ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

エジル!!冬にもアーセナルから脱出か?インテル・ミラノへ移籍?《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

ozil3.jpg

メスート・エジル、冬にもアーセナルから脱出か?


元ドイツ代表のメスート・エジルは個人的な危機真っただ中だ。この30歳はアーセナルでうまく行っておらず、いくつかの報道によると移籍を計画中の事だ。



エジルとアーセナル:かつてのラブラブの関係もこれで終わってしまうだろうか?“サン”が伝えたところによると、この元ドイツ代表選手は、ロンドンからの脱出を計画しているとのことだ。現在エジルはアーセナルでうまくいっていない。さらに同紙はその移籍先にも触れている。インテル・ミラノだ!!

スポンサーリンク



エジルは日曜日の試合で、3試合連続プレーしなかったことになる。しかし公式には、トッテナム戦(4:2)は腰の痛みのために欠場したことになっている。ウナイ・エメリ監督は試合後にエジルについてのコメントは避けており、“プレーした選手について語るべきだ。”と語っている。


エジルはその前の週は万全の状態であるにも関わらずボーンマス戦で90分ベンチとなっている。“現在のフォーメーションではエジルの居場所を見つけるのは難しい。”とエメリ監督は語っていた。どうやらこの監督はエジルのフィジカルを信頼していないようだ。“今日のような試合ではフィジカルが重要となると思っていた。だけどどの選手も重要だ。”と彼は語っている。


これにはエジルも我慢ならない。イングランドのメディアが報じたところによると、すでに冬の移籍の可能性もあるとのことだ。そしてインテル・ミラノであればエジルの給与を支払えるとのことである。現在エジルがプレーしない背景には、アーセナルがその給与を節約し、育成に回したいとのことがあるとされている。


エジルは現在プレミアリーグ10試合で3ゴール1アシストを記録している。





以上です。

エジルはアーセナルの序盤の好調に大きく貢献したかのように報道されていましたが、最近はプレーしていないようですね。やはりこのぐらいの選手がプレーしないと、周りが騒ぎ出すのも早いですね。

[ 2018/12/03 16:44 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
なんだか香川選手と同じ境遇ですね。
試合はほとんど見れませんがアーセナルもドルトムント以上に好きで結果は追いかけてます。
エジルはサイドも普通に出来ますが3-4-3にはポジションがありませんね。
トレイラとジャカの位置に置くには信用出来ないところとか香川選手にそっくりです。(強度の高い試合での話)
今っぽいサッカーが正義ってわけでも無いですしトレンドは絶対に大きく変わる(2年以内だと思う)ので腐らずに中国やアメリカには行かないでほしいですね2人とも。
[ 2018/12/03 17:27 ] [ 編集 ]
インテルにそんな高い給料払えるかな・・・。
モドリッチのほうが優先順位高そうだし同時にとるのは金額を考えればほぼ無理でしょう。
[ 2018/12/03 20:20 ] [ 編集 ]
確かエジルの年俸はプレミアリーグ最高額(サンチェスも同額)でしたよね。
他のスーパースターと比べてあの金額を見ると、ちょっと酷いな…と思いますね。
[ 2018/12/03 21:10 ] [ 編集 ]
今の時代もてはやされてるのはサイドの選手で中盤はフィジカル重視。テクニックや創造性は後回しになってる気がします。10番タイプの選手にはやりにくい時代ですね。
[ 2018/12/03 21:36 ] [ 編集 ]
2018/12/03 21:36
でも、バロンドール候補はモドリッチですよね?
[ 2018/12/04 07:22 ] [ 編集 ]
モドリッチはとにかく1対1に強いからね。
タフで運動量が凄くて泥臭い。
上手いだけの昔の10番とは正反対で、何もかも兼ね備えたまさに現代的な選手。
まあ上手さや創造性だけならイスコの方が上だけど、どちらが安定していて、チームの役に立っているかは一目瞭然ですね。
[ 2018/12/05 06:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。