ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

エジル、オバメヤン、ミキタリアンらアーセナルの選手がパーティーでドラック使用?《ドイツの反応》

【Spox】

arse.jpg


FCアーセナル

エジル、アバメヤン、ミキタリアンがパーティーでドラック使用?


アーセナルをめぐるスキャンダルだ!エジル、オバメヤン、ムスタフィ、ミキタリアン達を含む多くのアーセナルの選手たちが、シーズンが始まる前の8月にパーティーでドラッグを使用したとされている。イングランドのタブロイド紙である“サン”が報じている。

スポンサーリンク



サンが公開した2分間のビデオによると、アーセナルの選手たちが、風船の中に入っているガスを吸っている姿が映し出されている。それに加えて3万3千ユーロ分のアルコールが消費されたとのことだ。


“我々はその事について選手と話し合い、クラブを代表する存在としての責任感を思い出させるようにする。”とFCアーセナルは語っている。


そのドラックは“ヒッピー・クラック”という名で知られており、医療用の麻酔にも使われる成分が含まれている。そのため時には麻薬としても使われている。イングランドでは未成年への販売が禁止されているだけだ。簡単に手に入れることができるため。パーティーなどで使用されることが多い。







以上です。


いわゆる合法ドラックというやつですね。若者の間では流行っていて、日本でも手に入るそうです。さっきそこの通販サイトをチェックしたら、「イギリスでは問題になっているが、日本では問題になっていのでチャンス!」といった売り文句がありました・・・・。


パーティーで盛り上がっていることに誰かがこういうものを持ち込んだら、たいして深く考えないで吸ってしまうという事は十分ありそうですね。






[ 2018/12/08 13:19 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(10)
若気の至りって年齢でもないでしょうに...
しかも責任のある立場にある人がそんなことしますかね。
面子が凄いからレベルが高いと評判のプレミアのクラブが国際舞台だとそれほどでもないのは昔からイングランド人の選手の意識の低さとそれに影響されるスター選手達の責任が大きいとされてました。
まだこんななんですね。
[ 2018/12/08 13:36 ] [ 編集 ]
まぁ若いからノリでって事は有るでしょうけど、アルコールの量といい、身体はって仕事している1流サッカー選手としてはいただけない。特にサッカー選手に対するリスペクトが高いヨーロッパにおいてどうなんでしょうか?
日本だと、場所中でも大酒飲む力士やシーズン中も遠征先で羽目外す野球選手は、特に一昔前は当たり前に居ましたけど、だんだんとアスリートとして、社会人として見る目が厳しくなってきてますね。
[ 2018/12/08 13:40 ] [ 編集 ]
なぜ8月の件が今頃リークされるのでしょうか。なんか意図的なものを感じますね。
日本人選手を追っていて、メディアにリーク時の意図があることがよーーーくわかってきたので、まず疑ってかかるくせがついてしまいました。
[ 2018/12/08 14:00 ] [ 編集 ]
ヒッピークラックで検索したら、いきなり通販業者がでてきた。
麻酔がききにくくなって手術中に覚醒しそう。
[ 2018/12/08 14:37 ] [ 編集 ]
笑気ガスですね
多分他クラブの選手もみんなやってると思いますが笑
[ 2018/12/08 14:44 ] [ 編集 ]
違法じゃないのかもしれないけどスポーツ選手としてどうなんだろね。すごい体に悪そう
[ 2018/12/08 15:02 ] [ 編集 ]
 エジルとオバメヤンはそういう人なんでどうでもいいが、ミキタリアンは手を出して欲しくなかった。
 モラル上の善悪や副作用が有無ではなく、よくわからないものを体内に入れるとドーピング検査でかかる可能性がありますから、スポーツ選手は自重すべきでしょう。軽率ですね。
[ 2018/12/08 15:09 ] [ 編集 ]
日本では数年前近似の某池袋駅近くで合法ドラッグ使用後、自動車で10人くらい?引いた死亡事件がありまして…。
悪いイメージしかないから調子に乗って販売するとこれもまた禁止になりますね。
[ 2018/12/08 16:24 ] [ 編集 ]
ヘリウムだぞっ^^
[ 2018/12/08 16:36 ] [ 編集 ]
他記事ではムヒタリアンは勧められたものの断ったようですね
[ 2018/12/10 22:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。