ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ケルンのレジェンド、ポドルスキー!宇佐美所属デュッセルドルフのファンを挑発!!《ドイツの反応》

【ビルト】

poldi8.jpg

ケルンのレジェンド、ポドルスキー!デュッセルドルフのファンを挑発!!


ルーカス・ポドルスキーはケルンの顔そのものだ!彼は2012年以来ケルンでプレーしていないが、それは今も変わらない。そのため、ポドルスキーと、ケルンの永遠のライバルであるデュッセルドルフの関係が良く成る事もないのだ。そしてこれが今問題となっている・・・


デュッセルドルフのスタジアムのスポンサーは今シーズンから“Merkur”が務めている。この企業の一つに、“XTIP”という会社(賭博会社)があるが、その広告塔がポドルスキーなのだ。

スポンサーリンク



本来ならばこれは問題ないはずなのだが、この企業は、ほぼ等身大のポドルスキーの広告をデュッセルドルフのスタジアムに設置したのだ。そしてフォルトゥーナの熱心なファンが訪れる南ブロックにもポドルスキーの等身大の広告が立っているのだ。

poldi9.jpg


当然、これがファンを挑発する結果になったことは言うまでもないだろう。ファンたちは総会でこの件に対して声を荒げている。フォルトゥーナはこの件に対処し、広告を撤去することを約束したが、スタジアムはフォルトゥーナの所有物ではなく、街の所有となっているのだ。


“Merkur”の広報担当者はこれに対して、“そこに広告を設置することはすでに話し合われたことだ。これが挑発になる事はないだろう。我々はポドルスキーをケルンの選手としてではなく、ワールドカップ優勝者として見ている。”と語っている。


企業側からしてみれば、この5つのポドルスキーの広告を撤去するつもりはないようだ。そしてポドルスキー自身もこれに対してはリラックスし、フォルトゥーナのファンに対して助言している。


ポドルスキー:“彼らがそれに対して興奮しようがどうでも良いよ。デュッセルドルフはブンデスリーガに残留することに集中すべきだね。ケルンは絶対に昇格するしね。”と語っている。





以上です。


最初はポドルスキーはまったく関係ないかと思って読み進めたら、本当にデュッセルドルフファンを挑発しているのには笑ってしまいました。

ケルンとデュッセルドルフは30分ぐらいしか離れていないんですが、この二つの町は凄く仲が悪いとされています。


しかしポドルスキーのドイツでの人気は今でも高く、テレビ広告などで今でも良く目にします。


それにしてもこの企業はこの騒ぎによってずいぶん知名度を上げる位事に成功しましたね。ポドルスキーの広告設置は確信犯でしょうかね。









[ 2018/12/04 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
日本で言うと浦和と大宮とか長野と松本みたいな関係なのかな…
[ 2018/12/04 21:50 ] [ 編集 ]
 これは企業もポドも確信犯ですね。相手サポーターは怒り心頭でしょうけど、笑っちゃいます。
[ 2018/12/05 14:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。