ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!バイエルンに3:2の逆転勝利!7ポイント差に!!《ドイツの反応》

【ビルト】


bvb23.jpg

試合をひっくり返す!バイエルンと7ポイント差!

クレイジーな試合!


ブンデスリーガだって、こんなに美しくなることができる!

ドルトムントとバイエルンの試合は、サッカーに必要なものすべてが詰まっていた。戦い、スピード、高いレベル、緊張感。この試合は204か国の人々が観戦していたが、この90分間は宣伝効果ばっちりだ。

スポンサーリンク



なによりBVBにとっては享楽そのものだ。3:2でライバルに勝利したことでポイント差も7となった。


バイエルン、キーパーのノイアー:“問題は僕らに起こったミスだったね。ドルトムントは自分たちのスタジアムでカウンターを決めることができたが、僕たちがそれを引き起こしてしまった。”



“PKの場面では彼が接触しに来たので、手を引いた。パフォーマンスで言えば良い出来だったから、3ポイント獲得できたかもしれなかたが・・。”


優勝を賭けた最初の試合はドルトムントの勝利となった。ニコ・コヴァチ監督は、新たな敗戦に耐えなければならなかった。彼はこの試合では文句なしの起用をしていたのだ。


バイエルンは、強い意志をもって試合に臨んだ。スピード、意志、決断力、すべてがあった。最初の15分ではセンターバックのフンメルスとボアテンのみが自陣に残るだけで、逆にバイエルン陣営に残るのはゲッツェ一人だけだった。


26分:キミッヒがボールを右にパスすると、グナーブリーがクロスを上げ、レヴァンドフスキーがゴールを決めて1:0。


バイエルンが先制だ。ヘーネスがスタンドで大喜びする。彼は試合前に“現時点では我々がアウトサイダーだ。”と語っていた。


しかしフィールド上ではそうは見えなかった。それはルシアン・ファヴレの起用があまり幸運ではなかったためでもある。ディレイニーの代わりにヴァイグルを起用したが、あまりその効果がなかったのだ。


バイエルンのニコ・コヴァチ監督はそれに対して、アテネ戦からのメンバー変更をしなかった。これは彼にとって初めての事だ。


ヴァイグルは前半終了で交代となり、後半開始からダフードがやってきた。そして60分にアルカセルが途中出場したが、ファヴレの訂正がうまくいっている。


ドイツ代表のレーヴ監督はハーフタイム中にスカイに対して、“試合は非常にインテンシティの高いものだったね。バイエルンが良く試合をコントロールしているよ。”と語っている。


しかし後半に入ってからはコントロールを失っている。そしてサッカーはますますセンセーショナルなものへとなっていった。



49分:ロイスがPKを冷静に決めて1:1とする。その直前にロイスがノイアーにファールされていたのだ。

バイエルンはこれでショックを受けた?

いいや。


53分:ドルトムントのペナルティー・エリア内でティキ・タカだ。ミュラーからキミッヒ。そしてレヴァンドフスキーへ。このポーランド人が再びヘディングゴールを決めて2:1だ。


ドルトムントがショックを受けた?


いいや。


67分:ピスチェクがクロスを入れると、ロイスがボレーでファーサイドに決めて2:2だ。


そして73分:ドルトムントのカウンターだ。ヴィッツェルがアルカセルにパスを通すと、アルカセルはノイアーとの一対一を制し、ファーサイドに決めて3:2としたのだ。


90+5分:キミッヒのクロスからレヴァンドフスキーが3:3とするゴールを決める。しかしこれはオフサイドで無効となった。


“今日はすごい試合だったね。フィールドに立ててすごく楽しかったよ。”と2ゴールを挙げたロイスは語っている。そして“今はものすごく自信があるね。ポイント差があるのはいつだって良いものだよ。でもバイエルンは長期的に見たらすごく強いだろうね。優勝について語るのはまだ早すぎるよ。と続けた。




以上です。


今日の試合は本当に面白かったですね。前半のバイエルンは、本当に激しくて、今までの不調というのはまるで嘘のように思われましたが、後半には相手も少しばててくれたのでカウンターが見事に決まりましたね。試合後にファヴレは、最初の30分の相手のプレーをみて絶対にばてると思っていたみたいです。

しかしバイエルンに2回もリードされて試合をひっくり返したのは本当に大きな意味がありますね。それにしても今日もロイスは良かったですね。試合後に今は一番好きなポジションでプレーできていると語っていましたが、自分からこのポジションを志願したという話は案外本当かもしれないですね。







[ 2018/11/11 06:32 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(32)
強い!!!ただただ、強い!!!

優勝?行くでしょう!!!

ロイスは神!!!!
[ 2018/11/11 06:35 ] [ 編集 ]
勝ったあああ!!!!!!
最後のレヴァのオフサイドは生きた心地がしなかった..。
BVBは左のラーセンとダフートの代わりを早急に獲得すべき。
ラーセンもいい若手なのは理解できるが、彼が今のBVBのスタメンのレベルなのかは疑問。
パコ、ロイス、サンチョと比べると正直劣ると感じる。
日本人的には香川をダフートの位置で試してほしいが、まあやらないでしょうからせめて、ロイスの負担が軽減するようなベテランの中盤を一人、才能ある左アタッカーを一人、欲を言えばピスチェクの交代選手を一人取ってほしい。きっと黄金期の再来になると思う。
これからも応援しています。
[ 2018/11/11 06:55 ] [ 編集 ]
60分まではアトレチコ戦の二の舞か?と思って見てたけど、フンメルスかえてくれたおかげで助かった。
それまではボール動かされて走らされるは、サイドでインターセプトされまくるは、シュートもPK入れて2本しか打てないはで、圧倒されていた。だけど交代してくれたおかげで後方からのビルドアップは無くなったし、バックラインにスピード差ができてスペースが開きやすくなった。おまけに代わったズーレがチェックを怠るしボールウォッチはするしで大助かりだった。ノイアーもヘンなことしたし完璧に自滅してくれて大笑いした。
これでバイエルンは3敗目。たぶん優勝するにはこれ以上は負けられない、つか残りゲームの数からいうと、この調子ではあと2つか3つは負けんだろうからほぼ優勝はない。久しぶりにリーグ戦盛り上がりそう。よくやった。
[ 2018/11/11 06:59 ] [ 編集 ]
勝利は喜ばしいですが、フンメルスがサンチョにあっけなく千切られていたのが少し悲しくもありました。
[ 2018/11/11 07:03 ] [ 編集 ]
まだ早いけど今期は優勝が期待できるかも
[ 2018/11/11 07:08 ] [ 編集 ]
前半は「バイエルン強すぎっ!攻守の切り替えの速さ、真剣度、気迫が他の試合とは違いまくりではないか!どこが不調?こりゃアカン!」と思ったが0-1ならまだ返せるから全然大丈夫だと。
後半は案の定というか、やはりバイエルンは試合を通して良いわけでは無く、脆さを見せ始める。
もちろんそれを誘発したのは今のドルトムントの選手たちのスピード、カウンターの切れ味に他ならない。迫力満点。凄みを感じる。
大黒柱ロイスの二点目のカッコよさは異常。
コバチよ、、なぜそんなにハメスが嫌いなのか。チーム随一のスターに出て行かれるぞ。
采配がてんでダメ。R.サンチェスが出てきた時点でドルトムントの勝ちを確信。
バイエルンより切れるカードが多彩に思えるようになるとは、、監督の差が如実に出ている。
しかしパコは短時間でどんだけ逆転ゴールを決めまくるの。
もうずっとジョーカーで良いのでは。そしたらこれから負ける気がしない。
この強さはホンモノ。リバプールのような見る者を魅了するチームにどんどんなっていっている。
[ 2018/11/11 07:25 ] [ 編集 ]
ロイス、サンチョ、パコ、ヴィツェル、ハキミ、アカンジは欠かせない選手。
彼らは際立っている。
このような能力の高い選手を揃えられたことがすべて。
相変わらずピシュチェクの技術の無さが目立つ。早く世代交代を。
[ 2018/11/11 07:44 ] [ 編集 ]
直接対決を制したのは大きいですね
今季はもしかするともしかするかもしれません
バイエルンが割ともう少しコケそうなので今後もコンスタントに勝ち点をとって行きたいですね
[ 2018/11/11 07:54 ] [ 編集 ]
個人的にプリシッチを左サイドで試して欲しい。スピード、ドリブルのキレはあるけどサンチョと比べてクロスの質や判断の正確性が低いんだよな。プリシッチとサンチョ共存させるならサンチョ右でプリシッチ左だと思う。去年左で良かった印象あるし1度試して欲しい。もしくは冬でパコの控え獲得してCFに全く向いてないフィリップを本職のサイドに戻すか。ゲレイロも左サイド出来るし現実的にけが人が出ないかぎりウインガー獲得は無いと思う。
[ 2018/11/11 07:58 ] [ 編集 ]
調子のいい中でやっぱりダフードだけが一貫して微妙なんだよな
[ 2018/11/11 08:08 ] [ 編集 ]
あのロイスのPKはノイアーがちょっと可哀相でしたね。ロイスの名演技にしてやられました。
ただ、後半はゲッツェを代えた後から勢いが違いましたね。
バイエルンの中盤がスピードに付いて行けてなかったので、やっぱりバイエルンはバランスが悪いんでしょうね。後半は明らかにスタミナ切れを起こしてましたしペース配分が出来ないくらいドルの勢いが勝ってました。
スペクタクルなサッカーなんでしょうが、先手を取られるスタミナ勝負というのはどうなんでしょうね。

[ 2018/11/11 08:16 ] [ 編集 ]
バイエルンはいつもと気合いが違いましたね。絶対に勝つという意気込みを感じました。本当にハイレベルで見応えのある試合でした。バイエルンはミスで負けたと思ってるのかも知れないですが、前半に見せた強度を維持するのは無理ですから、必ずどこかでミスをする訳です。そこを見逃さなかったドルが一枚上手でした。
[ 2018/11/11 10:39 ] [ 編集 ]
アトレティコに続きバイエルンも倒せたのは素直に賞賛に値するよね
強いて問題を挙げるならロイス含めて後半まで怪我人が出なければ良いということプラス怪我人が出てしまった時に対応が効くのかということ
ロイスが怪我したら大して準備すらさせて貰えてなかった香川が今さら都合の良い代わりにさせられた挙句にシーズン序盤に悪くても使われ続けて完全にワールドクラスに戻ったロイスと比較されて理不尽に批判されるの目に見えてるから代わりにするにしてもアイドルゲッツェ使って欲しいし皆のためにも香川のためにも現メンバーで最後まで乗り切って欲しいと思う
一部の選手には理不尽だけど強さ保てる今のドルトムントならそんな風に香川とは別に分けて考えたくなってきた
[ 2018/11/11 11:22 ] [ 編集 ]
みんな知ってる事だけど改めてロイスは天才だよ。FCロイス。ロイスが悲願の優勝を成し遂げる時がやっときたかな。ファブレは無事代表から帰ってくるかヒヤヒヤなんじゃないの。ロイスヴィツェルがケガしないのは絶対ですね。しかしロイスピシュチェクシュメレの後釜をさっさと育てるか連れてくるかしないとバイヤンの事を笑ってられないなとは思いました。多分ハキミはいなくなるしなぁ。ラーセンもリーガではいけるかもだけどCLも上にいくほどちょっとまだ厳しそうかな。どうかな。ファブレはサンチョにしたい感じするけど。サンチョ対リベリはヒヤヒヤもんだったけどフンメルスの競争は競りはじめてすぐいただきって思ってしまった。でも変えることなかったような。そしてレヴァはさすがだった。最後のオフサイドは終わったと思ったもん。にしてもコバチはどうなりますかね。
[ 2018/11/11 12:00 ] [ 編集 ]
香川いなかったけどリアタイして見たかいあった。このレベルがせめてあと1チームあればブンデスレベル心配しなくていいかもだけど…まぁとりあえず置いといて、おめでとうドルトムント!おめでとうロイス!ケガすんなよ〜。
[ 2018/11/11 12:09 ] [ 編集 ]
うーんこれはファブレにいちゃもんつけてた人も認めざるを得ないな。反省しよう見る目がありませんでしたって
[ 2018/11/11 12:17 ] [ 編集 ]
今期はもう優勝を確信できるでしょう。トゥヘルはこバイエルン戦前で勢いを失い、ボスもそうですから。今期はバイエルンにも勝てたのでいけますでしょう。ロイスが怪我してもゲッツェ香川がいますし、両サイドにもプリシッチがいるのである程度勝ち点が計算できます。ただ、ヴァイグルが伸び悩みなのがなーもったいない。
[ 2018/11/11 13:01 ] [ 編集 ]
確かにまだ早いけど…
最高のサッカーしてますね!
[ 2018/11/11 13:46 ] [ 編集 ]
いやぁバイエルン強かったですね、なんだかんだいって序盤はええ不調じゃなかったの?って気持ちになりました
ロイスも決定機外して、パコも外して、これは、、ってなりましたが、逆転ですね
正直なぜ守備力イマイチのヴァイグルをこういう試合で起用するんだろってのはありましたが
ダフード、ラーセンも少し戦力として足りない部分はありますが、気持ちは見せてくれました、走り回ってましたし
とはいえ本当に最後は追いつかれたと思ってヒヤッとしましたけど
シーズン三分の一ほど終わりましたけどこうなってくるとロイスが1シーズン持つのかという不安が出てきます
毎試合フルですからね少し気になります。
[ 2018/11/11 13:59 ] [ 編集 ]
アトレティコに負けた時点でドルトムントはバイエルンに勝てない!というドイツのメディアの事が理解できませんでしたが、やっぱりですよね。バイエルンは強いと奢りまくってて、前に出てくるから簡単にスペースあけるとああなります。

奢りまくってる選手はどうしようもないでしょう
[ 2018/11/11 14:21 ] [ 編集 ]
ロイスには代表戦行って欲しくないのが正直な気持ちです。ずっとフルで出てますし休んで欲しい。絶対に怪我しますからね…。
[ 2018/11/11 16:42 ] [ 編集 ]
今のドルトムントは確かに強いですがバイエルンが勝ち方を見失ってるのも、もう疑う余地がないでしょうね。

問題はCLの方です、このあとブンデス勢が奮わなければブンデス自体のレベルが落ちたと言われかねないので是非結果を出して欲しいです。
[ 2018/11/11 16:47 ] [ 編集 ]
もともとこのメンバーなら今のバイエルン相手にやれるのは分かってた
問題は核であるロイスがあまり休めてないし戦い方に変化がないから後半戦を心配して
ファブレは批判されていたのに的外れな言い分で折角の勝利に水を差す人がいて残念でならない
[ 2018/11/11 16:59 ] [ 編集 ]
ドルトムントはバイエルンが前に出続けて来て、サンチョのスタミナが終わる前に攻めきれたのが大きかった
バイエルンはリードしたら守備を固め、フンメルスにロングボール蹴らせてカウンター一辺倒で良かったのに、攻め続けてレバークーゼンの二の舞になってくれて助かったわ
鈍足だと判りきってるフンメルスをハイラインに置いて、突破されたら負傷だか懲罰だか交代させるとか、こりゃ今すぐ監督交代しなきゃダメだって感じ
コバチはバイエルンはフランクフルトじゃないってのを理解しないとならないし、大きなクラブを指揮する器じゃなかったね
見た感じ、去年のボス政権末期のドルトムントと同じ印象
[ 2018/11/11 17:08 ] [ 編集 ]
バイエルンの不調長いねえ。

前半の調子がずっと続くのが昨季までのバイエルンだったのに。

ドルトムント優勝ひょっとするとあるか!
[ 2018/11/11 17:39 ] [ 編集 ]
前半は今までの強いバイエルンとやってた感覚だったね。
ただプレスかけまくりで中盤も2、3人で一人を囲うような動きしてたからやはり後半バテてドルのカウンターを全く止めれない状況になった。
カウンターに対処しようと鈍足のフンメルス変えたら余計にカウンター増えちゃったね。
[ 2018/11/11 17:49 ] [ 編集 ]
ロイス、全体的にみると決定機外し過ぎでしたが最後はしっかりとチームを勝利に導く素晴らしい活躍で感動しました

今の時点で昨シーズンのゴール数を超えたらしいですしこのまま彼がこの活躍を続ければ本当にマイスターシャーレを掲げることができるかもしれませんね。ワクワクします。
[ 2018/11/11 18:12 ] [ 編集 ]
でもロイスに依存しすぎというかフルで使いすぎてるし代表でまた試合とか出るとしたら休みなしですよ。大丈夫ですかね。
[ 2018/11/11 18:32 ] [ 編集 ]
つるべ落としみたいにドルトムント好調時にバイエルンが凋落してきているのは残念です
どちらのクラブも強くてリーグの両輪が力強く回ってこそリーグ全体が前進できるでしょうしどうもイマイチなリーグになってしまうようで結局一強のリーグになってしまったら面白くないです。
[ 2018/11/11 19:17 ] [ 編集 ]
ダフードはここであまり良く言われては無いですが、2点目はダフードの横への展開からゴールが決まっていますよ。
ホームのアトレティコ戦でも彼の途中出場からボールの循環が良くなりました。
[ 2018/11/11 21:20 ] [ 編集 ]
ロイス最高でしたね。PKの場面は最後ボールを上手くコントロールして獲得しました。あれ演技に見えてしまいますが最後のタッチ後無理に耐えたらノイアー踏みつけて怪我かロイスが怪我している可能性がありますね。あれは審判グッジョブでした。二点目のボレーはこれぞロイス!!痺れました。しかしレヴァンドフスキはやはり怖いな…。
[ 2018/11/12 03:14 ] [ 編集 ]
19:17さん同様に思いますね
ドルが首位優勝も?は嬉しいけど、バイエルンにはもう少し強くいて欲しいですね。リーグのレベルがさがってしまっても、CLでどれだけ出来るか気になるところです
[ 2018/11/12 07:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。