ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB監督ファヴレ‼「バイエルンがあのスピードを維持できないことは分かっていた。」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

favre6.jpg


ファヴレ

“バイエルンがあのスピードを維持できないことは分かっていた。”



“今日は最高にイカした試合だったよ。”とBVBのキャプテンのマルコ・ロイスは試合後に、この頂上決戦の感想を語っている。


ロイス達はバイエルンを相手に、2度もリードされたが、最終的に3:2で勝利したのだ。


BVBの監督ルシアン・ファヴレは試合後にスカイにおいて、バイエルンが圧倒した前半でもポジティブな予感がしていたことを明かしている。


スポンサーリンク



“ほんとうにクレイジーな試合だったね。バイエルンの出だしは非常に力強かったよ。バイエルンのプレスですぐにボールを失ってしまったからね。でも私は、バイエルンが最初の30分で見せたスピードを維持でいないと感じていた。前半が一点差だったのは我々にとって幸運だったね。”


このスイス人は後半のチームの出来を褒めて、“ロイスはもっと早く2:2とすることができただろうけど、彼はポジティブに考えて、最終的にはゴールしている。メンタル面でも素晴らしい反応を見せたね。”と語っている。


バイエルンのニコ・コヴァチ監督は、“素晴らしいサッカーの試合だった、だけど、我々は2度もカウンターを許してしまった。このような事があってはならないね。BVBは裏に抜けることができる非常に素早い選手をそろえている。もっとコンパクトに守らなければならなかったね。残念ながら負けてしまった。できれば引き分けがよかったね。”



BVBはバイエルンに7ポイント差をつけたが、これで優勝候補となるだろうか?


ツォルク:“まだシーズンの3分の1も終わっていない。非常に若いチームだし、これからもっと成長しなければならない。何事も一歩ずつだね。”


以上です。


試合後のコメントがありましたので紹介しました。確かに前半で点差があれ以上開かなくて良かったですね。ドルトムントは後半にはいってからイエローをもらっていたヴァイグルに変えてダフードを投入しましたが、それで中盤でも少し動きが出ましたね。ダフードは一歩間違えば失点につながるようなプレーも多く、見ていてはらはらしますが・・・

また優勝の可能性に関してですが、グラートバッハとライプツィヒが好調を維持していますね。ライプツィヒもバイエルンを抜かしましたし、この2チームとの直接対決を制することもものすごく大事でしょう。それよりも下位チーム相手に無駄に勝ち点を落とさない事の方が大事でしょうか・・・。



[ 2018/11/12 17:41 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
バイエルンはアウェーだったしドルにもうちょっとボール持たせるんだと思ってたけど意外とフルタイム、フルコートでハイプレスからポゼッションにこだわったな。ペップの時だって5バックしたこともあったくらいだったし、今のメンバーもベストとは言い難いし、とりあえず首位にいるわけでもないから普通にカウンター狙ってれば違った展開になったんでしょうが。
まぁテングになってたんだろうけどもっとテングになれだよ笑
[ 2018/11/12 18:58 ] [ 編集 ]
ヴァイグルはもともとプレッシャーのある環境ではボールコントロール微妙でしたが、最近はひどいと言えるレベルになってますね
あれだと監督は守備からセントラルとして使うの怖いでしょう
[ 2018/11/12 23:39 ] [ 編集 ]
ダフードはいつもあわや失点みたいなプレーは変わらないですね。それでもファブレのお気に入り。ヴァイグルはダフードに比べて試合数がダントツで少ないんですよね。守備がどうのって可哀想な気がします。トゥヘルの時はあんなに使われていたのにまあ仕方ないですね。ファブレのサッカーにはパスミスしてもいいダフードなんでしょう。ヴァイグルは自国の選手なのにダフードや他の自国の選手と比べると扱われ方がちょっと雑ですね。何故なんだろう
[ 2018/11/13 07:23 ] [ 編集 ]
今日は最高にイカした試合だったよ、ロイスの言葉にはちょっと残念に感じました。
名役者だからイカしたんでしょうかね。
ボク的にはどうにもしっくり来ない。
後半のアグレッシブな戦い方が潔かっただけににロイスのPKにはケチを附けたくなります。主審のフエもややドル寄りに感じましたし、まぁ、ホームなんだからと言われたらそれまでなんですがね。
マリーシアもサッカーの内なんでしょうがロイスにはして欲しくなかったです。
ファブレはこのサッカーを続けるんでしょうね。弱者のメンタルなら気にしませんがドルにはもう少し始めから行って貰いたいです。

バイエルンは正直過ぎたんでしょうね。
傲りと言われたら結果的にそうなってしまうんでしょうが、始めから全力を以て相手に敬意を払う戦い方をしてたように思います。
コヴァチの内面が解るようなサッカーだと思いました。
負けはしましたが、個人的にはやっぱり王者らしいサッカーだなと思いました。
リベリはいつものちょっとアカンことしてましたがね。
ほんの少しの押し引きなんだろうと思います。
ちょっとした切っ掛けさえ生まれれば強いバイエルンに戻ると思いますが、監督と選手の呼吸が合ってないと長引きそうですね。

技量の差があるからかも知れないがこの試合に関しては、ボクはコヴァチのサッカー観の方に好感が持てました。
[ 2018/11/13 10:27 ] [ 編集 ]
言い換えると後半ガス欠してクオリティを下げるようなサッカーなわけでそれが敬意かと言われると。
[ 2018/11/13 19:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。