ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB対バイエルン!バイエルンはロッベンやロドリゲス達が負傷!!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】



アリエン・ロッベンが負傷!FCバイエルンのスター、ドルトムント戦は欠場!


アリエン・ロッベンがボルシア・ドルトムントとの頂上決戦に欠場することが分った。土曜日にFCバイエルンが発表している。


スポンサーリンク



アリエン・ロッベンがボルシア・ドルトムントとの頂上決戦に欠場することが分った。土曜日にFCバイエルンが公式ツイッターで発表している。


ロッベンの欠場はバイエルンにとっては大きな痛手だ。この34歳のオランダ人は、チャンピオンズリーグのアテネ戦を膝の問題で欠場していたが、すでにドルトムント戦前の最終トレーニングに参加していないことがテレビ報道で明らかになっていた。


ニコ・コヴァチはトレーニングの前に、“アリエン・ロッベンはトレーニングで見てみないとわからないね。他の選手はみんな健康だよ。”と語っていたが、結局ロッベンがそこに現れることはなかったようだ。


しかもコヴァチがこの発言を時点で知らなかった事がある。ハメス・ロドリゲスの出場も微妙だという事だ。最初にスカイが報じているが、彼もドルトムント戦で欠場するとされており、飛行場までのバスには彼の姿はなかったとのことだ。


スカイが報じたところによると、ロドリゲスは最終トレーニングで打撃を受けたようである。しかしその少し後で、スカイは、ハメスがドルトムント行に同行していると報道を訂正している。


仮にロドリゲスが同行したとしても、バイエルンのメンバー層が薄くなっている事には変わらない。長期離脱のティアゴ、コマン、トリッソも欠場となる。





以上です。

ロッベンが欠場するというのはドルトムントにとって良いニュースではありますね。分かっているけど止められないのが、ロッベンのカットインからのシュート。いったいあれに何度やられたことか・・・。クロップ時代はシュメルツァーとグロースクロイツが二人で彼をマークし、そこに香川選手がヘルプに入る事でなんとか抑えていましたが、その後はわりとやられてますね。

なんでカットインからシュートが来るのが分っているのに止められないのか不思議ですよね。まあそれがロッベンの凄いところですよね。


[ 2018/11/10 09:35 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
ロッペンにカットインされるときは概ね背後のハーフとかボランチに気を取られてるときかセンターフォワードに釣り出されてるとき。あるいはその両方。自分で抜いてるように見えるけど実は仲間の動き見て行くか行かないか決めてる。
まぁこいつがいないのはいいことだけど、監督はじめクセモノだらけなので要注意。特に今回は、フンメルス。あいつをしっかり潰しておけば中盤はチアゴいないから効果的なビルドアップは阻止できるでしょ。レバに長いの一発もないだろうし。
まぁとにかく明日から休みなんだから足つってもガンガンやってもらいたいです。
[ 2018/11/10 10:40 ] [ 編集 ]
カットインからのシュートが止められない理由はドリブルデザイナーさんの知識を知ると目から鱗ですよ
これを知るとさらに試合観戦が楽しくなります
[ 2018/11/10 10:41 ] [ 編集 ]
ロッベン最近不調でしたのでベンチと思ってましたので、ニャブリ起用ですかね。バイエルンの中で若々しくプレイして見てて楽しいですね。
[ 2018/11/10 11:57 ] [ 編集 ]
香川選手はロッペンはカットインさえ防げば怖くない選手と常日頃から言っており、敵とはみなしていませんでした。
リベリーの方が抑えにくいと。
こういうメンタリティーがないとバイエルンには勝てませんね。
[ 2018/11/10 11:59 ] [ 編集 ]
ロッベンも年取ってるからもうそこまではやられないと思うが
[ 2018/11/11 03:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。