ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「僕がどこでプレーしてきたか思い出すべきだ!」リヴァプール・シャキリ!リスペクトを要求!《ドイツの反応》

【トランスファー・マルクト】

shaqiri.jpg


リヴァプール・新加入のシャキリ!

シャキリ、リスペクトを要求!

“みんな僕がどこでプレーしてきたか思い出すべきだ!”


リヴァプールの新加入のシェルダン・シャキリは彼の経歴に相応しい敬意を得ていないと考えているようだ。

“ストークで降格してしまったことは僕とクラブにとってもっとも悪い経験だった。彼らが再び勝ち上がる事を願っているよ。しかしそれらの事は別にして、僕はチャンピオンズリーグ優勝者だ。リスペクトされるに値すると思う。”とこの27歳は“ミラー”において語っている。

スポンサーリンク



シャキリは7月に1470万ユーロでストークからリヴァプールに移籍している。今シーズンこのスイス人は10試合で1ゴール3アシストを達成している。彼はプレミアリーグに2015年に移籍するまで、インテル・ミラノ、FCバイエルン、FCバーゼルでプレーしていた。シャキリは2013年にチャンピオンズリーグで優勝しており、さらにブンデスリーガで3度の優勝、スイスでも3度優勝している。またスイス代表として彼は2010年、2014年、2018年のワールドカップに出場している。


“みんな僕がこれまでどこでプレーしていたのか、僕がどんなクオリティーを持っているか、そして何を達成したか思い出すべきだ。僕は世界で最も大きなクラブの一つであるバイエルンでプレーしたし、今も世界で最も大きなクラブでプレーしている。”とシャキリは語る。


“僕がミュンヘンに戻ると、ファン達が僕がどんなに愛されていたか表現してくれるよ。僕はここでもそうなってほしいと思っている。”


シャキリはプレミア・リーグではまだ2回しか先発出場していない。


“ようやくここに到着したし、今は最高の状態だと思う。監督の意思を、チームメートを理解するのに少し時間がかかるけれど、プレー時間も増えているし、良い感じだね。”と語った。




以上です。

この発言の背景にあるものが良く分かりませんでしたが、何か敬意が欠けていると思う出来事があったのでしょうかね。リヴァプールがアトレティコ・ビルバオのイケル・ムニアインの獲得を狙っており、シャキリが放出候補となっているという報道もありましたから、そうした事も背景にあるのかもしれません。

しかし敬意というのは誰かに対してするものであって、人に対して要求するものではありませんね。管理人がドイツの大学で勉強したときに、教授の多くが、生徒に対して同じ対等な人間として接していましたが、それに感激したことを覚えています。

日本は相手を敬う、年配を立てるという、素晴らしい文化を持っていますが、敬われることが当たり前となり、必要以上に偉くなったように振る舞ってしまう人も結構いるという現実を改めて実感したわけです。

なんかシャキリの話を読んで、その時のことを思い出しました・・・。まあ基本的にヨーロッパは、普段からもう少し周りの人間を尊重するようになったほうが良いとは思いますけどね。



[ 2018/11/05 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(13)
今のバイエルンファンからすれば、喉から手が出るほどシャキリが欲しいでしょうね。
素晴らしい選手だと思います。
[ 2018/11/05 21:06 ] [ 編集 ]
プレミアじゃその程度のキャリアなんてゴロゴロしてるやろってことなんだと思うんですけどもね。
でもまぁ自分が不当に扱われてると思ったら口に出すってのはプロの生き方としては悪くないんじゃないかとも思います。
[ 2018/11/05 21:06 ] [ 編集 ]
活字だと微妙なニュアンスが伝わりにくいけど、それを差し引いても日本人的感性からは理解しがたい発言だなぁ
敬意は後からついてくるものだと思いますけどね
[ 2018/11/05 22:18 ] [ 編集 ]
シャキリ? バイエルン3連覇?? 印象にないな~(笑)
[ 2018/11/05 22:27 ] [ 編集 ]
管理人さんの仰る通りですね。
気に食わないなら、黙ってチャンスが来た時に結果で見返せばいい。過去の賞状で凄いんだぞってのは園児でもできますね。、
ただ、主張しなければ蔑ろにされてしまうクラブや指導者が多いのもまた事実。まぁ、クロップがいるクラブでそれをやるのは愚かですが笑
[ 2018/11/05 22:48 ] [ 編集 ]
シャキリが効いているのは確かだしクラブには必要な人間だと思うけど
規律を乱すようなら放出してもいいと思うわ
[ 2018/11/05 22:55 ] [ 編集 ]
それは無理なハナシだ。

そもそも外国人には敬意と言う概念は無いし、そもそも自分がそういう事を回りに吹聴する時点で敬意の無い人間である事が露見してしまっているから、どちらにしても敬意を得られることは無いだろう。

昔の杵柄を以て現状をどうにかしようとするのではなく、自身が努力して変えるべき。
それが出来ないからこそ、今、困難に立ち会っているにも関わらず、自身を省みないのだろうからね。
[ 2018/11/05 22:55 ] [ 編集 ]
respectって直訳すると敬意ですが、実際には日本語の「敬意」よりももう少し軽いニュアンス...他人を尊重しろとか無礼を働くなとか、そういう意味合いも含んでますよね。
少し態度が悪かったりすると普通に"show me your respect"って言われたりしますし。
彼がどの文脈でそれを訴えたかったのかは謎ですが。
[ 2018/11/05 22:58 ] [ 編集 ]
一長一短の話だとは思うんですよね。
日本社会も「謙虚であれ」を過剰に自身や他者に課してしまったり、意図的なのか素なのか曲解されて「謙虚でない」と見なされた個人や事業が叩かれるみたいな例もしばしばあるように思います。
それはそれとして、シャキリ自身もサッカーファンの間では割と好き嫌いがハッキリ別れがちな選手ではあると思いますが能力は確実に備えている選手の一人だと思いますので怪我なく長く活躍して欲しいです。
[ 2018/11/06 00:59 ] [ 編集 ]
ワールドカップで罰金行為をした事思い出せよ
自分への敬意は求めるくせに他者へは敬意を払わない
[ 2018/11/06 01:16 ] [ 編集 ]
プロサッカー選手よりも視聴者の方がはるかに偉そうです…
[ 2018/11/06 10:46 ] [ 編集 ]
敬うという行為は礼節を守る事とまったく異なることだと思います。
日本の場合は年配者にたいして敬えとは教えておらず、礼節を守りなさい、と教えられます。たとえ、嫌な奴でも表面上は適切な態度でいなさいということですね。
敬えと教えられるときはその年配者と深い関係があるときでしょう。
シャキリの場合はリヴァプールでは何の功績ももたらしていないので、敬意を要求するのはおかしな話ですね。それこそセルビア人は鼻で笑うことでしょう。
しかしながら尊重してよ!という事ならベンチ続きの彼の立場なら気持ちはわかりますが、W杯のパフォーマンスで印象悪くなったので自分は同情しないです。
出場チャンスで実力をアピールするしかないですね。
しかしリスペクトのニュアンスが難しいですね。
[ 2018/11/06 13:49 ] [ 編集 ]
日本人選手にも居るな
敬意を払ってくれくれ病を発症している選手
様々な奴が勘違いしてるが、共産主義者じゃあるまいし、同国の人やチームを応援してる人が須らく支持や応援をする訳じゃないんだよ
[ 2018/11/06 14:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。