ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

長谷部!アジアの年間国際最優秀選手に!!ドイツでも紹介!《ドイツの反応》

【90Min】


hasebe2.jpg


アイントラハト:長谷部!アジアの年間国際最優秀選手に!!



現在好調のアイントラハト・フランクフルトでは、その攻撃陣が注目されている。しかしハラーやヨヴィッチ以外にも、このフランクフルトの好調に一役買っている選手はほかにもいる。フランクフルトのディフェンスは現在ブンデスリーガで3番目に良いが、それに大きく貢献しているのが長谷部誠だ。そしてこの日本人は昨シーズン、フランクフルトだけでなく、日本代表としても説得力のあるプレーをすることができたので、長谷部は大きな栄光を受けることとなった。


スポンサーリンク



アジア・サッカー協会は毎年、年間国際最優秀選手を発表しているが、この水曜日にこの34歳がこの賞を受賞している。昨シーズンは、元レヴァークーゼン、そして現在トッテナムでプレーする、ソンフンミンが受賞していた。


このタイトルの授賞式はオマーンで行われたが、長谷部が出席することはなかった。なぜなら、彼はヨーロッパリーグのマルセイユ戦の準備真っただ中だったからだ。


この賞は、この非常に様々なポジションをこなすことができる長谷部のキャリアにまた花を添えることになる。長谷部は日本代表114試合に出場し、ロシア・ワールドカップでは日本を決勝トーナメントまで導いた。そこでは、ベルギーに2:3とおしくも敗れている。


長谷部は2008年以来ブンデスリーガでプレーしている。ヴォルフスブルク、そしてニュルンベルクを経て、2014年からはアイントラハトでプレーしている。長谷部はアイントラハトで、すぐにチームの主力となり、現在アディ・ヒュッターの下でも代えの利かない存在となっている。


彼のキャリアにおいて最も大きなタイトルは昨シーズンのポカール優勝だ。しかし長谷部を知っている人は、彼のキャリアがまだこれで終わりではない事を分かっている。




以上です。

長谷部選手素晴らしいですね。今シーズンはフランクフルトも好調を維持し、国際舞台でもマルセイユを圧倒し、その強さをキープしていますね。ブンデスリーガのチームはヨーロッパリーグではまったく結果を出せていなかったので、これはすごく新鮮な感じがします。ここまできたらできるだけ勝ち進んでほしいですね!

できれば、ヴォルフスブルクでリーガ優勝していることにも触れてほしかったですね。





[ 2018/11/30 19:00 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(4)
もうね選手というよりピッチ上の監督だわ
ポジション監督代行業だよ笑
[ 2018/11/30 19:40 ] [ 編集 ]
長谷部すごいですね、頑張りが認められて本当に良かった。まだまだ頑張って欲しい!応援したい選手です!
[ 2018/11/30 21:15 ] [ 編集 ]
代表でのキャリアも認められてると思いますが代表とクラブの両立でコンディションを落とす事もあったので、これからは伸び伸びとサッカーを楽しんで欲しいですね。将来はドイツと日本の架け橋となり監督としても活躍して欲しいものです。
[ 2018/12/01 08:09 ] [ 編集 ]
ポカールよりもリーグ優勝の方がでかいと思うんですが・・・

ヴォルフスブルグで優勝したときも地味だが重要な働きをしているとかそんな記事しかなかったなぁなんて思い出してます。

様々なポジションができるというよりなんか都合のいいように使われてきたきたのがようやく今報われてきた感じがします。MF、DF、時にはGKまでとかなり無茶させられてきましたよねこれまで
[ 2018/12/01 18:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。