ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBアカンジ!シュテーガー元監督を批判!モウリーニョとは働く気なし!?《ドイツの反応》

【Sport.de】

akanji.jpg


アカンジ!シュテーガー元監督を批判!!


ディフェンダーのマニュエル・アカンジは今シーズン少なくとも一つはタイトルを獲得したいと考えている。


“最終的にどうなるかは誰にもわからないね。でもタイトル獲得のために全力を出すよ。”とこの23歳は“放送メディアグループ”において語っている。

スポンサーリンク



土曜日には、シャルケとのダービーだあるが、ドルトムントは2位のグラートバッハに7ポイント差をつけている。そしてチャンピオンズリーグ、ポカールともベスト16進出が決まっている。


その成績に大きく貢献しているのが、マニュエル・アカンジだ。


彼は同郷のルシアン・ファヴレに監督に対して、


“彼は本当にものすごく良い監督だね。彼は多くの選手の成長を助けてくれるし、これまでに達成した事の上でのんびりさせてくれはしないんだ。”と語っている。



また彼は。“(ファヴレの下では)今までに達成できなかった事ができるようにならなければならないんだ。例えば、いくつかの状況では、相手と接触した際のプレーをもっとよくしなければならないって言われたよ。それにパスをもっと正確にするとかね。”と語っている。



ドルトムントは土曜日にシャルケと対戦するが、この試合はアカンジにとっても特別だ。



“もちろん試合を楽しみにしているよ。まだ一度もダービーでプレーしていないからね。この前は負傷明けだったからベンチだったんだ。”と彼は語る。



またアカンジは当時の監督シュテーガーについてはあまり良い思い出がないようだ。“たった半年の事だったけれど、昨シーズンは決して簡単ではなかったね。良いサッカーができなかったよ。”とアカンジは語る。



アカンジは、将来がドルトムントと共にあると思っているようだ。彼はマンチェスター・ユナイテッドの大ファンだが、オールドトラフォードへの移籍はあまり魅力的ではないようである。


“今のところはあんまり試合を見ていないんだ。モウリーニョの下でのプレーが好きじゃないからね。いったい何が悪いのかわからないよ。トレーニングを見てるわけではないからね。”とアカンジは語った。そして最後に、“ドルトムントでとても幸せだよ。”と語っている。




以上です。

今シーズンはディアロもアカンジも非常に手堅くて良いですね。まだファンの試合をがっつりつかむような姿はあまり見せていませんが。ディフェンダーは変に目立たずに、こういうタイプの方がよいのかもしれないですね。ダービーでの活躍に期待しています。

[ 2018/12/07 10:30 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(5)
CBは、性格が如実に現れるポジションだと思います。彼は落ち着いていて安定感があり思い切りもよく、年齢の割に落ち着いて見てられます。クレバーなので、もっと伸びそうで楽しみな選手です。
[ 2018/12/07 14:49 ] [ 編集 ]
ユナイテッドは好きだけど、モウリーニョは好きでない。ってのは解りますね。プリシッチもその辺どういう勧誘を受けてるのかすごく興味があります。オーナーから監督変わるから、とかいう勧誘を受けてる?とか妄想してしまいます
[ 2018/12/07 17:27 ] [ 編集 ]
シュテーガーを批判するのはかなりお門違い
[ 2018/12/07 18:26 ] [ 編集 ]
別に批判してないじゃん
[ 2018/12/07 21:46 ] [ 編集 ]
アカンジは荒くエリア付近で不用意なプレーでファール貰うのと、弱々しくピッチに長く転がるのが印象悪い
[ 2018/12/08 02:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。