ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》「目標はヨーロッパ?」ドルトムント内部で意見が分かれる!!

週末のハノーファー戦で勝ち点3を獲得し、勢いを取り戻したドルトムントですが、6位との差が5ポイント差となってきた事でヨーロッパ圏内も見えてきました。しかし今シーズンのチームの目標においては意見がわかれていているようです。本日のビルトの記事になります。




ドルトムントでは目標について意見が分かれている


バイエルンがこの質問に答えをだすだろう!



201503231831110cb.jpg



ヨーロッパ、それともヨーロッパなし、これが今の所テーマとなっている。


ボルシア・ドルトムントでは目標の設定において内部で意見がわかれているようだ。2得点を上げたピエール・エメリック・オバメヤンはハノーファーでの勝利の後で“僕らはヨーロッパリーグを目指すべきだ”と語った。


しかしそれに対してボスは歯止めを欠ける。会長のハンス・ヨアヒム・ヴァツケ(55)は、“大事なのは降格圏とのポイント差を広げていくことだ。”と語った。


またトレーナーのユルゲン・クロップも注意深い。“我々は降格争いのまっただ中に居るわけではなくなった。降格の可能性が計算上なくなった時点で、後何試合残っているか見ようじゃないか。”



こうした控えめな態度は、次の対戦相手も関係している。復活祭の土曜日にはバイエルンと対戦する。BVBのキャプテン、フンメルスは“彼らを倒すことができたら上を目指すことが出来るだろうね。”と語った。


いずれにせよドルトムントは他のリーガのライバル達とは異なり、まだ屈服してはいない。ネヴェン・ズボティッチ“バイエルンからポイントを取ることはいつも可能だよ。”


そしてフンメルスもはっきり言う。“僕たちはバイエルンを倒すつもりだ!ここ最近の対戦はいつも熱く激しい物だった!”


スポンサーリンク



ドイツ人の反応


・まずは40ポイントを獲得することが大事だ。もしヨーロッパリーグに出場できたら、それはこんな酷いシーズンにおいてすでに奇跡だ。でもまだ安定性が欠けている。あと7ポイントとらなければならない。


・↑その通りだ。そのために戦うんだ!



・僕はドルトムントファンじゃないけど、長い目で見ればドルトムントがヨーロッパには相応しいよ。



・どうして皆ヨーロッパリーグ圏についての話ばっかりするんだ?ポカールで優勝すればはっきりしているだろう!


・現実的な予想では、まずは40ポイント獲得を目指すべきだね。その後一息ついてもう一度分析し、より良いシーズンに向けて準備すべきだ。


・僕は一年ヨーロッパで試合しないほうがドルトムントにとっては色んな意味でいいような気がする。負担も少ないし。


・まあ待とうじゃないか・・・。



・バイエルンじゃなくてドルトムントが自分たちで決めるんだ。どこへ向かうかね。


・↑なかなか賢い言い回しだ。いいね。


・↑だけど、ハンブルクやケルンでポイントを獲得するチャンスを逃してしまったからね。そうじゃなければ今の時点で39ポイントだった。


・↑それを言うなら37ポイントだ。


・ドルトムントは新しいスポーツディレクターが必要だ。新加入の選手は力を出せていない。


・↑僕もそう思う。ギンターは1000万ユーロでやって来て今日は3部リーグの試合に出場したんだ。



・↑ティアゴやマルティネスなんて全然プレーしてない。


・バイエルンだって何度も補強で失敗しているよ。


・次のバイエルン戦でBVBにとって良くないことは、バイエルンが昨日負けたことだ。これを取り戻すためにもバイエルンは次は本気で来るだろう。


・僕も来シーズンはヨーロッパでの負担なしでチームを立て直したほうがいいと思うね。


・↑もしヨーロッパに出られたら感謝しなくちゃね。あのユーベ戦での敗戦は出場を禁止されるにふさわしい出来だった。


・↑もしそうならシャルケもレヴァークーゼンも昨年禁止になっていなくちゃならなかったな・・。



・とにかく次の試合に勝つことを祈っている。


・BVBは一試合勝つことに集中するべき。


・↑その通り!






以上です

また読者を煽るようなタイトルでしたが、ファンの反応は現実的な物が多かったですね。タイトルを翻訳する時に「意見が分かれる」と訳しましたが、「対立、争い」の方が原語のニュアンスに近いです。でもさすがにそれだど内容と離れすぎるかなと思いすこし柔らかめにしました。


管理人もまずは40ポイントを確実にしてほしいと思います。そして来シーズンをしっかりと見据えた起用で残りの試合に臨んで欲しいと思います。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_1136.jpg


フライベルクのカフェ
ドレスデンから電車で30分位のところにある街フライベルクで、休憩がてら入ったカフェ。
ケースに色んな種類のケーキが陳列されていて、どれも美味しそうだったので選ぶのに時間がかかりました。



ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/03/23 18:39 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(4)
No title
降格圏を脱するのは当然ですが、来シーズンに繋がるように、チームを作ることが重要だと思います。
今のドルトムントは相手がヘマをしないと勝てない状態で、チームとして勝つ明確な形をまだ作れていない。
そこをしっかりと取り組んでいかないと、来期も危ないです。
希望を見せてほしいですね。
[ 2015/03/23 19:46 ] [ 編集 ]
来季は香川とロイスを中心にチーム作りをすれば再びリーグ優勝を狙えると思ってます。これから先はチームの構成を考える時期かも。
[ 2015/03/23 20:04 ] [ 編集 ]
No title
まずはリーグ戦で降格回避を確実にする事ですね。その上でポカールも頑張ればおのずとELも見えて来るかと思います。そして来季を見据えた戦いが出来れば最高です。

今季は怪我人続出もあって歯車が絶望的に噛み合ってなく、そのせいかクロップも戦術を一貫できていない印象を受けるので、今一度戦い方を確認して欲しいですね。

個人的には、香川が今季構想に本来入っていなかったと仮定すると、ムヒタリアン、インモービレ、ラモス等で手数かけず縦に突進するカウンターを仕掛けようとしたのでしょうが、前期以上に相手のリトリート守備がしっかりしていて、香川いなかったら詰んでいたかも知れません。

ブンデスチームは引いて陣形を固める事が苦手なチームが多かったはずですが、プレスとリトリートを使い分けるチームが増えてレベルが高くなったと思います。これを打ち破る為に来季はロイス、香川、シャヒンが鍵になって来るのではないでしょうか。
[ 2015/03/23 20:30 ] [ 編集 ]
No title
アシストは確かに美しかったけど、試合通して90分あのプレスを続けたことも評価して欲しかったな。
[ 2015/03/24 07:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。