ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!サンチョ!「マルコ・ロイスは僕のアイドル!」《ドイツの反応》

【ドルトムント24】

reus4.jpg

サンチョ!“マルコ・ロイスは僕のアイドル”

かつてはマルコ・ロイスもドルトムントの若きスターだった。しかし今ではこの攻撃的な選手もリーダーに成長している。そしてBVBの至宝ジェイドン・サンチョにとってはロイスはアイドルだ。


“僕はマルコ・ロイスをよく見ているよ。彼は素晴らしい選手だからね。”とサンチョはヴォルフスブルク戦後に“ドイチェ・ヴェッレ”紙において語っている。


スポンサーリンク



それによると、マルコ・ロイスが、フィールド上で彼と話したり、アドバイスをすることが非常に良いようだ。実際にマルコ・ロイスはこのキャプテンとしての役割が気に入っているようである。例えばビュルキに対するアドバイス、ザガドゥーに対する指示。マルコ・ロイスはリーダ性をいかんなく発揮している。


“アイドルのようだ”



ロイスはルシアン・ファヴレの下で現在では経験豊かな選手となっている。彼とサンチョの年齢差は11歳にもなる。サンチョが、“僕は彼をアイドルのように見ているよ”と語るのも不思議ではない。


そしてサンチョは、“彼が僕に何か説明したら聴いているよ。アドバイスを受け入れなければならないし、選手としても学ばなければならないね。”と語っている。



サンチョは最近ではヨーロッパで最も偉大なタレントとされており、イングランド代表にもノミネートされている。
さらに10月には、スカイの視聴者が選ぶブンデスリーガ月間最優秀選手にも選ばれた。これでサンチョは、今シーズンこの賞を受賞した3人目のドルトムントの選手となっている。これまではマルコ・ロイスとアクセル・ヴィッツエルが受賞した。



以上です。

サンチョとロイスの関係はチームにおいて理想的ですね。ロイスがいる間はドルトムントは大丈夫でしょう。そして今シーズンはこのまま怪我せずにプレーして、再びワールドクラスであることを証明してほしいですね。


[ 2018/11/06 19:30 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(6)
サンチョは早熟で終わって欲しくはないのでローテーションすべきですね
[ 2018/11/06 20:20 ] [ 編集 ]
サンチョがロイスではなくてゲッツェか香川のプレーをマネできるなら大化けするよ。これやれんならブロックの中でボール受けられるし中央でやれるようになる。
ドルのメッシになれる。
今のところシティのフォーデンの方がうまいけど、あのプレーヤーにサンチョのドリブルはないから是非トライさせてもらいたい。ずっと前から言ってるけど世界一になれる。
[ 2018/11/06 20:45 ] [ 編集 ]
一番の心配は果たしてロイスが1年稼働出来るかですね。ファブレはかなりロイスに依存してローテも最小限に抑えています。ただ彼も若くはないので疲労が蓄積して怪我のリスクは高くなります。昨シーズン後半戦の香川のようにならなければ良いのですが。
[ 2018/11/06 21:55 ] [ 編集 ]
今季こそ優勝してほしい
サンチョは欠かせない選手
[ 2018/11/06 22:28 ] [ 編集 ]
ラーセンもロイスを絶賛していましたね。
一緒にプレーできることに感激する気持ち、とてつもない喜びなのでしょうね。
今シーズンはすでに9ゴール9アシスト。
これが続けば再び年間MVPを受賞するでしょう。
彼はドルトムント唯一のワールドクラスにして天才ですね。
[ 2018/11/06 23:11 ] [ 編集 ]
サンチョは楽しみですね。くれぐれも勘違いしないように、ロイスはファブレが彼がけがしないようにプレイさせているので大丈夫なようですから心配いらないでしょう!キャプテンなんだし今迄散々肝心な時に怪我しちゃってくれてましたから、自分の扱いに慣れてる監督のとき位はフルシーズンボロボロになる迄働いてもらいましょう!ボロボロになった身体のケアはシーズンオフにしてもらうとして
昨シーズンの香川だって7試合だか10試合だか毎試合11K以上走ってプレイ出来たんですから、怪我しちゃいましたけど
サンチョもいるしロイスも大丈夫!
[ 2018/11/06 23:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。