ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》岡崎「もっとゴールを決めたいしアシストもしたい!」ブンデス公式がインタビュー

ブンデスリーガ公式ホームページが3月5日に掲載した岡崎選手の最新インタビューになります。



20150310175705fa4.jpg




マインツ ― 彼はゴールが約束されているストライカーだ。本来であらば。なぜなら岡崎真司はここの所彼にとっては珍しくも長い間、苦難の時期を過ごしている。この日本人は最初の14試合で8ゴールを記録したが、15試合目から次のゴールを待っている。


ブンデスリーガ公式ホームページのインタビューにおいて、この点取り屋はトレーナー交代は個人目標、それから次の試合にむけて語った。



20150310175707297.jpg



岡崎慎司さん、新監督マルティン・シュミットの下ではマインツ本来の長所が再び取り戻せるのではないかといくつかのメディアも褒め称えています。いったいどのぐらい監督交代によってチームの戦術が代わりましたか?


僕達の戦術はとてもシンプルです。ボールを奪取したらできるだけ直接、対戦相手のディフェンスの裏にボールを出すことです。ユールマン監督の時はポゼッションが重要でしたが、今の戦術はどちらかと言えば僕達の長所を踏まえての事だと思います。僕らは今ではよりプレッシングと攻守の切り替えに集中しています。



シュミットはとてもカリスマ的ですね。


そうですね。彼は戦士のようなタイプですし、とても熱いです。



シュミットはあなたのトレーニングに対する取り組みをもの凄く褒めていましたが。


それはとても嬉しいですね。僕の考えではトレーニングで良いパフォーマンスを残した選手が試合に出るべきだと思います。信頼を感じることが出来れば、より責任を持つことが出来ますし、それは僕にとってはゴールを決める事を意味します。



前半戦では8ゴールを決めましたが、後半戦ではまだゴールを上げていませんね。いったい何故でしょうか?


前半戦、僕は定期的にゴールをするという良い時期にいました。でもその当時でも僕達のチームにゴールチャンスが少ないことは明らかでした。たいていの試合で僕には1度や2度のチャンスしかありませんでしたから。だから対戦相手が僕に対して対策をしてきたら、僕がいつもゴールする事はなくなるだろうと言うことは予想できる事でした。

それに加えて僕はワールドカップとアジア・カップでプレーしましたから。でも僕はまたゴールを決めたいですし、モチベーションも高いですよ。より高いレベルに行くためにもね。



あなたはどの分野でもっと向上したいと思いますか?


もっとゴールをしたいですしアシストもしたいですね。僕の事を良く知っており、コンパクトに守って来る対戦相手に対して、新しい道を見つけたいです。最近ではチームメートをより生かす事が出来るようになっていますし、昨シーズンが1アシストだったのに対して今シーズンは4アシストしています。昨シーズンはゴール数によって評価されましたが、今は、その都度より良い選択をしてチームを助けたいと思っています。


あなたはどうしてプレースタイルを変えようと思ったのですか?


誰もいつも決まったプレースタイルだけで戦うわけには行きません。チームにも対戦相手にも合せなければなりません。今の僕はよりヴァリエーションが豊富ですし、色んな形でゴールを決めたいと思っています。今シーズンは、クロスから決めたゴールが増えましたし、ラッキーシュート(訳注:辞書にはラッキーシュートと載っているが、ボールを失敬して決めるというニュアンスだと思う。)も増えました。それに対して昨シーズンはディフェンスラインの裏にこっそり忍び込む事が多かったですね。

スポンサーリンク


多くの日本人がブンデスリーガにやって来ていますね。ここで日本人として成功するためには何が必要でしょうか?


ヨーロッパで成功を収めたければ忍耐強くなければならないと思います。それに諦めてはいけません。これは簡単では無いですけどね。でも難しいからといってすぐに帰ろうと考えてはダメだと思います。Jリーグも代表への道のりであったとしてもね。(訳注:Jリーグで成功したら日本代表になれるからと言って、容易に日本に帰ることを考えるべきではない。)


20150310175706d9d.jpg


日本人選手の何人かは今シーズン十分な出場時間がもらえず、日本代表に選出されるか心配しなければいけない状況ですね。


そうですね。でもみんなトレーニングで力を出すように取り組むべきだと思います。時々監督と話をする事も助けになりますね。意思の力が決定的に大切なんです。強い意思がない選手がここで敗れることになります。より挑戦し説得力のあるものにしなければなりませんし、そこから逃げてはなりません。


多くの日本人にとっては言葉の壁がハードルとなっていますね。あなたは、言葉のせいで、本来のユーモアがドイツでは発揮できないと言っていましたが・・・。


その通りです。でもそれはそんなに問題じゃないですよ。僕が日本にいる時は人を笑わせるのが好きですが、それと同じように周りを聴いて一緒に笑うことも出来ますから。日本でもどちらかと言えば聞き役であることの方が多いですかね。



あなたと韓国人選手とのあいだに特別な繋がりはあるのでしょうか?


ありますよ。僕たちは多くの時間を一緒に過ごしますから。僕は良くパクと食事に行きますし、彼の母親が僕達に手料理を振る舞ってくれることもあります。もし僕達がいつか一緒にプレーしないことになったら、クやパクが居なくて寂しく思うでしょうね。


土曜日はマインツにグラートバッハを迎えますね。降格圏からたった2ポイントですから相手にポイントを渡すわけには行きませんね。


グラートバッハは攻撃でもディフェンスでも高いクオリティーを持っているチームです。チームは良く統率がとれていますし、だから彼らの統率を乱すぐらい沢山動かなければなりません。僕たちはアグレッシブにプレーしなければなりませんし、それが最重要です。僕は彼らを倒せると信じていますよ。






以上になります。


岡崎選手のインタビューが掲載されたのは久しぶりになりましたが、岡崎選手の考えの変化が語られておりとても興味深く読むことが出来ました。

トレーニングで全力を出すというコメントに非常に興味を引かれましたが、疲労との関係はどうなんでしょうか。全力でトレーニングをしても本番に疲れが残らないようにうまく計画されているのでしょうか、その辺が気になりました。


このインタビュー後の試合では岡崎選手もゴールを決めましたね。

後半戦ではゴールもそうですが、アシストにも注目してみたいと思います。


【おまけ今日のドイツ】

20150310155908f66.jpg

訪日中のドイツのアンゲラ メルケル首相の様子が今日の新聞一面に載っていました。本田のロボットと握手している写真です。
日本ではどういう風に報道されているんでしょうね。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/03/10 19:57 ] 岡崎 | TB(-) | CM(6)
No title
ちょっとむずかしいことをやり過ぎなんだろうなあ
シンプルに前線にボールを集めるほうが
下位チームにはあってるし
岡崎にとってもそのほうがいいんだろうね
[ 2015/03/10 18:55 ] [ 編集 ]
No title
いつも興味深い記事の翻訳ありがとうございます

メルケル首相の件は、日本では民主党やら朝日新聞やらが、戦後補償に対してドイツを見習えーって相変わらずですよ(;^ω^)
メルケル首相の発言が捻じ曲げられて、左翼の偏向報道に使われまくりですよ
[ 2015/03/10 19:20 ] [ 編集 ]
No title
少し前に岡崎選手が『久しぶりに再会したザッケローニさんからもっとゴールを狙っていけというようなアドバイスを受けたが、生意気を承知で、自分にも考えがあってチャレンジしていますと返した』というようなことをブログに書いてらっしゃったのですが、その岡崎選手の『考え』や『チャレンジ』というものがどういったものなのか、このインタビューのおかげでより具体的にわかったような気がします。素晴らしい記事を紹介(&翻訳)してくれてありがとうございます。
[ 2015/03/10 20:51 ] [ 編集 ]
No title
地元の新聞は同じアシモと握手してる写真でしたよ
[ 2015/03/10 21:29 ] [ 編集 ]
岡崎選手はアジア杯の敗戦で、W杯だけでなくアジアでも日本は勝てないのか…と呆然としていたようで、その状態が続いていた気がしたのですが良くなってきたみたいですね。
香川選手にとっても復調のきっかけになっているように見えますが、ミランの本田選手は過密日程の疲れがモロに(ーー;)
ブンデスの情報じゃなくてすみません。
[ 2015/03/11 03:46 ] [ 編集 ]
No title
このインタビュー見て思ったこと

・選手は言えないからサポが言わないといけない
・アジアカップの日程を何とかしてほしい
・親善試合程度で欧州組を日本に呼び寄せない
(又は欧州で親善試合をやろう)

本田も岡崎も香川も建前は代表に選ばれて嬉しい
と言ってるけど本音は違う気がするわ
明らかに10月の親善試合とアジアカップで
コンディション崩してる
[ 2015/03/11 18:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。