ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

チェルシー!BVBプリシチを獲得するためにアザールをドルトムントへ売却?《ドイツの反応》

【ドルトムント24】
hazar.jpg


トルガン・アザールがプリシチ移籍でカードとなる!


すでにFCチェルシーがクリスティアン・プリシチに対して最初のオファーを出したとされている。冬の移籍市場でこの交渉は本格化するとされているが、現在グラートバッハでプレーするトルガン・アザールが重要なカギとなるかもしれない。


アザールは現在グラートバッハでプレーしており、正式に契約もしている。プリシチは現在ドルトムントでプレーしているが、チェルシーの興味を引いている。

スポンサーリンク


アザール、BVBに移籍か?

ルーア・ナッハリヒテンが報じたところによると、チェルシーはすでに最初のオファーを提示したとされている。しかしその金額はまだドルトムントの要求を下回っている。しかしチェルシーは、プリシチの獲得のためにアザールというカードを使うつもりのようだ。イングランドの“テレグラフ”が報じたところによると、チェルシーはグラートバッハに対して、アザールの買戻し権を有しているようだ。


同紙が報じたところによると、それによって、チェルシーは、アザールをドルトムント以外に売る事ができないようにすることが可能とのことだ。その見返りとしてプリシチをチェルシーに移籍させることを望んでいる。


これは現実的だろうか?



チェルシーとBVBがプリシチの移籍で合意し、ドルトムントがグラートバッハにオファーを出したとする。仮にアザールに対して、ドルトムントよりも良いオファーを出すクラブが現れた場合、グラートバッハはチェルシーにその情報を伝えなければならない。その結果その情報をBVBに伝えるとのことだ。(マッチング・ライト条項により、グラートバッハはアザールに対するオファーをチェルシーに知らせなければならない。)


またチェルシーとドルトムントがプリシチの移籍で合意したとする。そしてその結果としてチェルシーがアザールを買い戻す。ドルトムントがチェルシーにアザールに対するオファーを提示するというストーリーも可能だ(バイ・バック条項)。



アザールはBVBに合うだろうか?


BVBのヴィッツェルとアザールは親しい仲だとされている。さらにファヴレがアザールをグラートバッハに連れてきたのだ。現在この選手の市場価格は2500万ユーロとなっているため、移籍金はそれ以上になるとみられている。


アザールは今シーズン、グラートバッハで15試合に出場し11ゴール6アシストを記録している。“Whosocored.com”の採点によると、彼は7,8を記録しており、これはブンデスリーガの選手で最も高い数字だ。マルコ・ロイスとルーカス・ピスチェクが7.6となっている。


このトレードが実現すれば、チェルシーとドルトムントのファンは満足するだろうが、グラートバッハだけが、苦い思いをしなければならない。



以上です。

このシナリオはなかなか興味深いですね。問題は仮にチェルシーがアザールを買い戻すとなった場合、それが冬の移籍市場で可能なのかという点ですね。これが可能であれば、先にアザールを買い戻して、プリシチとトレードという事は可能でしょうが、ドルトムントが夏までアザールの獲得を待たなければならないとしたら非現実的でしょう。

個人的にはアザールをドルトムントで見てみたいです。




[ 2018/12/06 05:46 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(8)
アザールの意思とBMGの意思は完全無視ね...笑
ただ確かにアザールはドルトムントで見たい。現状ラーセンがレギュラーじゃ心許ないし、プリシッチをファブレはレギュラーとして見てないからね。
[ 2018/12/06 08:43 ] [ 編集 ]
前線はどこでも出来るし最高でしょう。
こういう選手がいたら流動的にウィングとトップ下のポジションチェンジも出来るし、戦力を落とさずにターンオーバーも可能。
ロイスとアザールをスタメンで併用しながら、時にはターンオーバーでアザールをトップ下にという事も出来るようになりますね。

ぜひとも来て欲しいです。
[ 2018/12/06 11:31 ] [ 編集 ]
プリシッチは確実に移籍ですから、後釜としてはブンデスで証明してるアザール弟はベストでしょうね
[ 2018/12/06 17:27 ] [ 編集 ]
プリシッチの方がラーセンより良いと思うけどね。プリシッチは左右どちらでも出来るんだから。
もしかして、ドルトはプリ用済みで(高値で売れる)、次に高値で売れる様にラーセンを育ててるのかしら?
リーグ優勝よりも移籍金目当て
[ 2018/12/06 21:36 ] [ 編集 ]
 プリシッチ放出してアザール弟ですか。良い、実に良いです。しかし、冬移籍として成立させるなら、クラードバッハも何かを要求してくるでしょう。これは面白い事になるかもしれない。
[ 2018/12/06 22:24 ] [ 編集 ]
ぶっちゃけアザールなんかよりもゴメスとか使うべき選手が居るだろうって感じだけど
[ 2018/12/06 23:07 ] [ 編集 ]
プレミアでのプレーを夢見て頑張ってたかもしれないのにアザール弟かわいそう。
でも物は考えようで恩師のファブレが居れば重用間違い無しだし、ドルトムントで結果を残せばチェルシーよりも更に高みに行けるかもしれないから、腐らず頑張って欲しいですね。
それにしてもアザール弟にそんな仕打ちをしてまで今のプリシッチを欲しがるのは、巨大なアメリカ市場という副産物のせいでしょうか?
まあ、環境が変わればプリシッチもガラリと変わって一気に花開くかもしれないので楽しみではあります。プリシッチはこのままドルトムントに居ても成長は無理かなと感じますのでね。
[ 2018/12/07 05:59 ] [ 編集 ]
ドルトムントの有能選手をバイエルンが引き抜くと「リーグ内で引き抜くのは卑怯」と叩くのに、ドルトムントが引き抜く事には凄く良い反応。ファンて勝手だよね(笑) 私も皆さんと同じく、アザール弟引抜き賛成。
[ 2018/12/07 19:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。