ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!負傷中のコマン!もう一度負傷したら引退!?「もう次の手術は受け入れられない!」《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

coman.jpg


FCバイエルン

キングズリー・コマン!負傷のため引退について語る!


もう左足は負傷できない。そうなってしまったら引退となるようだ。このフランス人はインタビューで今年一年について語った。


彼はブンデスリーガで最も大きなタレントだ。キングズリー・コマンはバイエルンの将来でもある。このフランス人はアリエン・ロッベンやフランク・リベリーの後継者とされているのだ。しかし負傷がこのフランス代表選手を何度も邪魔している。彼はこれまで骨をつなぐ靭帯を2度損傷しており、引退の危機に立たされている。まだ22歳だというのに。


スポンサーリンク



“もう次の手術は受け入れられないね。”とこのサイドアタッカーはフランスのテレビ番組“Telefoot”において語っている。


2018年は彼のキャリアにおいては最もひどい一年だった。2月に左足を負傷したことで、ワールドカップに参加できなかったのだ。コマンは、それについて、“ワールドカップはファンとして経験したよ。まあこれも人生だ、と考えたね。”と語っている。彼はそれに対して恨みは持っていない。“みんな幸せになるための居場所は十分に残されているし、すべてを手に入れることはできないからね。”と続けた。


しかしニコ・コヴァチが彼をスタメンとして定着させようとした、ブンデスリーガの最初の試合で、またしても同じ個所を負傷してしまったのだ。コマンはそれによって公式戦15試合を欠場し、ブレーメン戦で復帰するまで86日間も休まなければならなかった。“非常に難しい一年だったね。負傷した時は僕にとっては世界の終わりだったよ。”とコマンは振り返る。


この22歳にとっては、もう一度負傷は引退を意味するようだ。彼がすでに語ったように、もう一度手術することは受け入れられないとのことだ。“できれば、こんなことをもう一度経験しない事を願っているよ。もしかしたら僕の足はそういう風にはできていないのかもしれないね。そうなったら、一人の人間として目立たない人生を送るよ。”と語っている。


コマンは2015年以来バイエルンでプレーしている。最初はユベントスからのローン移籍であったが、2017年にバイエルンが2100万ユーロで正式に獲得した。コマンはこれまでバイエルンで98試合に出場し、16ゴール22アシストを記録している。コマンは負傷のためこれまで60試合を逃している。彼の契約は2023年までとなっており、市場価格は5000万ユーロとみられている。






以上です。

コマンが負傷について語っていますが、22歳で引退を考えるほどに追い込まれてしまうのはつらいですね。まだ復帰したばかりですから、こう考えるのも無理がないかもしれません。後半戦は怪我しないでプレーしてほしいですね。




[ 2018/12/10 17:48 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(1)
何とか頑張ってほしいけど努力じゃどうにもならない事ってありますからね
特にケガがちな選手はあれこれ工夫しても結局ケガしちゃったりしますし
なんとか乗り越えてほしいなと思います
あのスピードの中でも損なわれない柔らかなボールタッチは魅力的
[ 2018/12/10 20:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。