ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

FCバルセロナ!ヴィダルがデンベレの監視役に!!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

vidal.jpg

バルサ、ヴィダルをデンベレーの監視役に!!



元バイエルンのアルトゥーロ・ヴィダルがFCバルセロナで新たな役割を引き受けた。このチリ人はバルサの問題児、ウスマン・デンベレーの面倒を見るとのことだ


デンベレーは2017年にドルトムントからバルセロナに移籍したが、まだその時の力を出し切れていない。それに加えてこのワールドカップ優勝者は不規則、不摂生でフィールド外で世間を賑わせている。また最近では無断でトレーニングを欠席しベンチ外となっていた。


スポンサーリンク





そしてバルセロナはこれに対処するために、ヴィダルを監視役に選んだとのことだ。このチリ人のクラブ内での評価は高いが、とくに選手の間で高く評価されている。彼がこれまでのキャリアにおいて多くのクラブで問題を起こすことなく、すぐ溶け込んだためだ。そしてヴィダルがそれをデンベレーに伝えるべきとされている。スペイン紙の“Sport”がこのことを報じている。


“時々、フィールド外で起こっていることばかりに目が行きがちだ。デンベレーはまだ若いし、信頼と助言が必要だよ。僕たちは彼を助けるよ。”とヴィダルはチャンピオンズリーグのアイントフォーフェン戦の前に語った。彼ら二人ともスタメンで出場し、2:1で勝利している。



シーズン序盤は彼ら二人ともベンチに座る事が多かったが、それで彼らの関係は深まったようだ。ヴィダルはデンベレーに良くベンチで話しかけ、多く助言したようだが、いまでもそれを続けているようだ。ヴィダルはアイントホーフェン戦の前に、控室で勇気を与える発言をしていたようだ。


ヴィダルがデンベレーを良い子にすることができるだろうか?そうなればこのヤングスターはバルセロナで大きなキャリアを築けるかもしれない。







以上です。

ヴィダルが監視役とのことですが、経験のある選手が若手の面倒を見るのは良いことですよね。レヴァークーゼンにいたころは、荒々しい印象が目立っていましたが。ヴィダルもすっかりそんな年になりましたか。レヴァークーゼンからユベントス、バイエルン、バルサと素晴らしいキャリアを築いていますね。バイエルンは彼を放出した事で明らかに苦労してますね。



[ 2018/12/02 21:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
ヴィダルはバルサではまだ完全なスタメンには成れず苦労してるけど、出ればそれなりの活躍はしてる。
デンベレもいろいろ有ったからスタメン確実では無いけど、出れば凄いテクニックと創造性で結果出してる。サンチョ凄いけど、やはりデンベレは別格だなぁと改めて感じてる。解説者が昔香川取材にドルトムント行った時、デンベレについて香川が、問題(練習遅刻等)有るのは事実。でも結果出してるから外せないらしい、と言ってたよ。

デンベレがヴィダルの言葉を素直に聞くかってのが、ちょっと疑問。こういう性格だから、自分の方が上とか思ってそう。オバメの言う事は聞いてたし、メッシやスアレスの言う事なら聞きそうだけどなあ…
[ 2018/12/02 22:11 ] [ 編集 ]
見た目からしてヴィダルのほうがヤバそうなんだけどね
[ 2018/12/02 22:50 ] [ 編集 ]
ヴィダル相手に舐めた事したらボコられそうだし
これを期に生活態度が改善してくれればいいな
[ 2018/12/02 23:25 ] [ 編集 ]
人は見かけによらないのね。ピッチ内は凄くあらいけど。
[ 2018/12/02 23:59 ] [ 編集 ]
飲酒運転で人身事故起こしたあげく警察に逮捕してみろよと殴りかかろうとした男が監視役か・・・
悪い道に引き込まないことを祈る
[ 2018/12/02 23:59 ] [ 編集 ]
不良少年が品行方正な先輩よりちょっと荒くれてる先輩のアドバイスの方が聞きそう感はわかる
[ 2018/12/03 03:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。