ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント、デンベレ!今度はバルセロナでトレーニングをさぼる!!《ドイツの反応》

【ビルト】


dembele2.jpg


またしても騒動!


バルセロナはデンベレーをリーガの試合のメンバーから外す!



彼は学ぶことがない!!

ウスマン・デンベレーはまたしてもバルセロナで騒ぎを起こした。彼は木曜日のトレーニングをさぼったのだ。彼はトレーニングが始まってから90分が経過してクラブに連絡したようだ。その理由は:胃腸の調子が悪いから!!


スポンサーリンク



バルサの監督はこれに対して苛立ち、彼を日曜日のベティス・セビリア戦のメンバーから外している。


このフランス人がネガティブな話題で注目を浴びるのは初めてではない。バルサでの彼はゴールで輝くだけでなく、不真面目な生活で注目を浴びている。さらに不摂生な生活もバルサの幹部を怒らせている。デンベレーはファストフードが大好きだとのことだ。そのため、彼のため料理人まで用意したのだ。


デンベレーはドルトムントでも問題を起こしている。デンベレーは2016年からドルトムントでプレーしていたが、その最高点となるのは、なんといっても2017年夏のストライキだ。彼はこのストライキでバルセロナに移籍している。その慰みとしてドルトムントは120ミリオンユーロの移籍金を得ている。ボーナスを入れれば150ミリオンユーロにもなるとみられている。




以上です。

やはり移籍を強行するためにストライキをするような選手を獲得すると大変になるという事ですね。

まあ病気で連絡できないという事もなくはないでしょうが、胃腸炎だったら電話ぐらいはできるでしょう・・。彼にはまだこういう事を教えてくれる人が必要だと思いますが、若くしてすべてを手に入れてしまったら、他人の意見を聞くのは難しくなるかもしれないですね・・・。

ちなみに試合はバルセロナがベティス・セビリアに3:4で敗れていますね。乾選手は途中から出場しています。



[ 2018/11/12 09:33 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(9)
胃腸炎の人間が言わせてもらいますが、こんなのはクビにするべきです。
[ 2018/11/12 09:43 ] [ 編集 ]
まあ…こうなるよね…
退団すればプレミアのトップクラブの争奪戦になるでしょう。
[ 2018/11/12 09:56 ] [ 編集 ]
才能は間違いないものがあるのに勿体無いな
[ 2018/11/12 10:31 ] [ 編集 ]
実際才能で世界トップのクラブに移籍したからなぁ。性格までも保証されるってのは無理な話だよな
[ 2018/11/12 11:14 ] [ 編集 ]
若いうちから苦労するか、ちやほやされるかで違うんじゃないの
デンベレはBVBに来る前からそんな感じだったしさ
ただ憧れのチームに入れたのにこうなのは、もう性格でしょう
[ 2018/11/12 15:22 ] [ 編集 ]
性格が悪いというより、5~6歳の子供みたいな印象。
才能があって子供の頃からちやほやする人が周りにいるので調子にのって我が儘になってる気が。
シェフよりもちゃんと躾が出来る人が必要。
[ 2018/11/12 15:24 ] [ 編集 ]
こんなん扱えるとしたらもうクロップだけじゃない?
ちょっとベンチに座るとやる気なくして練習すらしなくなるとか扱いにくいってレベルじゃない
[ 2018/11/12 15:46 ] [ 編集 ]
でも自分のやりたい事をやれるって羨ましい。理性丸出しって疲れる
[ 2018/11/12 18:23 ] [ 編集 ]
もう金は使いきれないほどある、W杯優勝した、所属チームもトップのバルサ
残りはCL制覇ぐらいですかね
私ならもう引退して一生適当に過ごしちゃうかも
[ 2018/11/12 23:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。