ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》香川1ゴール1アシストで高評価!!BVB全選手採点と寸評①

昨日行われましたハノーファー対ドルトムント戦。試合では日本人対決も観られましたが、今回は香川選手の活躍でドルトムントが勝利しました。


更新するのが遅くなりましたが、久々の香川選手の活躍もありましたので、これから各記事の寸評などをできるだけ多く紹介していきたいと思います。

まずは地元紙ルーア・ナッハリヒテンより寸評と採点です。





オバメヤンがマッチ・ウィナーに!!ギュンドガンは目立たず

20150322210632c4e.jpg



ハノーファー:ピエール・エメリック・オバメヤンのドッペルパックのおかげでドルトムントは3:2でハノーファーに勝利し、国際試合出場への希望をつないだ。このガボン人はこの試合で今シーズン11、12ゴール目を決めた。それに対してドイツ代表に復帰したイルカイ・ギュンガンはがっかりとさせるパフォーマンスだった。以下はドルトムント選手の採点と寸評




ヴァイデンフェラー 2,5

高いボールは彼の獲物となった。たった一度だけタイミングが合わなかった(53.).両失点とも、彼には止めるチャンスはなかった。


オリバー・キルヒ 4

ビッテンコートに対して度々問題を抱えることになった。いつも技術的にきれいにボールを扱うことに気をつけていた。ビッテンコートの退場後、ジェレミー・ダジエックと交代。



ズボティッチ 4,5


いくつかのツヴァイカンプフではタイミングが合わなかった。後半はハノーファー96が一人少なくなった事もあってより安定した。しかしシュティンドゥルによるゴールで3:2となりハノーファーに息を吹替えさせる事となった(82.)



フンメルス 3,0


彼の隣の選手よりはいくらか安定していた。特に序盤は。すでに敗れたヴァイデンフェラーの為にライン上でボールをクリアした(53.)



ソクラティス 4


ユベントス戦の後半と同じように左サイドバックとして出場した。攻撃は手堅く、守備でも大抵は手堅かった。

201503222106565a0.jpg



ギュンドガン 5

代表に復帰したギュンドガンの弱々しいパフォーマンス。彼は試合場で自分の判を押すことが出来なかった。72分にはズヴェン・ベンダーに場所を譲った。


ケール 4


中盤での仕事をしっかりこなした。ドルトムントの先制点の場面では、ボールを賢く捌いた。



クバ 2,5


ほぼ14ヶ月ぶりにブンデスリーガでスタメン出場。2点目の起点となったが、ツヴァイカンプフで敗れ相手同点ゴールの決定的な原因ともなった(32.)。彼のポジショニングはもっと良くならなければならない。


スポンサーリンク


201503222106359be.jpg


香川 2,5

多くのパスは正確性に欠け、前半はほとんど目立たなかった。しかしその後この日本人を覆う氷が解けた。2:1のとなった場面では失敬ゴールを決め(57.)、その後技術的にも難しいアシストで3点目をお膳立て(61.)。
(訳注:失敬ゴールと訳した場面は独和辞書ではラッキーゴールと意訳されているが、本来は失敬する、美味しいところを持っていく、というようなニュアンス。ポジショニングも重要な要素だと思うのでラッキーゴールとは訳さず。)


マルコ・ロイス 3


オバメヤンの先制点の場面では、繊細なパスを間に入れることが出来た。2:1の場面でも彼のアシストが記録された。時々良いアイデアを求めて休憩していた。80分にはゴールポーストにあたり、試合を決定づけるゴールを逃してしまった。



オバメヤン 2


このガボン人は本当の点取り屋だ!先制点の場面ではかれの速さをいかし、3:1の場面では彼はただ頭に当てるだけでよかった。


ジェレミー・ダジエック 3

スタメンでの出場するチャンスを願っていたが、58分からの出場となった。このヤングスターがブンデスリーガデビューを飾った。






以上です。


ルーア・ナッハリヒテンの採点は割りと中立的な印象です。試合の内容と、結果がバランスよく採点に現れていると感じます。例えばビルトなどは試合の内容が良くなくても点を決めれば採点が良くなりますし、西ドイツアルゲマイネやキッカーはゴールやアシストを決めても90分通して試合に影響を与え続けられなければ採点が低くなる事があります。逆に言えば数字を残さなくても採点が高くなることもあります。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball



[ 2015/03/22 21:14 ] 香川 | TB(-) | CM(8)
No title
失敬ゴールは、日本的には
“ごっつぁんゴール”
が、いまのところもっとも受け入れられやすい訳では?
[ 2015/03/22 22:57 ] [ 編集 ]
失敬ゴール!!おもしろいですね。俗にいう"ごっつぁん"ゴールっすかね!?
[ 2015/03/22 23:07 ] [ 編集 ]
No title
失敬ゴール=ごっつぁんゴールだねw
[ 2015/03/22 23:30 ] [ 編集 ]
No title
失敬ゴールですか、管理人さんのセンス最高ですね!
確かにビルトは数字がつけば高評価になってますね
キッカーは香川が2アシストの時も評価が延びなかったけどバイエルン戦は敗戦にも関わらず『2』という評価がついてました
ドイツ各メディアの採点の傾向が最近わかってきました
ギュンドアン調子を落としているみたいなので心配ですね
[ 2015/03/22 23:42 ] [ 編集 ]
ロイス、オバメ、クバ、カンプル、香川選手の前線で残り試合戦って欲しいですね。
久しぶりの勝点3が取れてよかったです。
[ 2015/03/23 00:50 ] [ 編集 ]
No title
ごっつぁんってのは本来たまたまポジションしていたところにたまたまボールが来たって意味だったから
管理人の配慮(=ポジションの大事さ)に基づけばやはり適切ではないかもね。
最近なんでもごっつぁんって言いたいだけの人が増えてるけども。
[ 2015/03/23 02:39 ] [ 編集 ]
No title
失敬ゴール=ごっつぁんゴール ではないな。
DFに当たったこぼれ球とかじゃなく普通にロイスからのパスでのゴールだしな。
[ 2015/03/23 07:46 ] [ 編集 ]
ドゥジアク?ドゥジアック?ダジエック?
呼び方統一したいなw
[ 2015/03/23 21:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。