ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン監督コヴァチ解任か!控室で自分の解任について語る?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

kovac.jpg


コヴァチ、控室で自分の解任について語る?

バイエルンの控室での雰囲気がついに壊れた?ビルトの情報によると、ベンフィカ・リスボン戦を前にした準備トレーニングで、彼は自らの解任について語ったとのことだ!!


スポンサーリンク



日曜日に行われたチームトレーニングでコヴァチは、もうすぐクラブを去る事になるかもしれない、だけどその前にやりたいことがある、と語ったようだ。それが何をこう語る前に、コヴァチは控室で怒りをぶちまけていた。コヴァチは、この悪い結果は自分のせいではないとはっきり語ったようだ。フィールでプレーしているのはコヴァチではなく選手たちとのことだ。





以上です。


これが本当だとすると、コヴァチはベンフィカ戦後に解任となる事を覚悟しているようですね。


意図していたのかは定かではない。選手たちはそれを聞いて途方に暮れたようだ。

[ 2018/11/27 06:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(7)
たぶんフロントからこれが最後の試合だと言われたんだろうね…
確かに闘っているのは選手達だけど、それを監督しているのはコバチ自身。自分は悪くない、お前らのせいで解任される!なんて怒りをぶちまけられたら…監督として最低な人間性。最後なら特に気持ち良く精一杯出来るようフォローするのか、メガクラブの監督だと思う。子供相手の部活顧問じゃあるまいし、能力有る選手達なんだからね。
解任は仕方ないと、改めて思ったよ。
[ 2018/11/27 08:16 ] [ 編集 ]
何も解らない外野ですが最初から頭ごなしに否定しかしない選手が悪い。という印象しかないのですが…。裏はどうなんですかね?選手だけなのか?フロントもなのか?コヴァチ氏も含む全体なのか?選手が優勝したい気持ちよりプライドが優先しているから簡単に総崩れてすね…(笑)
[ 2018/11/27 08:35 ] [ 編集 ]
どういう記事なのかよくわかりませんが・・・
[ 2018/11/27 10:05 ] [ 編集 ]
でも選手を選んでいるのも纏めているのも監督だよね?実際プレーするのは選手だから勝てないのは選手のせいなんて言う監督は何のために自分がいるか分かってるのかな?やはり国内カップとったくらいの監督じゃ欧州王者を目指すべき資金力と伝統と義務があるクラブを背負うのは無理があるんじゃないかな
コバチに同調して選手批判する人もいるもけどバイエルンは優勝経験があるいわばスター選手の集まるメガクラブなんだから、いくら高齢化して落ちぶれてきたくせに声だけはデカいにしても監督より先に大物選手を呼んだら今の二の舞になるのは明白だし、手軽に選手の手綱握りたいからって他所でちょっと活躍しただけの小粒選手獲得ばかりしてたらメガクラブではいられなくなっちゃうからね
メガクラブが一チームもないリーグとかそれこそヤバいよ
[ 2018/11/27 17:27 ] [ 編集 ]
まったくその通りですよ。フランクフルトでのコバチ監督の試合が好きで、クロップと同様監督を追いかける形で今季はバイエルン見てます。
フランクフルトでは守備的なシステムで降格を防いで、EL圏の順位とポカール獲った頃に比べると、最近では攻撃の選手とは良くなってきたことがみてとれましたが、守備の選手とはまだ色々とあるようですね。
失点の仕方が代表と同じなので監督のせいだけではないですね。レーブ監督も辞めないのは同じような問題を抱えてるのではないでしょうか。
ミュラーがせっかく2得点して調子を上げてきたのに、3点獲ってもドローにされるのは、守備の選手に問題ありですね。代表でもまったく同じようにオランダにやられましたし。いいかげん、監督のせいだけにするのはやめていただきたいですね。
[ 2018/11/27 22:28 ] [ 編集 ]
小鉢が選手にむかってお前らのせいで解任される、なんて言ったとは信じられないな、ほんとかね?
冷静な監督のイメージで見てたんで本当だったら残念だ。
[ 2018/11/27 23:25 ] [ 編集 ]
ソースはビルトだしあんまり信じない方がいいんじゃ
[ 2018/11/28 16:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。