ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表マテウス!「私の中では優勝候補はドルトムントだ!!」《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ新聞】

mattaus.jpg


マテウス

優勝候補はドルトムントだ!!


ローター・マテウスはバイエルンを批判し、3:2で勝利したドルトムントを大絶賛している。


ブンデスリーガ無敗で首位に立つボルシア・ドルトムントは土曜日にバイエルンを倒している。ドルトムントはここまで素晴らしいシーズンを過ごしている。スカイ解説者のローター・マテウスはBVBがバイエルン・ミュンヘンの優勝を阻止する事ができると信じているようだ。過去6年間はいずれもバイエルンが優勝している。しかし今シーズンはバイエルンはすでに7ポイントも差をつけられている。

スポンサーリンク



“ドルトムントの人たちはこういう意見は聞きたくないかもしれないけれど、私の優勝候補はボルシア・ドルトムントだね。”とマテウスはスカイのコラムで述べている。


この57歳は中でもルシアン・ファヴレを絶賛している。特に彼の試合中の対処法に言及している。ドルトムントはバイエルン戦で2度リードされたが、逆転勝利を収めたのだ。


“ファヴレはどのような状況に対しても完ぺきな答えを持っているね。バイエルン戦ではリードされた状態でダフードを投入し、それによって中央を良くコントロールしている。攻撃力が必要と見るなり、パコ・アルカセルを投入している。仮にサイドでスピードが必要となっていたらプリシチが出場していただろう。でもあの状況ではディレイニーの投入が望まれた。勝利を確実にするためにはあのようなタイプが必要だからね。”


またマテウスは、バイエルンが本格的に問題を抱えているとみている。選手層の薄さは大きな問題だ。“彼らはベンチから本当に大きなクオリティーを投入することができないね。現在は負のスパイラルに陥っているよ。”と彼は説明する。


さらに試合後にはフンメルスに出場に関する議論もった。フンメルスは試合後に風邪にもかかわらずプレーした事を明かしたのだ。フンメルスは弱弱しいパフォーマンスを見せ、65分に交代となったのだ。マテウスはニコ・コヴァチのこの判断を批判している。

“ニコ・コヴァチ監督はおそらく経験を重視したんだろうね。だからズィーレではなくてフンメルスになったんだ。だけどこれによって交代枠が一つ減ってしまったからね。もし最初からズィーレがプレーしていれば交代枠がもう一つ使えただろう。”


以上です。


バイエルンとの試合後、ドルトムントの選手が何人かインタビューに答えていましたが、誰も優勝という言葉は口にしませんでしたね。なんか口にしたら、そこで終わってしまう、と思っているかというぐらいでした。まあ仮に“優勝”という言葉を口にしたら、メディアが大騒ぎして大変な事になってしまうでしょうから、賢い対応だと思いますが・・・。







[ 2018/11/14 11:41 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(6)
マテウスに優勝候補なんて言われるとなんか嫌がらせに聞こえる笑
現実的には2部相手に交代失敗してたファブレを絶賛してるのも皮肉にしか聞こえん笑まぁ
それは置いといて、ドルのプレーヤーたちがマスコミの挑発に乗ってないのはいいことだよ。テングはいかん!
もっとも逆にヴァッケたちのように勝たんでもいいとか勝てんだのも論外だけどね。言い過ぎ。
[ 2018/11/14 12:04 ] [ 編集 ]
優勝というプレッシャーは重いですからね。後半戦はプレッシャーとも戦う事になりそうです。そういう時こそ頼りになるのは香川のような経験豊かな存在なんですけどね。
[ 2018/11/14 12:11 ] [ 編集 ]
これはあれかな、、ドルトムントから選手をとるぞ宣言かな・・・
[ 2018/11/14 12:23 ] [ 編集 ]
バイエルンとは7ポイント差があるけど2位のボルシアMGとは4ポイント差なんだけどな
ボルシアMGはポカールも既に敗戦でCLもELもないし怖い相手ではありますね
[ 2018/11/14 13:03 ] [ 編集 ]
呼んできた選手が特に連携の完成もないままやれてるのを見るとブンデスのレベルの弱体が激しいなと感じる
[ 2018/11/14 13:59 ] [ 編集 ]
言うほど絶賛される内容じゃないと思いますがね。
間接的にコヴァチを批判したいだけでしょう。
[ 2018/11/14 17:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。