ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表マテウス、今度はバイエルンのスポーツディレクターを批判!《ドイツの反応》

【ビルト】

mattaus.jpg


マテウス!サリハミジッチを批判!

長い間バイエルン・ミュンヘンのキャプテンを務めてきたローター・マテウスは、スポーツディレクターのハサン・サリハミジッチを批判している。


“ハサン・サリハミジッチは、必要とされるときに、まったく出てこない。”とこの1990年のワールドカップ優勝者はスカイにおいて語っている。

スポンサーリンク



マテウスは“ここ数週間彼が表舞台に出てきて発言したことはない。発言権がないのであれば、どうしてスポーツディレクターが必要だろうかまったく疑問だね。私だったらこのポジションを節約してしまうよ。”と彼は語っている。


FCバイエルンは先週の土曜日、フォルトゥーナ・デュッセルドルフと対戦し、3:1とリードしていたが、最終的に3:3の引き分けに終わっている。火曜日はベンフィカ・リスボンと対戦するが、その試合がニコ・コヴァチ監督の運命を左右するとみられている。


マテウスは、コヴァチが解任となった場合、アーセン・ヴェンゲルを推している。“今市場に出ている監督では彼が最適だろう。”




以上です。

まあだいたいマテウスのコメントは、批判か賛辞かに分類されて拡散されるのはいつもの事ですが、バイエルンのサリハミジッチにまったく存在感がないのはその通りですね。ザマーの時とはまったく違いますね。

まあ上がヘーネスとルンメニゲではやりづらいでしょう。





[ 2018/11/27 17:23 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(1)
ヘーネスが居なくなってルンメニゲが実権握ったから、戻ってきたヘーネスとルンメニゲは派閥争いはないのかな?
バイエルンがごたついてるのはとてもいいことだとは思いますが
[ 2018/11/28 00:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。