ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表、エジル!ロナルドがアーセナル移籍に対して激怒した理由を明かす!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】


ozil.jpg

メースト・エジル

だからクリスティアーノ・ロナルドは僕の移籍に対して激怒した!

元ドイツ代表のメスート・エジルは、イングランドの記者に対して、どうしてクリスティアーノ・ロナルドが、エジルのアーセナル移籍に対して激怒したかを明かした。

スポンサーリンク




エジルはすでに5年以上アーセナルでプレーしている。アーセナルは2013年の9月2日に4700万ユーロで彼をレアル・マドリッドから獲得している。


そして、それはクリスティアーノ・ロナルドの怒りを買ったようだ。エジルはそのことについてイングランドで説明している。それによると、ロナルドはエジルの移籍をまったく予想していなかったとのことだ。



ロナルドは、“エジルの放出は僕にとっては最悪のニュースだった。”と語っている。エジルはロシアワールドカップ敗退の後で、差別を理由にドイツ代表を引退しているが、その時のロナルドは、“彼はゴール前での僕の動きを最も良く理解していたからね。本当に彼の移籍に関しては腹を立てているよ。”と語った。



エジルとロナルドはレアル・マドリッドで素晴らしいデュオを形成していた。このドイツ人は、レアルで159試合に出場し、81アシストしているが、その多くはロナルドへのアシストだった。ロナルドがさらに腹を立てたことの一つに、マドリッドがエジルの代わりを補強しなかった事だ。



レアルは同年夏にはイスコとベイルを補強しているが、その事を踏まえて、エジルはレアルでの状況について良く考えたようだ。アーセン・ヴェンゲルが電話をかけてきた時、エジルはあんまり長く移籍について考える必要はなかったようである。“僕は信頼を必要としている選手だ。アーセナルではそれを感じることができたから移籍したんだ。”と語っている。彼はそれ以来208試合に出場し、41ゴール72アシストを挙げている。プレミアリーグでは152試合に出場している。



以上です。

なんかロナルドに直接聞いたかのように言葉が引用されていますが、エジルが明かした事になっていますから、ロナルドの言葉もエジル経由という事で理解しました。

記事の感じからすると、ロナルドが記者に直接語っているようにしか見えませんが、まあ二人の間でこういうやり取りがあったという事でしょうか。




[ 2018/11/20 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
ロナウドはディ・マリアの移籍に対しても大反対していましたよね。
[ 2018/11/20 19:13 ] [ 編集 ]
エジルのプレースタイル的にロナウドから離れたのはよかったと思いますね
パサーで終わる所でしたよ
[ 2018/11/20 20:06 ] [ 編集 ]
レアル時代はもっと仕掛けてたのに、アーセナルに行ってからパスだけの選手になってしまったのが残念ですね。
ずいぶんと批判されるようになりましたもんね。
[ 2018/11/21 01:03 ] [ 編集 ]
アーセナルに行ってからゴールを意識するようになったのはある意味良かったかもね
[ 2018/11/21 06:11 ] [ 編集 ]
2010年W杯南アフリカ大会のエジルとミュラーは神でしたね。
ロシア大会は酷すぎたので、昔の積極性をまた見せて欲しいのですが。
残念ながら両選手とも劣化してしまいましたね…
[ 2018/11/21 07:27 ] [ 編集 ]
無駄に捏ねるようなってたベンゲル晩年のアーセナルに染まっちゃったイメージだけどなぁ
エメリ体制で復活しつつあるけど

レアルに居た時の方が全然怖かった
[ 2018/11/21 12:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。