ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント香川!ドルトムント大学のサッカー部を体験!!《ドイツの反応》

【ドルトムント24】

kagawa5.jpg


このドルトムントスターがドルトムント工科大学のスポーツ部を体験!

ドルトムント工科大学は、学生がスポーツする機会をたくさん用意している。しかしこれに魅力を感じたのはどうやら学生だけではないようだ。BVBの選手が体験入部している。

これはなんというニュースだろうか!!ドルトムント工科大学のスポーツ部が木曜日にFacebookのページにて、香川真司がゲスト参加したことを投稿している。


スポンサーリンク



このBVBの選手が大学のスポーツ環境を体験したようだ。彼は今後大学でスポーツをする事を考えているのだろうか?いずれにせよ、この日本人が移籍したがっていることはまったくもはや秘密ではない。


香川、サッカーとバスケットボールを体験!



ドルトムント工科大学のスポーツ部がFacebookに投降した写真によると、香川真司は二つのスポーツを体験したようだ。香川がサッカー部と一緒に写っている写真、そしてバスケットボールでシュートをしているが投写真が稿されている。

kagawa6.jpg


大学のサッカー部の選手たちはこれには感激したようだ。またFacebookのユーザにとってもこの行動は好評だったようだ。これまで18の“いいね”が押されている。


ルシアン・ファヴレがBVBに来て以来、香川は大きな役割を果たしていない。現時点ではメンバー入りすることはほとんどなく、ベンチに座ってばかりだ。しかしそれでもこの日本人は休むことは考えていない。


最近では、自身がフットボノートを使ってトレーニングする姿が投稿されている。香川はすでに新たなクラブのためにトレーニングに励んでいるようだ。彼は移籍の希望としてスペインを挙げている。



以上です。



香川選手が大学のスポーツ部を訪問した事が地元メディアで取り上げられていましたので紹介します。できれば移籍するまでにもう一度ドルトムントでプレーする所が見たいですが、そのチャンスはおとずれるでしょうかね・・。いずれにせよ香川選手が元気そうでなによりです。


[ 2018/11/30 17:43 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(16)
バスケットボールか。
ギュンドアンの例もあるので、くれぐれも怪我には気をつけて下さいな。

そういえば、
CLベンフィカ戦でバイエルンの19歳の韓国人選手が途中出場。
未熟すぎてボールロストのオンパレード。
ドルトムントよりバイエルンのベンチ入りの方が遥かに簡単ってどうなのよ。。。
[ 2018/11/30 18:10 ] [ 編集 ]
管理人さん~。香川選手はとても健やかな性格の持ち主なんです~。
決して腐らず諦めず、他人のせいにしないで内省的で、かと言って気難しくなく、私的にはプレー以外のそんな好かれるキャラクターも大好きです。
記事に関係なくて申し訳ありません!
[ 2018/11/30 18:15 ] [ 編集 ]
下部の試合に出ることはあってもリーグなどには出ないでしょうね
ファブレもリーグは手を抜けないでしょうし気難しいことで有名なので粋なことを仕掛けてくるタイプには見えないですし
せめて一試合くらい見たかったですが‥
まあ大学側も香川選手もたのしそうなのは
[ 2018/11/30 18:25 ] [ 編集 ]
出て行くといいつつ地元営業やってんの?
これは感心するね
[ 2018/11/30 18:25 ] [ 編集 ]
なんか違和感。今までわざと香川の存在を無視するかの様な扱いだったのに、あのインタビューが出てから急にツォルクも香川の功績を認めて大事にしてますアピールするし、RNの練習画像も香川多めだし、こんな事すら注目して記事にするし、やっぱフロントさんもしくは監督さん、陰で香川に何かヤバイ事しちゃったんじゃないの?マジでそれ暴露されるんじゃないかとビビってる?
なんちゃって(笑)
[ 2018/11/30 18:51 ] [ 編集 ]
ゲッツェのお父さんが教授の大学ですね
香川は移籍するまで個人トレーニングに励むでしょう
怪我が一番怖いですから
[ 2018/11/30 20:05 ] [ 編集 ]
>できれば移籍するまでにもう一度ドルトムントでプレーする所が見たいですが、そのチヤンスはおとずれるでしようかね

香川はそれを望んでないと思いますけどどうでしょう?
もう二度とドルトムントで試合に出ることは無いと感じたからこそ
あのインタビューを受けたのではないかと思います
だからこうして色々な場所を訪れ、ドルトムントという街やそこに住む人々に
香川なりの感謝と別れの挨拶をしてるんじゃないでしょうか
[ 2018/11/30 20:45 ] [ 編集 ]
ドイツメディアの思惑とは裏腹に最近の香川さんはドイツを楽しんでますね
地域貢献できるのは素晴らしいことです
[ 2018/11/30 22:49 ] [ 編集 ]
こういう記事は紹介してもらえないと目にする機会がないので大変嬉しいです。ドルトムント工科大学といえば、ゲッツエのパパがいましたね。
[ 2018/11/30 22:54 ] [ 編集 ]
ベンチにも座ってないよ。
[ 2018/12/01 02:39 ] [ 編集 ]
>香川はそれを望んでないと思いますけどどうでしょう?

香川は最後のプレイを望んでると思う。監督やフロントに対しては不満等あるでしょう。
だからといってサポーターに対しても不満に思っていると、貴方はお考えでしょうか?
マンU時代にフリーシンジ運動の中心的役割を担ってくれた人たちで、暖かい声援をくれた人たちです。
香川自身もサポーターに対しては惜別の情もあるでしょう。
移籍が決定的だからこそ、最後にホームのサポーター達の前で、プレイしたいと望むのでは?
まあ、シーズン真っ只中では難しいと思いますが。



[ 2018/12/01 06:18 ] [ 編集 ]
本当に違和感がありますね。今シーズン ドルやRNのSNSでは ほとんど香川選手はスルーされてきましたが、ここにきて写るようになってきました。
まぁ こういう大学生との触合いは、香川選手自身 楽しんでそうなので良いですが(そういうのを大事にする選手ですよね)

私も もう一度 ドルトムントでプレーする香川選手が観たいです。愛してくれたドルサポとの別れを惜しんで欲しいです。怪我だけは勘弁ですけど。
[ 2018/12/01 06:49 ] [ 編集 ]
お別れの仕方が本当にスマート。
彼らしい。
いつも感じる事だけど、どんなに辛い目をしても育ちが良いからドロドロせず自然に今回みたいな行動ができる。



[ 2018/12/01 09:34 ] [ 編集 ]
横から失礼するがサポーターに対してもここで言われてるような「恩義」的なことまでは感じてないと思うけどね、そもそもブレイクさせてくれたのも再獲得してくれたのもクロップやミスリンタートなわけで
逆に一部のサポーター以外はあれだけ拗らせ移籍と出戻りしたゲッツェ優先で香川は控え扱いでしたからね?挙句に次の移籍先についてもリーガは無理だのシュツットガルトがベティスがエイバルが妥当と言う始末、ここまでリーグ148試合で41G36Aもしてるのにそんな扱いや言われようでは流石に冷めてしまうものもあると思いますよ
まあゲッツェの時とは違って円満な移籍になると良いってことは確かですけどね
[ 2018/12/01 21:53 ] [ 編集 ]
香川は恩義を感じてますよ、それは当たり前のことですし、香川の将来を考えても良い関係を維持しつつ移籍した方が良いのですよ。
香川はドルトムントにタイトルやお金を残しましたが、マンUで苦しんでるときにクラブは温かく迎えてくれました。ロイスをサイドに移してまで、トップ下のポジションあけてくれたんですよ。それからもう数年たちましたが、一時的にスタメン外れることなんて多くの選手で起こることです。他の日本人でも起こってますよ。
香川はどんな理由で移籍したいのかは知りませんが、移籍してもサポーターは所属した選手の試合を見てるものなんですよ。
香川は冷遇されただのなんので恨みや妬みをもったりしません。ファンが持ったからといって、選手も同じ感情もってるように印象操作しないでください。
[ 2018/12/03 13:00 ] [ 編集 ]
香川はファンを愛していると明言してる。そして、フロントには恩義を感じてる。ドルトムント戻ったのは勿論クロップも大きいけど、移籍時のコメントでは「監督もそうだけど、彼らは(フロント)移籍後もずっと連絡し続けてくれていた。だからドルトムントに帰りたい、ドルトムントだけに戻りたい、と思った。」と語ってたよ。インタビューの印象的に、クロップよりもヴァツケ達の方が香川には大きい存在だと感じたね。

私は、地元ファンの感情考えたら、今の様な形が最適だと思ってる。香川はフリーシンジ運動迄して戻した愛すべき放蕩息子。
それがまた、自分から移籍志願したとは裏切りだろう。でも、発端は香川からでも、形はチームから必要とされなくなってさようなら。だからファン感情は悪くならない。
彼はドイツファンからは、何処に行っても何時までも愛され続ける選手になるよ。
[ 2018/12/03 23:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。