ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント対バイエルン!ドルトムント・キーパー、ビュルキの出場は微妙か?《ドイツの反応》

【ビルト】

burki4.jpg


当日に判断

BVB、ビュルキの出場は微妙か?


チャンピオンズリーグのアトレティコ戦での敗戦の影響は思っていたよりも大きいようだ・・・。


ロマン・ビュルキのバイエルン戦での出場が疑問視されているのだ。


その原因:火曜日のアトレティコ戦で、BVBのキーパーはアトレティコの二コラ・カリニチとぶつかった。それによって太ももに打撃を受けて、大きな痣が出来ているようだ。彼は木曜日にはトレーニングすることができない状態だった。


スポンサーリンク



監督は、“ロマンはたぶん大丈夫だと思う・・・”と語っている。

しかしどうやら完全に大丈夫というわけではないようだ。ビュルキは最終トレーニングも欠席したのだ。最終的な決断は土曜日の午前中に行われるようである。

ビュルキは現在、最高の状態にあり、公式戦15試合のうち、7試合を0点に抑えている。さらにシュートセーブ率は76パーセントでリーガ最高だ。さらにビュルキはビックチャンスの36パーセントを防いでおり、ポカールでのヒュルトやライプツィヒ戦では素晴らしいプレーを見せている。


ビュルキの代わりとしては新加入のマルヴィン・ヒッツがいる。


またこれとは別に興味深いのは、ぱっとしないパフォーマンスを披露したアルカセルに代わってマリオ・ゲッツェが再びトップの位置でプレーするかもしれない・・。




以上です。

今シーズンのビュルキは本当に良いですね。前から神セーブは良く見せていましたが、今シーズンは全体的な安定感がまるで違います。これまでの好調が彼のおかげであることは疑いようもないですね。それだけに、この大一番でプレーできないとしたらきついですね・・。

[ 2018/11/10 18:48 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(2)
ビッグゲームで不在なのはかなり大きいですが、レバンドフスキを始めとするバイエルンの攻撃力と得点力は深刻なほどに落ちてしまっているのでどうなりますかね。
[ 2018/11/10 19:40 ] [ 編集 ]
昨シーズンも中々得点許さなかったし、最終的にはブンデスリーガ上位だった
CLなどでニアからドカンとやられる事はあったけど、ハイラインでバルトラさんやSBが上がりっぱなしでフリーで打たれてたのが原因だったしな
その度に止めろ止めろ言われてた印象

バイエルン戦は残念ながら欠場ですね
[ 2018/11/11 02:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。