ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

神戸イニエスタ!「モウリーニョが来てから憎しみが生まれた!」レアルとの関係について語る!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

iniesta4.jpg


イニエスタ!モウリーニョについて明かす!

彼が来てから憎しみが生まれた!


ワールドカップ優勝者、ユーロ優勝者、チャンピオンズリーグ優勝者、スペインリーグ優勝者、そして欧州最優秀選手。スペインのレジェンド、アンドレス・イニエスタは彼のキャリアにおいて多くのタイトルを獲得し、多くを経験している。このようにして、彼はバルセロナとレアル・マドリッドのライバル関係も経験している。


スポンサーリンク



2010年に入ってから、このライバル関係は、ネガティブな点において最高点に達している。バルサのレジェンド、イニエスタは、その責任は当時レアルの監督だったモウリーニョにあるとみている。彼はテレビ局の“Salvados”において、“バルサとマドリッドの関係が悪くなった決定的な要因はモウリーニョだね。”と語っている。


このライバル関係はスペイン代表にも入り込み、選手間の関係を悪くしたようだ。“とても耐えられないものだった。代表チームに大きな損害をもたらしたね。あれはライバル関係というものではなく、単なる憎しみだった。”と語っている。


レアルのレジェンド、イケル・カシージャスも、挑発行為により、ライバル関係の境界線を越えた、としてモウリーニョを批判している。“僕はマドリディスタだし、マドリッドにいつも勝ってほしい。でもそんなに過激にはなりたくなかったよ。”とカシージャスはコメントしている。


それに加えてイニエスタは、自身のうつ病についても語っている。この34歳は2009年に治療を受け、うつ病を克服するために薬を服用していたようだ。この病気が明らかになったのは、トリプルを達成した2009年の事だ。イニエスタは当時について、“はやく夜になってくれないかと思っていた。落ち着かせるために薬を服用していたよ。”と語っている。


イニエスタは自殺について考えたか質問されると、“うつ病にかかると、自分自身じゃなくなるんだ。傷つきやすいし、人生をコントロールするのが難しい瞬間があるんだ。”と答えている。





以上です。

確かにモウリーニョがレアルにいたころは、非常に挑発的な感じがしましたね。2010のワールドカップで優勝し、次のワールドカップのグループリーグで敗退するまでの間に起った事なので、代表の選手たちに悪影響を与えたというのは十分想像できますね。



[ 2018/11/27 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
だみだこりゃ
[ 2018/11/27 23:03 ] [ 編集 ]
嘘記事かわからんな、この記者の妄想かな?
[ 2018/11/28 08:21 ] [ 編集 ]
それまで絶大だったモウリーニョの人心掌握術に陰りが見られたのはレアル時代からでした。宣言通りタイトルこそ獲得しましたが、選手や代表そしてモウリーニョにとっても不幸な結果をもたらした感がします。
[ 2018/11/28 10:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。