ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

グロースクロイツ!BVB対ブリュッゲ戦を南ブロックで観戦!昨日一番の盛り上がりに!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

kevin1.jpg


ドルトムント対ブリュッゲ!


ノベルト・ディッケルが試合前にアナウンスするとスタジアムは大盛り上がり。




水曜日の夜、ドルトムントのファンにとってはあまり盛り上がるチャンスがなかった。彼らが応援するクラブはチャンピオンズリーグのブリュッゲ戦で0:0の引き分けに終わったのだ。



スポンサーリンク



しかしそれでも1ポイントを獲得したことにより、ドルトムントは決勝トーナメント進出を決めている。


この夜もっとも盛大な拍手が起こったのは、試合前の事だった。試合前に、ノベルト・ディッケルが、南ブロックにゲストが登場することをアナウンスしたのだ。


ケヴィン・グロースクロイツがまたしても南ブロックに登場したのだ。


グロースクロイツは子供のころから定期的に南ブロックで試合を観戦しており、それだけに、彼は2009年から2015年までここでプレーしたのは素晴らしいことだった。彼はドルトムントで2度リーガ優勝し、ポカールも優勝している。



しかしトーマス・トゥヘルが2015年に就任して以来、彼がベンチ入りすることはなかった。グロースクロイツはガラタサライに移籍し、1月にはガラタサライでプレーすることなくブンデスリーガに復帰している。


グロースクロイツはシュトゥットガルトでプレーするも2部降格し、2017年の3月にはクラブを解雇されている。


昨シーズングロースクロイツは、2部のダルムシュタットでプレーしていた。現在は3部のユアディンゲンでプレーしている。ユアディンゲンは現在3部で4位に位置しており、2部リーガ昇格に対して希望を持っている。




以上です。


昨日の試合は割と見るのがしんどい試合でしたね。それでも最近は後半から点を取る試合が多いですから、なんとかこらえて見ていましたが、最後までそのままでした・・・。

グロースクロイツは最近では彼女と子供を連れて見に来ることが多く、座って観戦することが多いようですが、今回は久しぶりの南ブロックで大盛り上がりだったようです。


相変わらず、ファンの間での人気は衰えていないですね。移籍してしまいましたが、こうして出入りできる関係なのは良いですね。

[ 2018/11/29 17:02 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
グロクロが一番の盛り上がり(笑)そんな試合でしたね。
アウェーのアトレティコ戦がドルトムント攻略のお手本を示してしまったってコメントしましたけど、その通りになりました。
ボール持たせてドン引きカウンター狙い。これに対する攻略方は、香川の様に間受け出来て、狭いスペースでもターンして前向ける選手が必要。そして創造的有るロングパスと、スペースへのパス。
ヴィツェルは足元へのパスは正確だし強度有るけど、スペースへのパスとか狭い所でのターンとか出来ない。ロイスはスペースへのパスは上手いけど、狭いスペースでのターンはあまりやらないよね。そして間受けはまだまだ香川にはおよばない。ロイスは凄い選手で、カウンターなら彼だけど、遅行戦術、この様な相手には香川のほうがずっと有能。
ゲレイロは何方も出来たけど、昨日はロスト多すぎてコレでは怖くてSBは使えないし、サイドで使うにしてもロスト多すぎ。
香川さえいれば勝てた試合だと思ったけど、もう首位突破は無理かもね…残念だったよ。

[ 2018/11/29 17:44 ] [ 編集 ]
Instagramに意味深な投稿していたね
オバも返信してたみたい
チーム離れても本当に仲いいなぁ
[ 2018/11/29 18:57 ] [ 編集 ]
ケビンと香川選手が仲良しである話は有名ですが、
今の香川選手があるのも、まだ香川選手がドルトムントに来たばかりの頃に、
ケビンのような友人が側に居たことが本当に大きかったんじゃないかと思います。
ケビン自身も攻守に渡って高いスキルを持つ、かつてのドイツ代表では欠く事の
出来ない選手でした。
実際のところは本人同士しか分かりませんが、ファンとしてはいつまでも
仲良しで居て欲しいと思います。
[ 2018/11/29 21:41 ] [ 編集 ]
まあドルトムントはこんなもんでしょう。
アイデアが何も無いし、結局プリシッチが個で突破できた時しかロクにチャンスは作れない。
2位だとポルトを引かない限りベスト16で敗退でしょうね。
後半の救世主頼みだったのも奇妙なサッカーでしたし、例年通りでピークは過ぎたかなと。
[ 2018/11/30 07:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。