ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川とイサークが4部の試合で魔法を見せる!ドイツ紙《ドイツの反応》

【Sport.de】

kagawa3.jpg

BVBのスターが地方リーグでプレー!

香川とイサークが4部リーガで魔法を見せる!

火曜日に行われた4部のドルトムント2部対エッセンの試合のスタメンはちょっとした驚きだった。ボルシア・ドルトムントは、プロチームでプレーする3人を送り込んできたのだ。


スポンサーリンク



アレクサンダー・イサーク、香川真司、セバスチャン・ローデがドルトムントのスタメンに名を連ねた。そしてそれはすぐに機能した。BVBはエッセンを5:0で破壊したのだ。イサークは前半にハットトリックを達成し、そのすべてを香川がアシストしている。後半にはユリアン・シュヴェアマンとドミニク・ヴァンナーが追加点を挙げている。


何よりも予想外だったのが香川の参加だ。このワールドカップ出場者である香川はルシアン・ファヴレの下でたった4試合にしか出場していなかったが、まだ4部の試合でプレーするまでではなかった。香川はこれまでプロチームで216試合に出場し、60得点を挙げ、さらに50以上のアシストを決めているのだ。


ローデも同様にまだ4部ではプレーしていなかった。しかし彼は2016年に移籍してきて以来説得力のあるプレーはできていない。彼は負傷で75試合も欠場している。彼が最後にプロチームでプレーしたのは2017年の8月の事だ。


それに対してイサークは定期的にU23のメンバーに入っている。ファヴレはこの19歳をこれまでまったく相手にしていない。またエリック・エールシュレーゲルもこれまでのようにゴールを守っている。このキーパーは第3のゴールキーパーとしてプロチームの一員だ。




以上です。

やはり香川選手が4部の試合に出たことで少し話題となっています。いくつか記事が出ましたので紹介します。



[ 2018/11/07 10:30 ] ドイツの反応 香川 | TB(-) | CM(7)
これで良いと思います、イサクが機能すればCF問題片付くし香川の調整にも成ります。
それにしても香川って選手も持ち味引き出すの上手いね、ラーセンとかも香川のお蔭やね
[ 2018/11/07 11:29 ] [ 編集 ]
さすがに香川が出てくるとか相手がかわいそうやん…
[ 2018/11/07 12:03 ] [ 編集 ]
サポーターの反応が気になります。
この待遇で当然と思っている感じでしょうか?
もしそうなら香川ファンとして悲しいですし、心の底から冬に移籍してほしいと願っています。
私は彼のプレーが観たい。
[ 2018/11/07 12:23 ] [ 編集 ]
そんなに驚かれることだったんですね

やはり、香川選手自身が希望したことだったのではないでしょうか?
ケガをする前のインタビューでも定期的に試合に出ないとコンディションが保てないっと語っていたので
今は試合で90分プレイして、調整することを望んだのだと思います。
[ 2018/11/07 12:25 ] [ 編集 ]
やはり今期は苦戦しているけど、ドルトムントで爆発的な活躍をみせた香川が4部の試合に出てきたら
相手もビックリするしメディアもビックリするでしょう!
ただ、試合勘を戻すためには香川には必要な試合だったように思いますよ
今の香川に欠けてるのは何よりも試合勘なんで
[ 2018/11/07 12:49 ] [ 編集 ]
 私がエッセンの選手なら試合後に香川のユニ交換とサインと2ショット写真の三冠を狙いますね。
[ 2018/11/07 12:59 ] [ 編集 ]
相手チームが一番驚いたでしょうね。なんやかや言っても香川はプンデスのスター選手なんですから。
[ 2018/11/07 18:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。