02 23:09 ] [ 編集 ]
骨髄浮腫ですかね?
確かシュメレの怪我は膝でしたよね。
要するに膝に水がたまっている状態ではないでしょうか。
スポーツでこれが起こるということは
膝半月板が損傷している可能性があるので
長引いているのも辻褄が合います。
[ 2018/11/02 23:25 ] [ 編集 ]
Knochenödem
Knee edema
膝 浮腫


いわゆるBML/BMEとか膝関節水腫かな、
膝の軟骨の間に液体が貯まるやつ。
[ 2018/11/03 01:14 ] [ 編集 ]
守備選手を酷使してたら怪我しますよね、最近フランクフルトの試合が面白いので見てますが、連日試合が続いている時は守備の仕方を変えてますね。カウンター受けないよう、WBをあげすぎないよう守備連携を重視して激しい上下運動を控えてました。その分攻撃の選手は走って攻守貢献してます。
ドルトムントは使いたい攻撃の選手を毎回出場させる為に守備人に負荷かけすぎですね。特にSBを攻撃で使い過ぎです。
攻撃選手が多いのですから攻守走らせて固定選手をなくし、ローテーションで連携を深めればもっと怪我人はへるでしょう。
[ 2018/11/03 11:56 ] [ 編集 ]
URLはドルントムントの日本向け公式HPです。
今日更新のニュースで骨髄浮腫とありまして、調べたところ専門的な言葉のように思います。
大まかに炎症ということのようですね。
[ 2018/11/03 13:38 ] [ 編集 ]
>2018/11/02 23:25
なるほど。シュメの歳で半月板なら引退ありえますかねぇ。
[ 2018/11/03 18:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。