ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール監督クロップ!「世界最高の監督はペップ!」《ドイツの反応》

【シュピーゲル】

klopp.jpg


ユルゲン・クロップ

“ペップは世界最高の監督”


ユルゲン・クロップは熱く同僚をハグする。このリヴァプールの監督はインタビューでドイツの若手監督について語っていたが、直接のライバルが大賛辞を受けている。


リヴァプールのチームマネージャー、ユルゲン・クロップは彼の同僚で、現在マンチェスター・シティの監督であるペップ・グアルディオラを絶賛している。

スポンサーリンク



“世界最高の監督はペップだと思うね。彼の仕事ぶりは本当にしっかりしているよ。”とクロップはスカイのインタビューで語っている。


クロップはさらにブンデスリーガの監督にも賛辞を送っている。“正直に言って、ドイツには非常に興味深い若手がそろっているね。ユリアン・ナーゲルスマンは本当に興味深いし、フロリアン・コーフェルトもそうだ。それからアウグスブルクのマニュエル・バウマンも本当に楽しみだね。”とこの監督は述べている。


その中でも特に31歳のユリアン・ナーゲルスマンには感心しているようだ。“昨年チャンピオンズリーグの予選でホッフェンハイムと戦った。本当に難しかったね。ユリアンがやろうとした事が、はっきりと表れていたよ。本当に興味深いね。”試合ではリヴァプールがファーストレグを2:1で、そしてセカンドレグを4:2で勝利している。


水曜日にはクロップはドイツの同僚のトゥヘルが率いるPSGと対戦する。トゥヘルに対しても、ナーゲルスマンに対するのと同様の賛辞を送っている。“トーマスも似ているね。すごくすべてが決められているわけではないけれど、自然でもある。次戦は本当に挑戦だね。”と語っている。




以上です。

確かにナーゲルスマンやコーフェルトには期待できそうですね。マニュエル・バウマンはまだそれほど注目していなかったのでこれからは少し注意してみようと思います。

そんな中で世界最高の監督としてペップを挙げていますが、そのペップにめっぽう強いのがクロップですからね。とりあえず、次のPSG戦が楽しみです。

[ 2018/11/24 10:22 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(3)
 グアルディオラは現代サッカーの第一人者で間違いないでしょう。しかし、彼の戦術は技術力の高い特別な選手を揃えなければならないので、最優秀かどうかは意見が分かれそうだ。
[ 2018/11/24 11:08 ] [ 編集 ]
ペップは中盤でボールに人数かけるのが上手いし、バイタルの攻略法をいくつも持ってるみたいだから点取られずに点取りまくる。
クロップも最近マネしてる。優勝してた頃から比べて何でもかんでもハイプレスじゃーはなくなった。一列目がインターセプトからゴールが少なくなったもんね。ドルの頃は年間に10本くらいはあったけどね。その代わり中盤に人数かけること覚えた。今は433でやってるけど前に張り付いてるのはサラーだけだしサイドバックは中盤のケアがメイン。シュメレやピシュチェクのように相手最終ラインの裏狙わせることは開いた時以外ほぼ無い。
逆にペップもクロップのマネしてる。昔は0トップばかりだったのに今では一列目から行かせてるとこあるね。
まぁこの2人は相乗効果があるんだろうね。
[ 2018/11/24 11:11 ] [ 編集 ]
高いステージで結果を出せる監督は、タフで熱量が皆凄い。
[ 2018/11/24 20:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。