ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルンでますます孤立するコヴァチ監督!誰も手助けしない理由は?《ドイツの反応》

【フォーカス】

kovac.jpg

コヴァチ、徐々に孤立!


誰も彼を助けない理由とは?



FCバイエルンにはバイエルンらしさが欠けている。スポーツディレクターのハサン・サリハミジッチにも、どうしてなのか、その理由がわからない。そしてニコ・コヴァチ監督は、多くのスター選手を相手に一人で戦っている。


コヴァチの顔を見れば、ここ数週間のサッカーで結果が出ていない事がクラブにとって何を意味するか、それを十分に理解していることはわかる。コヴァチはフライブルクを相手に1:1で引き分けた後で、非常に疲弊して見えた。

スポンサーリンク



彼は今シーズン最初の数週間で成功を収めた時と同じエネルギーをバイエルンのために注入しているが、うまくいっていない。彼とバイエルンが賛辞を受けたのは、もう1か月半も前の事だ。



公式戦16試合を終えて、コヴァチはなす術のないスポーツディレクター、エゴイスティックなスター、そして公の場でジャーナリストを恫喝する幹部の間で孤立している。バイエルンがこんなに自信を失った状態となったのはずいぶん久しぶりの事だ。


コヴァチは引き続き戦う姿勢を見せようと努力し、自分に疑いを抱いていることを見せないようにしている。そしてチームともうまくいっていることを強調している。


しかし、すでに権威を失っていたカルロ・アンチェロッティに対してでさえ、選手の周辺から監督を批判する声は上がらなかった。当然ユップ・ハインケスと、ペップ・グアルディオラの場合はそんなことはない。しかしコヴァチは、トーマス・ミュラーの妻に公の場で批判されたのだ。


この話は、ビルト新聞が、「内部の関係者によると~」と報じるのと同じぐらいくだらないことだと片づけることもできるかもしれない。コヴァチ自身もこの話(選手の妻からの批判)はたいして重要ではないと語っていた。


そうかもしれない。しかし問題の本質は、チーム内から常にこうした内部攪乱者が出てくるポテンシャルがあるという事だ。


そうかもしれない。しかしこのような環境で誰もコヴァチを助けようとしない。“どうして一歩前進しないのかわからない。”とサリハミジッチは土曜日に語っている。彼は監督の責任に言及することは避けているが、コヴァチを擁護するほど強くもない。


さらに幹部たちもこの問題からは距離を置いている。ヘーネスとルンメニゲはその責任をサリハミジッチに押し付けたがっている。


メディアからの批判に対して、選手たちは激しく自分を擁護するが、そこにコヴァチは関係ない。バイエルンにおいては現在疑問の方が答えの数よりも圧倒的に多く、このような状態は珍しい。彼らはこうした状況に全くうまく対応できていない。




以上です。

どうしてコヴァチが孤立しているのか、はっきりとは書かれていませんでしたが、要は責任を押し付けあっていると理解しました。とにかく誰も監督を擁護しないことははっきりしていますね。少しコヴァチが気の毒に思いますが、ドルトムントファンとしては、バイエルンにはもう少しこうした状態でいたもらいたいところです。

[ 2018/11/04 20:14 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
クラブの参謀がいなくなったことと関係あるのでしょうか。
ザマーのような強烈な個性がバイエルンにも必要だったのでは?彼が病気で(実際はそれだけではなかったのかも)フェードアウトした時期と世代交代を推し進めるべき時がかさなってしまったように感じます。
[ 2018/11/04 20:43 ] [ 編集 ]
ハメスの事はあまり好きな選手ではないみたいですよね。
[ 2018/11/04 21:12 ] [ 編集 ]
コヴァチ可哀相・・・。彼のためだけにバイエルン応援してしまうわ。
老害追い出せたら、結構面白い変化したバイエルンになってまた強くなると思うんだけどな。
[ 2018/11/04 22:39 ] [ 編集 ]
エメリの例をみてもマスコミはドラマを作りたがるのでコバチの件も話を盛っていると思いますね。あまり深刻に考えずに見守ろうと思います。
ミュラーの件も奥さんでしゃばり過ぎでしょってくらい、ミュラーが調子悪いのはコバチのせいではないですが、気にするほどの事ではないですね。
気になるのは攻撃と中盤の選手がポジションを守らず自由に動き回っている事ですね。ポジション交換といえば良いように聞こえますが酷いもんです。ポカールはまだ良かったんですけど今回は秩序がなくなりましたね。なので誰が不満をもって反抗的になってるのかなんとなくわかったような気がしました。あとはレヴァンドフスキはどうしちゃったんでしょう? 移籍できなくてプレイする意欲がなくなってるのでしょうか、折角のゴールチャンスを不意にしちゃってわざとゴールしたくないのかと勘ぐっちゃったくらい。
うーん上手く修正していって欲しいですね。
とにかくコバチ監督のサッカーがみたいです。
[ 2018/11/05 00:52 ] [ 編集 ]
老害などと言う酷い言葉を使う人の気がしれないわ。
[ 2018/11/05 05:45 ] [ 編集 ]
ラーム不在が大きいと思う。彼の存在がロッカールームを1つにまとめていたんじゃないかな。ミュラーやフンメルスは人格者ではないし、ノイアーはおバカさんだから無理だ。ラームをコーチにしたら解決するよ。
[ 2018/11/05 06:04 ] [ 編集 ]
ラーム居なくなった後もハインケンス時は上手く行ってたのだから関係ないでしょ。
やはりハインケンスと、コバチの人間性の差が大きいのでは?尊敬出来る監督の後は比べてしまうから余計にがっかりなんでしょうね。フランクフルトレベルではコバチは良い監督なんだろうけど、ペップやアンチェロッティ、ハインケンスの後だと…誰も味方にならないとは、そういう事だと思う。
[ 2018/11/06 00:09 ] [ 編集 ]
長谷部出番や!
[ 2018/11/06 07:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。