ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ゲッツェに新たな役割!相手を疲れさせるのが仕事!《ドイツの反応》

【ビルト】


paco4.jpg

パコのために相手を披露させる!


これがゲッツェの新たな仕事だ!


我々のワールドカップ優勝者に新たな仕事が!!


ミュンヘンから帰って来て約1年半(※原文通り)でマリオは新たな役割を見つけたようだ。パコがやってくる前に相手ディフェンダーを疲れさせるのだ!


スポンサーリンク



アルカセルはゴールを決めるためにやってくる!


アルカセルはブンデスリーガですでに10ゴールを挙げているが、そのうちの9本がジョーカーとしてだ。彼は平均28分に1本のペースでゴールしているが、それにはゲッツェも大きく関わっている。


フライブルク(2:0)、マインツ(2:1)、バイエルン(3:2)では、この戦術がうまくいっている。このワールドカップ優勝者はいずれも途中交代でパコにその場を譲っているが、その試合でいずれもパコがゴールを挙げているのだ。


そしてゲッツェはこの仕事を完全に受けいれている。“もし僕が60分で疲れてしまい、そこからパコがプレーしてゴールするならOKだよ。もっと悪いことだってあるんだからね。”とゲッツェは語る。


しかしパコは当然ながら最初からプレーしたがっている。


“監督はパコが週2回プレーできるように、丁寧に彼を起用している。”とツォルクは語っている。


パコの状態が上がってくるまでは、ゲッツェが相手を疲れさせ、途中からやってきたパコがゴールする・・・・。




以上です。

今の所はこれがうまくいっていますが、前半で点をとって、後半楽にプレーするのが理想的ですよね・・・。まあこのやり方は前半で点を取られないというのが前提条件になりますね。いつまでこれを続けるのか・・・・。

ゲッツェはフライブルク戦でも2回ぐらいチャンスがあったんですが、自分でシュートを打ちませんでしたね。トップで出ているんだから、そこはシュートを打ってほしかったです。



[ 2018/12/04 19:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(17)
ゲッツェとパコはまたタイプが違うので、試合途中の疲れている状態で守り方を変えないといけないってなると相手守備陣も嫌でしょうね
[ 2018/12/04 19:19 ] [ 編集 ]
これぞドイツ100年にひとりの至宝に相応しい役割!、、、かどうかはさておき
ゲッツェもドイツメディアも大変満足そうで、めでたしめでたしって所でしょうか
[ 2018/12/04 19:19 ] [ 編集 ]
それ、ゲッツェである必要があるんですかね?
なんかもう意地でゲッツェ使っている気が…。
[ 2018/12/04 19:44 ] [ 編集 ]
打っているうちに入るようになるのに。自信が必要ですね。
失敗やみっともない姿を見せたくないというナイーブさは、絶対的な庇護がない状況では問題解決から遠ざけます。オバなんて何度も外してやっとかという感じの試合多かったです。図うずしさが必要なのでは。前線で疲れさせてパコに譲るのが仕事でスタメンになれるなら、香川なんてぶっちぎりにスタメンはれるでしょう。でもゲッツエも香川もそれが特徴の選手じゃないですよね。
[ 2018/12/04 20:05 ] [ 編集 ]
ゲッツェさん…
悲しい記事ですね!優勝者優勝者と言えば言う程ゲッツェの価値を下げてるように感じます。他の優勝者メンパーもこんなふうに言われてるんでしょうか?活躍していない選手に限って言われてる様な気がしますが…
[ 2018/12/04 20:13 ] [ 編集 ]
FWででてるのにこの擁護でいいのでしょうか。相変わらずゲッツェに甘い
[ 2018/12/04 21:20 ] [ 編集 ]
プランがこれだけなので、対策された時にどうするかですよね。
[ 2018/12/04 21:20 ] [ 編集 ]
憐れゲッツェ
最大限の厚遇とも言えるけどなんだかね
[ 2018/12/04 21:25 ] [ 編集 ]
 他に使いどころがないだけなような・・・
[ 2018/12/05 01:38 ] [ 編集 ]
ゲッツェを持ち上げる為なのか、変な事になってる記事ですね
普通にゲッツェが出てる時に点を取ればいいだけでしょうし、相手を疲れさす以上にゲッツェが疲れて動けなくなってるのはずっと変わらないですよね?
[ 2018/12/05 01:39 ] [ 編集 ]
勿論ゲッツェが決めれば言う事無い。でも、狭い所でのパス回し等はやはりゲッツェは上手いよ。そして無駄にシュート打たないように監督から指示されてると思うね。
だって相手を走らせて疲れさせる戦術なんだから、シュート打って逆カウンター喰らったらこちらが走らされて疲れる。体力温存。
今の戦術は、前半はとにかくポゼッション高めボール失わない事。疲れされる役目はゲッツェでも合格だと…

[ 2018/12/05 07:14 ] [ 編集 ]
俺は岡崎みたいな選手の在り方ありだと思ってるから別にいいと思うけど、岡崎嫌いな人はこの起用方法認めなそう
[ 2018/12/05 08:10 ] [ 編集 ]
まあしかし理想的なシェアなんでしょうか。
パコはスタメンで出たいかもしれないけどスーパーサブの方が効率的なのは確か。とは言え常に交代カードを1枚切らないといけないし、そのうち対策されるだろうし、いつまで続きますかね。
[ 2018/12/05 09:25 ] [ 編集 ]
擁護してるのか貶してるのかよく解らない記事ですね。
まあ、それだけ微妙なんですよって云う裏返しなんだろうけど無理に記事にしてる感じですよね。
無理をしないと記事に出来ない程材料不足なんでしょうけどね。
[ 2018/12/05 13:44 ] [ 編集 ]
2018/12/05 07:14 続き
今、ドルトムントの練習動画がYou Tubeに上がっていたので見ました。30分位有りましたが、6チームに分かれて3チームずつドリブルでポール交わすリレー競争では、やはりゲッツェは上手かったですね。ロイスよりも上手いように見えましたが、ロイスチームと良い競争になってて、お互い勝ってました。
別の3チームに香川も出ていて、こちらは香川チームが3戦全勝、香川が断トツ上手かった。他チームはヴィツェルやゲレイロが居ましたが香川には一度も勝てず。
森保さんがドルトムント視察して、香川は練習では存在感合ったし元気そうだったと会見で言ってましたが、確かに存在感は抜群でした。やはり実力で干されているのでない事は練習見れば誰でも分かりますよ。
[ 2018/12/05 23:55 ] [ 編集 ]
チームは負けなしだし、試合に出れるようになって、ゲッツェもまあ、とりあえず良かったって、段階じゃないでしょうか。ゲッツェもこれに満足しているわけではないでしょう。パコもスタメンででたいでしょうし。ただ、正直二人とも現時点でスタメンでフルでプレイするのができないのかな?できないと言うのは言い過ぎですが、シェアする方が効果的という起用法でしょうが、ゲッツェには点を取ってほしい。
[ 2018/12/06 08:37 ] [ 編集 ]
ゲッツェのやってる事は岡崎より効果は薄い(髪の事ではありません)です。
最近のカンテを観ていると最高の相棒は岡崎だったんだなと改めて思いました。
ゲッツェは持ち上げられてるようで下げられてるように見え可哀想になってきた…。
[ 2018/12/07 07:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。