ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

グアルディオラ監督!サンチョをBVBに売った理由を説明する!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

sancho4.jpg

グアルディオラ監督、サンチョのBVB移籍について語る!


ジェイドン・サンチョはボルシア・ドルトムントにおいて、今シーズン最大の発見となっている。この18歳はブレイクし、これまで公式戦14試合で5ゴールをあげているのだ。ルシアン・ファヴレ監督のものでサンチョは輝いているが、このイングランド人は、2017年の夏にマンチェスター・シティからボルシア・ドルトムントに移籍している。

スポンサーリンク



サンチョは2015年にワトフォードからシティに移籍している。しかしサンチョはプロチームに昇格することができなかった。彼はより高いレベルでのプレー時間を望んだためにシティから去る決断をしている。これによってイングランドは最大のタレントを失ってしまったことになる。


シティの監督グアルディオラは記者会見でどうしてサンチョを手放してしまったのか説明している。“サンチョに関してははっきり言わなければならないね。我々は彼をとどめたかったんだ。だけど彼は残りたくなかった。それじゃあ何もできないよ。”と語っている。


グアルディオラはさらに、“彼の幸運と、すべてがうまくいく事を願っているよ。選手を買う事は我々のビジネスだ。だから彼らには最高の環境での育成を提供したいと思っている。そのためには全力を尽くしているよ。”と続けている。


サンチョのドルトムントでの契約は2022年までとなっている。すでにPSGなどがサンチョの獲得に興味を示しているが、サンチョは長期にわたってドルトムントに残るとされている。


ミヒャエル・ツォルクは“ジェイドン・サンチョが、さらに数年我々の下でプレーすると確信しているし、それには理由がある。”と語っていた。




以上です。

サンチョはシティでプロデビューするよりもドルトムントの方が可能性が高いと思ったようですが、その通りになりましたね。18歳でプレミアリーグからわざわざドイツに来るには結構勇気も行ったでしょうが、それが報われて良かったですね。今後の活躍にも期待したいです。

[ 2018/11/04 12:04 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(4)
 サンチョはBVBに来てすぐに良いプレーをしてましたし、誰もがこの選手は良い選手だと思いました。賛否ある他の若手とは違いますね。
[ 2018/11/04 13:19 ] [ 編集 ]
そろそろ終了だよ
ドルは新人が入店するとやたら活躍するんだよね
ただ11月から12月初旬までに順次スタベンに定着する
[ 2018/11/04 20:15 ] [ 編集 ]
イングランド人は国内の待遇が良すぎる環境なので国外への移籍を好まない風潮があるように感じる
海外クラブで活躍したイングランド人はベッカムまで遡らないと思い浮かばないくらいなので
サンチョに続いてこうした動きがあると代表のもっさり感にも変化があるのかなと思う
[ 2018/11/05 06:26 ] [ 編集 ]
ドルトムントで才能を開花する選手は多いですが大事なのは謙虚に努力を続ける事ですね。ドルで活躍する若手はあっという間に注目されますがその先が難しいんですから。
[ 2018/11/05 17:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。