ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マルコ・ロイス絶好調!キャプテンマークが彼を強くする!《ドイツの反応》

【ビルト】


reus56.jpg

BVBスター、絶好調!

20グラムの布切れがロイスを強くする。


それはポリエステル100パーセントでできていて、重さはたった20グラムだ。このキャプテンマークがロイスを巨人へと押し上げた。



小さな布であるが、効果は絶大だ。バイエルン戦でドッペルパックを達成した後で、ミヒャエル・ツォルクは“キャプテンマークがマルコを大きく変えたね。そしてさらに強くしたよ。”と熱く語る。


スポンサーリンク



ロイスはこのモチベーションの原因となる布をルシアン・ファヴレからもらった。マルコ・ロイスはルシアン・ファヴレの下で最大に輝いている。それはすでにグラートバッハ時代でも同じだった。


“彼は人間的にも専門的にも僕が知っている中で最高の監督だね。彼は非常に細部までこだわるんだ。”とロイスはファヴレについて語っている。



実際データを見ていると、ファヴレの下でロイスは本当に良いプレーをしている。


ファヴレの下でロイスはリーガ55試合プレーしているが、31ゴール21アシストを記録しているのだ。フロンチェク、クロップ、トゥヘル、ボシュ、そしてシュテーガーの下では合計で189試合プレーしているが、スコアポイントはたったの129だ。平均すると少なくなっている。


ルシアン・ファヴレの下でロイスは1試合平均11.5キロも走っているが、その前の監督達の下では500メートルは少ない。バイエルン戦でのロイスは12.5キロも走り、もっともよく走った選手であった。


ファヴレは当然ながらロイスファンだ。ファヴレは2007年にはヘルタで監督をしていたが、その当時もマルコ・ロイスを欲しがっていた。その4年後、グラートバッハで彼らの関係がスタートしている。彼ら二人でドルトムントは優勝するだろうか?




以上です。


今シーズンのロイスは、キャリアの中でも最も速いペースで得点に絡んでいますね。ようやく怪我が治ってワールドクラスの力が見られるようになってきたところですが、こうなると心配なのが疲労による怪我ですね。ロイスにかかる期待はドイツ代表でも大きくなっているので、心配です。



[ 2018/11/13 11:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(4)
ロイスはこの過密日程でTOあんまりできなくてこれだけ走ってさらに代表も行ってってケガが少ないと言われる選手でもケガが心配になりますね。疲労も抜けないだろうし。ポジションは違うけど調子が良い時ほどケガしやすいって内田も言ってたしな。ファブレはどうやって回していくんだろう。サンチョやパコがいてもロイス抜きで点取るイメージあんまりわかないのですが、ゲッツェは今トップ下のイメージないし香川も使う気はないだろうし。そこは興味深いですね。やっぱりゲッツェなのかな。冬に誰か連れてきてもハマるとは限らないし。
[ 2018/11/13 12:01 ] [ 編集 ]
キャリアで最高といっても何年も苦しんだケガ明けだし、どうせカウンターしかやってないし、クリロナみたいに守備ほぼ免除でいいから点取らせてやってもらえませんかね?リーガで30点以上、その他の大会でも10点以上は確実に取れて得点王行けると思いますけど。この人が年間40ゴールならドルはタイトル1つは取れると思いますけどね、、、
[ 2018/11/13 12:13 ] [ 編集 ]
好調な時ほど怪我しやすいですからね。いくら今季コンディションが良いといってもどこかでガクッと来そうな気がして。もっと大事に使うべきですよ。
[ 2018/11/13 13:01 ] [ 編集 ]
運動量半端ないな
[ 2018/11/13 14:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。