ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント、デンベレー!自ら移籍志願!!ネイマールとトレード?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


dembele.jpg


元ドルトムントスター、移籍間近?

デンベレー、移籍を志願!!



ウスマン・デンベレーはどうやらバルサではもう将来がないと思っているようだ。すでにゴールや、スポックスなどが報じているように、この元BVBスターは移籍を志願したようである。クラブは少なくともデンベレーと同レベルの代わりを獲得した場合に放出に応じるつもりのようだ。


スポンサーリンク



これによって、ネイマールの買戻しもいよいよ本格化する。このブラジル人はPSGで満足しておらず、バルサも移籍に乗り気だ。バルサの幹部、ペップ・セグラはネイマールの獲得はあり得ない事ではないと語っている。ネイマールのPSGの移籍は、不誠実なものであったが、“来るのにふさわしいのが彼であるのであればそうなるだろう。”とセグラは語っている。


そしてその交渉を開始するのであれば、デンベレーは正に最適だろう。トーマス・トゥヘルはデンベレーの最大の師でもあり、デンベレーをシューティングスターへと押し上げたのだ。デンベレーはBVBでたった1年で10ゴール22アシストを記録したのだ。

しかし彼はバルセロナではその調子を維持できていない。最初は負傷で数か月離脱する事になり、さらに不規則な生活により、波に乗れていない。最近ではチームメートからのサポートも少なくなっている。


しかし、少なくともデンベレーはアトレティコ・マドリッドとの試合で、試合終盤に同点ゴールをあげ、1ポイントを守っている。ヴァルヴェルデ監督もその後、“彼はすばらしい選手だ。”と賛辞を送っている。




以上です。

今度はデンベレー自らが移籍を志願したとのことですが、行き先が気になりますね。移籍を志願するという事は、当然ある程度行き先もはっきりしているという事だと思いますので。


PSGのネイマールとトレードというのはあり得ない話ではないですが、トゥヘルもチャンピオンズリーグの結果次第では今後どうなるかもわからない部分もありますからね・・・。


フランスとしてはデンベレーとムバッペの若いフランス人二人が最高のデュオを築くというストーリーは大歓迎でしょうね。


[ 2018/11/28 17:25 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
移籍金を釣り上げるだけ釣り上げて迷惑な2人だ。
[ 2018/11/28 17:46 ] [ 編集 ]
まだ若いからやり直しがきくのはメリットですよね
[ 2018/11/28 17:50 ] [ 編集 ]
PSGならあり得ますね。彼もWカップは控え扱いで悔しい思いをしただろうし、フランスに戻ればって気持ちも有るかもね。
トゥヘルは熱心に誘ってそうだし…ネイマールがまたバルサか?それとも…
[ 2018/11/28 17:54 ] [ 編集 ]
PSGはファイナンシャルフェアプレーにかかるとはいえ行った先々でトラブル起こしてるプレーヤーとるのかな?ましてネイマールと交換では釣り合わなさ過ぎだよな。
[ 2018/11/28 18:24 ] [ 編集 ]
> フランスとしてはデンベレーとムバッペの若いフランス人二人が最高のデュオを築くというストーリーは大歓迎でしょうね。

バロテッリとデンベレのツートップも見たい……
[ 2018/11/28 21:01 ] [ 編集 ]
今まではネイマールと一緒にエムバペも出て往かないかなと感じていたけど

     カバーニ  エムバペ

ディマリア          ウスマヌ
(ユリアン)

デンベレの様なフランスのクラブの顔(移民だろうが)に慣れそうなRWGが加入出来ればエムバペにも多少は責任感が生まれて4-4-2のフォーメーション再構築等のシステムを増やせる可能性も高まりそうだし今までの想定外選りかはまだ許される範囲の補強かも知れないな
[ 2018/11/29 05:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。