ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

FCバイエルン、リーガ5位に!上位4チームが優勝争いする可能性は!《ドイツの反応》

【ビルト】

wit.jpg


4チームがバイエルンよりも上

最後まで優勝争いをするチームはどこか?

バイエルンの1強時代は終わった。


ドルトムント、グラートバッハ、ライプツィヒ、フランクフルトがリーガ11節を終えた時点で、バイエルンの上に立っている。これは8年ぶりの事だ。


この4チームが最後まで優勝争いをする可能性はどのぐらいだろうか。


ビルトが予想する。ドルトムントは50パーセント、グラートバッハとライプツィヒが20パーセント、そしてフランクフルトが10パーセントだ。


スポンサーリンク


ドルトムント

▶スカッド:
ドルトムントの巨大スカッドはバランスが取れている。今シーズンは負傷者が出ても、対応できるだろう。さらにハキミが最大の発見となっている。


▶スター:
ヴィッツェルの獲得は大当たりで、フィールド上でボスとなっている。さらにロイスは人生最高潮に達し、サンチョもスーパースターへと成長している。さらにパコ・アルカセルの獲得は大当たりだった。


▶監督:
ルシアン・ファヴレの獲得はまるで宝くじで当たったようなものだ。選手たちは彼を好んでおり、ファヴレは戦術の天才として細部まで注意している。


▶ビルト記者の見解:
ロイス、サンチョ、ヴィッツェルたちが大きな負傷をしなければ優勝できるだろう。彼らを止めることはできない。



グラートバッハ


▶スカッド:
ここ数年になかったぐらい力強くバランスが取れている。調子の良いヘルマンやジョンソンでさえベンチ外の危機にある。ワールドカップ優勝者のクラマーや、ラファエルもベンチだ。


▶スター:
2300万ユーロで獲得したプレアが8ゴールと大活躍をしている。またゾンマー、ギンター、シュティンドゥルの軸も重要だ。


▶監督:
ディーター・ヘッキングは4123という新戦術を発明した。彼の契約は2019年までとなっているが、パフォーマンスを発揮して延長と行きたいところだ。


▶ビルト記者見解:
グラートバッハはバイエルンよりは上位に来ると思う。チームの団結は力強く、新たな医療チームのおかげで負傷者もほとんどいない。



ライプツィヒ



▶スカッド:
ライプツィヒはフィールドプレーヤー17人に加え、キーパーが4人と小さなスカッドだ。しかし誰もベンチやスタンド行きにならなくてよいという利点がある。冬にはザルツブルクのハイダラ、そしてニューヨークのアダムスを獲得することが決まっている。


▶スター:
ティーモ・ヴェルナーとエミル・フォルスベルクだ。力強いパフォーマンスで上位キープを目指し、夏にトップクラブへ移籍することで注目される可能性がある。


▶監督:
ラングニックはタイトルを獲得できる。彼は2011年にシャルケでポカール優勝し、その後ザルツブルクではスポーツディレクターとして2度優勝している。


▶ビルト記者見解:

ライプツィヒはバイエルンよりも上になるだろう。平均年齢24歳と、リーガで最も若いチームはハングリーだ。


フランクフルト

▶スカッド:
ヴォルフ、マスカレル、ボアテン、ラデツキーとチームをけん引した選手がいなくなったにも関わらず、昨シーズンよりも強い。昨シーズン新しかった選手が経験を積んだのだ。さらにトラップの復帰も重要だった


▶スター:
ジョヴィッチ(9ゴール)、ハラー(8ゴール)、レビッチ(4ゴール)の3人がリーガを沸かせている。


▶監督:
アディ・ヒュッターはチームにプレーする喜びを与えることに成功した。序盤の問題には落ち着きをもって対処した。


▶ビルト記者見解:
最終的にはバイエルンの上になることはないだろう。それにはスカッドのバランスがそこまで取れていない。




以上です。

ビルト記者見解の所は、それぞれのチームの担当記者が予想していますが、3人がバイエルンより上になる事を予想しているが面白いですね。

でも11節が終わってバイエルンが5位というのは本当に珍しいですからね。ブレーメンがここ3連敗と少し調子を落としてきましたが、まだヘルタもいますし、今シーズンは本当に面白くなりそうですね。


[ 2018/11/14 06:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(2)
これだけの混戦は稀に見る展開だから、このチャンスを活かしてドルは優勝にはしてほしい!
もしドルが優勝出来なくてもバイエルン以外なら許す
[ 2018/11/14 07:58 ] [ 編集 ]
スケジュールを三分の一消化してバイエルンより上のクラブが4つあったくらいで話題になるのか?今が普通といえば普通でしょ?まぁブンデスは格差がありすぎたからな。
優勝争いなら、ドルはロイス次第。ビッツエルもサンチョも関係ないよ。ロイスがコケたら皆コケる。ビッツエルは負けにつながった決定的なミスが一回。あわやが2回か3回ある。こんなのは主力じゃないよ。
ギンタたちは見てないからよく知らない。
長谷部たちは序盤の負けがな。でも長谷部とあの前の3人はかなり凄いからCL圏内では終わるんじゃないか?
注目はレッドブルでないの?ランゲニク監督はあの人しかやれない戦術もってるしヴェルナーいるしね。ケイタの穴も埋まったな。失点しないで負けないとこまではきた。あとは攻撃力だけだと思う。
バイエルンは揉め事プラス人手不足。冬にコヴァチが望むプレーヤーを補強できるんなら2位も3位もあるんでしょうが。
[ 2018/11/14 09:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。