ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙!「長谷部はミスター・信頼!外せない存在!!」《ドイツの反応》

【フランクフルター・ノイエ・プレッセ】


hasebe9.jpg


長谷部誠:プレーに年齢は関係ない。


世界中がフランクフルトのフォワード人を話題にしている。しかしその陰で、長谷部誠は非常に重要な役割を担っているのだ。


長谷部は、この日非常に温かい恰好をしていた。手袋、長ズボン、そして帽子。彼は風邪をひかないためにできる事全てをしているのだ。そしてこれはプロサッカー選手として長谷部にとっては当然のことだ。


そして年を取ればとるほど、体の言う事に耳を傾けなければならない。長谷部は、若い頃からお手本のような生きてきた。そして信じられない事だが、長谷部は今ではフランクフルトのメトセラとなっている。34歳だ。彼よりも高齢な選手は一人もいないが、長谷部よりも特に優れた選手はほかにはいない。

スポンサーリンク



木曜日の午前中に行われたトレーニングで、ゲルソン・フェルナンデス、ダニー・ダ・コスタ、そしてヨナタン・デ・グズマンの3人は内部でのトレーニングを決断したが、長谷部は若い選手達と共に外でトレーニングしていた。彼のプレーは非常に楽しそうで、それどころかこの日はPKまでも決めている。実際にかつてはPKを蹴ったこともあったが、現在はハラーがいるので、彼の出番はなくなっている。


現在、世界中がアイントラハトの3人のストライカーについて語っている。しかし彼らの影で、長谷部は代えがきかない存在になっている。現在の彼をチームから外すことは考えられない事だ。


すでにラツィオ・ローマ戦での彼のプレーが“ワールドクラス”であることをアディ・ヒュッター監督も認めており、彼がチームに安定間を与えてくれることに言及している。そして実際に長谷部はこれまでの人生で最高潮に達しているのだ。彼は試合中のどの問題に対しても、最適の解決策を見つけることが出来ている。プレッシャーがかかる状況であっても、正しいポジショニングで対応し、一対一では対戦相手を消耗させている。彼にはそれが分っているのだ。ケヴィン・トラップも彼のプレーを称えている。


現在のフランクフルトの攻撃と守備のバランスが良いのはこの長谷部の素晴らしいプレーのおかげでもある。アイントラハトはこれまで26ゴールを挙げて注目を浴びているが、失点は13と上位4番目の数字だ。


長谷部は正に“ミスター・信頼“だが、これまでのように日本代表に参加しなくなった事から利益を得ている。彼はこれまで何年も日本代表のキャプテンを務めていたのだ。これまでの移動の負担は思っていたよりも大きかったようだ。今の彼は、より目的に集中しており、真剣だ。彼は日本代表で114試合に出場したが、ロシアワールドカップの後で引退している。


その後彼は、“代表を引退したことで、体と心が休まりました。”と説明している。彼が現在、戦術的に素晴らしく、落ち着いており、さらに明快で卓越したプレーを見せている。彼がもう一度夏までとなっている契約を延長したとしても、誰も不思議がらないだろう。現在の状態の長谷部を外すことはほぼ不可能だ。




以上です。


代表ウィークのたびに長谷部選手の記事が上がっている感じですが、10月の代表ウィーク以前の好調を、その後もずっと維持していますから不思議ではないですね。

キッカーの平均採点ランキングでも、今シーズンは2点台をずっとキープしており、今でも上位にいます。


それから時々、日本人選手の記事をもっと紹介してほしいというリクエストをいただくのですが、ここ最近は本当に話題にならないんです・・・。岡崎選手や内田選手がいた時とは大きく違いますね・・。あの時はブンデスリーガの日本人全体を特集する記事も良く書かれていたんですが・・・。

しかし長谷部選手に関して言えば、年ごとに、特集記事が書かれる機会が増えています。これは素晴らしいですね。



[ 2018/11/16 21:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(6)
フランクフルトは序盤2失点、3失点なんかよくあったけど、長谷部が帰ってきてリーガで1点以上取られたことがないんじゃないか?
これがここまま続いていけばトンデモナイ事になるな。
ミスター信頼ではなくてカイザーだよ。
[ 2018/11/16 21:53 ] [ 編集 ]
試合に出てる選手の数や活躍具合から言っても実際に減少してますし仕方ないことでしょうねぇ
残念ではありますがブンデス好きなので日本人いないチームの記事でも紹介して頂ければそれはそれでありがたいですが
[ 2018/11/16 21:56 ] [ 編集 ]
ニコ・コバチも身の丈にあったクラブにいるべきでしたね。
[ 2018/11/16 22:42 ] [ 編集 ]
シーズン当初レッドカード貰った時は尊敬するコヴァチがいなくなってやさぐれたのか…と思ったものですが
見事に整えられましたね、このまま今シーズンのベストイレブン入りを果たしてもらいたいです
[ 2018/11/16 23:17 ] [ 編集 ]
ポジショニングやラインコントロールを含め守備は勿論だがビルドアップが兎に角素晴らしいんだよ
本当に攻守の安定感を彼が一手に引き受けてる
両サイド抑えられれば駆け上がり楔のパスを供給し
常に選手を見て選択してる視野が以上に広い
チームがパニックになる事がなく崩れることがない
困れば長谷部にボールを渡せばいいというような状況だ
それもこれも戦術理解度が並はずれてるって事もあるんだろう
一つでもミスをすればサポーターから「長谷部らしくない」と言われる事がどれ程凄い事か

ブンデス見てる人は是非フランクフルトの試合を追いかけてほしい
本当に素晴らしいプレイヤーだぞ
何故か日本では殆ど話題にならんが…
[ 2018/11/17 04:25 ] [ 編集 ]
やはりブンデスリーガでも日本人特集は少なくなってきているのが現状なんですね…。
確かに、スタメンを確保し目立つ活躍をしているのが長谷部ぐらいなので仕方がない気もしますが…。当たり前のように日本人がスタメンを確保し活躍していた数年前が懐かしいですね。
その中でサッカー選手としては年齢を重ねる事がマイナス要因になるにも関わらず、益々プレーに磨きがかかりクラブで重要な役割を担う欠かせない選手として生き残っている長谷部には驚かされます。
[ 2018/11/17 09:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。