ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ロッベン!「正直に言ってバイエルンで最後のシーズンになると思う!」《ドイツの反応》

【トランスファーアマルクト】

robben.jpg


ロッベン、バイエルンからの移籍を認める!
ヘーネス、リベリーの放出も示唆!


アリエン・ロッベンは、バイエルン・ミュンヘンから去っていく可能性を認めている。このオランダ人は、“Omnisport”において、“正直に言って、これがバイエルン最後の年になると思っている。でもバイエルンで10年プレーしたのは良かったし、素晴らしかった。”と語っている。

スポンサーリンク



ウリ・ヘーネスはさらにフランク・リベリーについても、“彼ら二人にとっておそらくバイエルンで最後の一年となるだろう。”と日曜日に行われたファンクラブの訪問会で語っている。


現在35歳になるリベリーは2007年からバイエルンでプレーし、34歳のロッベンは2009年からプレーしている。


“ロベリー”はFCバイエルンの成功に大きく貢献し、2013年にはボルシア・ドルトムントを下してチャンピオンズリーグで優勝している。




以上です。

ロベリーもいよいよバイエルンで最後のシーズンとなりそうですね。しかしこの二人は今でも調子が良ければ他の選手よりも良いプレーをするところがすごいですね。この二人が年を取ったのはそうですが、この二人を脅かすような選手を獲得しなかった、もしくは出てこなかったのが問題でしょう。

この二人が引退ではなく現役続行を選んだら、ぜひともJリーグのクラブにオファーしてもらいたいですね。

[ 2018/12/03 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(10)
イニエスタで麻痺してますけど、Jリーグはまだ早いですよ
まだどこでもやれるでしょう
[ 2018/12/03 06:25 ] [ 編集 ]
日本で見たいねぇ
[ 2018/12/03 06:50 ] [ 編集 ]
バイエルン所属でブンデスだからこそ稼働できた面は大いにあるわけで
こっからプレミア・リーガ復帰はありえない
セリエAは相性悪そうだし、そもそも本人はもうビッグクラブに興味ないと思う
あるとすればオランダで引退、勢いのあるJリーグ、住みやすいアメリカかなぁ
[ 2018/12/03 07:16 ] [ 編集 ]
ロッベンはバイエルンが延長しなかったからフリーですよね。沢山オファーは有りそうです。
ロベリは延長してるから、本人次第で残る事も有りそう、まぁフロント的には高値で売りたいと思うけど。彼はまだまだ何処でもやれると思うけど、年齢考えて移籍金払うクラブがどれ位有るかって言ったら、やはりお金持ちでブランド好きな日本は現実的。
選手能力ではロベリ>ロッベンだけど、移籍先はロベリ→Jリーグ、ロッベン→セリアとかが可能性大。
[ 2018/12/03 10:19 ] [ 編集 ]
2人ともいまだにワールドクラスの中のワールドクラス。
格が違いますよ。
[ 2018/12/03 12:35 ] [ 編集 ]
グランパスに来て助けて下さい(笑)
[ 2018/12/03 13:35 ] [ 編集 ]
 彼らがJリーグに来てくれたら嬉しいけど、J審判のレベルが低すぎて来てもらうのが申し訳ない感じのこの頃。今は選手よりもブンデスの審判がJリーグに来てほしいです。
[ 2018/12/03 14:29 ] [ 編集 ]
2018/12/03 10:19さん、ロベリとはロッベン&リベリのコンビの総称ですよ
リベリも契約は今シーズンまでで多分延長はしないでしょう
ロッベンはオランダに帰るんじゃないかな?でも日本に来て欲しい
[ 2018/12/04 12:55 ] [ 編集 ]
2018/12/04 12:55
いろいろ勘違いしてました。教えて下さりありがとう。
リベリはそもそも今年6月だった契約を来年迄延長したのですね。そんなぎりぎり延長だとは思ってませんでした。
まぁ35歳ですしね。でもリベリは今でも凄いと思ってます。ロッベンよりも間近で見たいですね。
[ 2018/12/04 18:59 ] [ 編集 ]
ロベリーを知らない人の書き込みに爆笑してしまいました。
[ 2018/12/05 07:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。