ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント・タレント!バイエルンを倒すには?サンチョ、ラーセン、ダブルインタビュー!《ドイツの反応》

【ビルト】

sancho5.jpg


ブルーン・ラーセン!ファヴレがどのようにして若い選手を手助けするか!


この二人のストライカーに関しては、ヨーロッパ中が嫉妬している。ブレイクしたジェイドン・サンチョとデンマークのヤコブ・ブルーン・ラーセンだ。


バイエルンとの頂上決戦を前に、ビルトが空の上でインタビューを行った。

ビルト:次の試合はどのぐらい楽しみですか?


サンチョ:ものすごく!誰でもこうした試合は楽しみですね。満員のホームでバイエルンと対戦。そして200以上の国が試合を観戦する。これ以上は望めませんよ。


ラーセン:“僕も同様ですね。もちろん若い選手としてはいつもこのような試合を夢見ています。”


スポンサーリンク


ビルト:どのようにしてバイエルンを倒せると思います?


サンチョ:ファンの力を借りて全力でプレーする事ですね。バイエルンがどれだけ強いかは分かっていますけど、僕たちも良い一日に当たれば、彼らを倒すことができることが分っています。相手を尊敬していますが、自信もありますよ。みんなで一致団結しています。


ラーセン:僕はあまり順位を気にしないようにしています。素晴らしい相手と対戦する素晴らしい試合ですね。もちろんこれに勝利すれば順位表はさらに良くなることは分かっています。でも話をすることで試合に勝った人は誰もいません。僕たちが自分たちのクオリティーを発揮し、さらに守備においてはコンパクトに守り、さらに攻撃の選手が役割を得れば良い結果がでるでしょう。


ビルト:あなたのここ数か月のキャリアがこんなにブレイクしたことは、まるで間違った映画を見ているようではありませんか・・?


サンチョ:これは素晴らしいですし、そうですね。すべてがあっという間でした。でも僕には向上させなければならないことがある事も分かっていますし、学ばなければならない事も分かっています。すごくうまくいっていますから、チームの一員でいることがとても楽しいですよ。まだまだこれからです。



ビルト:ルシアン・ファヴレの影響は?



ラーセン:もちろんものすごく大きいですね。彼が誰がプレーするか決断しますが、若い選手の事は助けてくれます。信頼し、計画をたて、さらに弱点の克服に取り組んでくれることでね。僕もまだまだ向上しなければならないことは分かっています。






以上です。

二人ともなかなか謙虚な若者で頼もしいですね。同じ若者でも、プリシチとこの二人は結構タイプが違うように見えます。


サンチョは本当に素晴らしいですから、このまままっすぐ成長してほしいですね。最近の若手はデンベレーにしてもムバッペーにしても性格面でもったいないと感じることが多いので。


ラーセンは個人的には香川選手とのほうが相性が良いような気がしますね。一度トップチームで二人で起用してほしいところですが・・・。

[ 2018/11/09 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
ラーセンはゴールが上手いので、ゴール前スペースを開けてくれる人がいると確実にゴール量産できるタイプですね。記事にはいませんがフィリップも。サンチョは運ぶのが上手いですが、最後のディテールが荒い感じ。気が効く香川に生かしてもらえるのはラーセン。香川がゴールチャンスをもらえるのはサンチョ。




[ 2018/11/09 19:11 ] [ 編集 ]
香川、見たいですね。
やはりアイディアは屈指だと思いますから。
アトレティコ戦を終えて希望するスタメンは、
ゼロトップにゲッツェ、右からサンチョ、ロイス、ゲレイロです。
交代カードは点が必要な展開ならばゲレイロ→プリシッチ、ゲッツェ→パコ、ディレイニー→ダフード。
香川を投入して相手を混乱に陥らせるという展開も期待したいのですがね…
まだ一度も一緒にプレーしていないサンチョやパコと組ませて、どういった化学反応を起こすか見てみたいものです。
[ 2018/11/09 22:04 ] [ 編集 ]
ラーセンの活躍は嬉しい誤算だけど、もう少し緩いリーグでフルシーズン出場してからでも良かったと思うけどね
サンチョも10代なんだから出場のペースを緩めた方が良いでしょ
プリシッチは煽てまくった結果なんだから誰かが責任持って方向修正しなきゃね
[ 2018/11/10 00:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。