ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、アルカセル!ブンデスリーガでまたしても記録を破る!《ドイツの反応》

【NRZ】


paco Alcacer

スーパー・ジョーカー、アルカセル!またしても記録を破る!


パコ・アルカセルが途中からプレーすると、彼はゴールを挙げている。この点取り屋はブンデスリーガの得点王争いのトップに立っている。

スポンサーリンク



彼は、自分が得点にそれほど大きく貢献していないことはよくわかっていた。彼は正しい位置に立っており、やらなければいけないことをミスせずにやっただけなのだ。5メートルの距離から無人のゴールにシュート。そのため、彼はゴールした後に、素晴らしいパスを送ってくれたピスチェクの下へ行っている。ドルトムントはフライブルクに2:0で勝利したいが、アルカセルが追加点を挙げたからでもある。


もちろん彼はゴールを挙げたが、彼は途中交代からのプレーだった。しかし彼は途中から出場し、確実にゴールを挙げている。フライブルク戦でのゴールはジョーカーとして9点目のゴールだったのだ。そしてジョーカーとして9ゴールを決めた選手はまだブンデスリーガにはいないのだ。これによって彼はこれまでのニルス・ペターセン(2016/2017)とヴィオレル・ガネア(2002/03)の記録を破っている。しかしアルカセルはまだ8試合しかプレーしていないのだ。アルカセルは現在10ゴールで得点王争いのトップを走っている。プレー時間の合計は281分だ。


ルシアン・ファヴレ監督は、“彼は非常に良い嗅覚を持っており、Pエリア内ですごく危険だ。”とアルカセルについて語っている。しかしそのゴールがチームメートのものでもある事に言及している。“サンチョとピスチェクも素晴らしいね。あれはみんなのゴールだ。”と語っている。最後にはまたしてもアルカセルが正し場所で待っていたのだ。


しかしこれはもちろん選手だけの力ではない。ルシアン・ファヴレが正しい時間に選手を交代させるからでもある。アルカセルのゴールは公式戦20試合にして20点目のジョーカーゴールとなっている。




以上です。


アルカセルはものすごく効率が良いですね。しかし昨日はロイスが下がって、フィリップが入ってからはそれほどうまくいっていませんでした。アルカセルがボールを受けて、パスしようと動いても、その動きが周りと合っていない場面が結構ありました。

ロイスを下げたときにどうするのか、もしくは休んだ時にどうするのかがこれからの課題ですね。香川選手をトップ下で使って、もう一つ違ったタイプのプレーができるようになればチームはもっと強くなると思うんですけどね・・・。


まあしょうがないですね・・・。





[ 2018/12/03 10:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(12)
その前のサンチョが凄かった。
中央で相手を翻弄し、惹きつけまくっている。
一点目のPKもサンチョだし。
ジョーカーのパコはもちろん、サンチョの個無しで相手から点を取れなくなってきているのでは。
[ 2018/12/03 10:39 ] [ 編集 ]
それだと香川まともに試合でれないし移籍を志望するのも仕方ないですよね
やっぱり香川とロイスを併用しているところを見たかったですが監督のやり方が違えばそれも仕方ないとしか

そろそろロイスが壊れそうな気もするのが不安です
香川は移籍がほぼ確定なのでそうなると一気にズルズルいきそうで不安ですね
[ 2018/12/03 10:46 ] [ 編集 ]
仮に冬の移籍市場でドルトムントが移籍金を釣り上げ、香川選手が移籍できなかった場合、また中途半端にロイスの代役として使われることになるんでしょうか。そんなことになった場合、今干されてる意味が全くなくなってしまうのでドルトムントには何としてもこの冬に移籍を成立させてほしいです。
[ 2018/12/03 11:18 ] [ 編集 ]
この前の親善試合見た限りではパコと香川は噛み合ってるよ。パコがマタ抜きで点取ったところ、ポジションチェンジしてパコからボールもらって香川がウイングにパス出したところなど、ほとんど受け手を見てなかったよ。
こういうのを見てると確かに、パコを先発で使えるようにするには香川とセットで使うのが手っ取り早いかもしれない。もっとも香川はロイスやゲッツェとも見なくてもやれるけど。
監督はシーズン当初はコンビネーションがどうのといっていたけど、未だに解決できてるとは言えない。解決できたなら相手が前半から自陣に引いて組んだ守備ブロックが30分もしないうちにバラバラになるけど、そんなゲームはまだやってない。まぁ後半に勝手にバラけたのはいくらでもあるけど笑
たぶん今シーズンは崩しはないかな?
香川はクラブから追い出したがってるようだし、ゲッツェやゲレーロを前で使ってくれることは、随分前から使えと言ってきたことなので嬉しいけど、たぶん細かいこと言いすぎてるから死んでる。ゴールに背中向けてる時間が長いよね。ユリアンも似たようなもの。アンカーは上下に動かすのが基本だろうけど斜めに動かしてる。長谷部のようにやらせるなら生き返ると思うけどな。もっともディレイニーがこれやったら即代えられたからな。勝ってるから問題になってないけどなんか窮屈そうにやってる。
[ 2018/12/03 11:40 ] [ 編集 ]
監督におそらく移籍問題で見限られたので仕方ないですね…。理由は多分皆さんが散々おっしゃった事だと思いますが残念ですよね。
[ 2018/12/03 13:31 ] [ 編集 ]
パコはジョーカーだと素晴らしいですがスタメンだと微妙ですよね。冬にCF1人補強してもいいかもしれません。出来れば長身の選手で。
ロイスの控え問題については完全に同意です。キャラクターの違う香川選手は素晴らしいオプションになると思いますが、本人がスペイン希望ですし、仕方ないとしか言いようがないですね。
スペインで活躍する香川選手を見たいですが、ドルトムントでプレーする香川選手もやっぱりまだ見たいです。
[ 2018/12/03 13:53 ] [ 編集 ]
ロイスが怪我したらどうするんだろね
[ 2018/12/03 14:09 ] [ 編集 ]
香川はパコと相性よさそうでしたが本人が夏から移籍する気のインタビューしてたので、今の状態はコメントできませんよね
干される理由も解るし、タラレバは言えないかな、と
[ 2018/12/03 18:23 ] [ 編集 ]
開幕から数ヶ月が経ち、ファブレも選手の見極めがかなり進んだと思います。
真に力のある選手はこれまでも、そしてここから先も存在感を増していくに違いありません。
そういう意味でロイスは当然として、このまま行けばサンチョはムヒタリアンかデンベレ並みになる可能性も高いです。
そしてドラガン・アザールの名前が出るあたり、ファブレはもっとあらゆるポジションにメガクラブが欲しがるレベルの選手を起用したいはずです。
現有戦力にはちっとも満足してないでしょう。
来季も主力濃厚で満足できるレベルなのはロイス、サンチョ、ヴィツェル、アカンジ、ディアロ、ハキミ。
新戦力にあっさり振り落とされるだろうと予想できるのはゲッツェ、ラーセン、フィリップ、ヴォルフ、ダフード。
特に前線はもっと強力な打開力のある選手に入れ替えるでしょう。
そうなるとボランチはやはりフィジカルの強い選手をさらに好むでしょうね。
ここまでチームのバランスを立て直し、さらに今後のビジョンがハッキリ考えられる状態まで持ってきたファブレはやはり凄いです。
[ 2018/12/04 07:48 ] [ 編集 ]
パコの表情からは満足してるように見えませんでしたね。
それは当然でしょう、出場機会が少なくてドルトムントにきたのにチャンスを与えずに途中出場ばかり、こういう使い方が選手をバカにしているというのですよ。
ゲッツェはスタメンで何をしましたか? CFWがゴールで結果だしたのなら、スタメンのチャンスを与えるべきですね。彼だって、フル出場が少なく本調子ではないのですから。新記録? そんなもの選手にとっては名誉でもなんでもないですよ。
パコは何をしたらスタメンで出れるようになるのでしょう?
ドイツ人じゃないと、結果だしても出してもらえないのでしょうか?
[ 2018/12/04 11:03 ] [ 編集 ]
ファブレは怪我人が続出したときに香川を冷遇したことを後悔するでしょうね
[ 2018/12/04 14:03 ] [ 編集 ]
パコの思いを勝手に代弁してる人いるけど、本人も自分にスタミナがない事自覚してるからな過去のコメントで、現状で結果出してる以上こういう使い方も仕方ないだろ。
[ 2018/12/04 21:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。