ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ボルシア・ドルトムント!大当たりのハキミに続き、新たなレアルの至宝を獲得か?《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

real.jpg


ボルシア・ドルトムント!大当たりのハキミに続いて、新たなレアルの至宝を獲得か?


アシュラフ・ハキミはドルトムントにおいて今シーズンの大発見となっている。このレアル・マドリッドからローン移籍でプレーしている選手は、今となっては外せない選手だ。特にアトレティコ・マドリッド戦での彼のプレーは記憶に新しい。



スポンサーリンク



このヤングスターは2020年までドルトムントでプレーする事になっている。


ボルシア・ドルトムント:BVB新たなレアルのタレントを獲得か?


ハキミのローン移籍が成功のモデルとして成立したので、将来的にもBVBとレアルにとってこのような形で若い選手を成長させることは、十分に一つのモデルとして考えられる。


スペインの“ドン・バロン”が報じたところによると、すでに次のヤングスターがドルトムントの獲得候補に挙がっているようだ。その名はヴィニチウス・ジュニオールだ。


この最大のタレントは夏に4500万ユーロでブラジルのフラミンゴからレアルに移籍している。しかし最近解任されたロペテギ監督の下で彼はまったく役割を果たさなかった。たった2試合でプレーしただけだ。


しかし新監督のソラーリの下で彼はジョーカーとしてプレー時間をのばしている。そして土曜日にはヴァジャドリード戦で初めて得点に絡んでいる。


さらに“ドン・バロン”の報道によると、アーセナル、インテル・ミラノ、ASローマ、ナポリも彼の獲得に興味を持っているとされているので、ドルトムントにとっても簡単ではないだろう。




以上です。

ハキミの獲得は大成功でしたね。今シーズン終了で戻ってしまうかと思いましたが、2020年まではドルトムントで契約しているようなので少し安心しました。

これがうまくいったので、今後もレアルの育成選手をローンで育てるとのことですが・・、まあレアルが相手だとこうなるのは仕方ないでしょうか・・。ロイスのような選手がいる間なら、こうした若い選手も言う事を聞くから大丈夫でしょう・・。そうじゃないと扱いが難しくなる可能性もありそうですね。

ロイスはすでにリーガ10試合で11ゴールに絡む活躍をしていますが、2012年のシーズンをぜひとも超えてほしいですね。



[ 2018/11/05 17:34 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(3)
ヴィニチウスは今レアル会長からの圧力で使われているみたいなので、可能性はありますね
[ 2018/11/05 18:20 ] [ 編集 ]
ヤヌザイとかの例もありますし、レンタルだと途中で打ち切りもありますね
[ 2018/11/05 19:48 ] [ 編集 ]
やはりレアルやバイエルンの控えでもレベルは段違いですね。
プレミアのバチュアイもですが、ドルトムントだとラクラク主役になっちゃいますし。
タレントとしての個が、モノが違うんでしょうね。
補強のポイントであったり、選手選びがだいぶ掴めてきたようなので来シーズンはさらに楽しみです。
[ 2018/11/06 10:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。