ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ代表ドラクスラー!トーマス・トゥヘル監督を称える!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

drax.jpg



ユリアン・ドラクスラー!!PSG監督トーマス・トゥヘルを称える!!


この元シャルケの選手ユリアン・ドラクスラーは現在PSGでプレーしているが、ここ数週間スタメンとなっている。そして彼はトーマス・トゥヘル監督を称えている。


このドイツ代表選手はPSGで2年目となるが、徐々に良くなっている。トーマス・トゥヘル監督が定期的に彼を起用し、それによってパフォーマンスも向上しているのだ。ドラクスラーは“ゴール”や“Spox”のインタビューで、調子が良くなってきた事について、そしてトゥヘルを評価している事について語っている。

スポンサーリンク



ドラクスラーはシーズンの序盤は“簡単ではなかった”と語っている。“監督も知らなかったし、彼も僕を知らなかったからね。でも良かったのは僕たち二人ともドイツ出身だったことだね。だから良く話をすることが出来たんだ。今では彼が僕に何を期待しているかわかるし、それをフィールド上で発揮しようと努力しているよ。シーズン序盤は負傷と戦わなければならなかったし、ワールドカップの後では難しかった。彼が僕を起用してくれても、良いプレーが出来なかったんだ。でも監督は僕を信頼してくれているし、それが僕が定期的にプレーする理由だよ。”とドラクスラーは語っている。


ドラクスラーは10月20日以来、リーガのどの試合でもスタメンでプレーしている。結果は5勝2分けだ。ドラクスラーは2ゴール1アシストを記録している。元シャルケの選手はトゥヘルについて、“彼はものすごく多くの事を要求するんだ。そして僕らが良いプレーしなかったときは、思っていることを容赦なく話すよ。どの選手もフィールドで何をすればよいかわかっている。そして選手がその仕事をこなさないと、監督はすごく怒る事も出来るんだ。”と語った。


それでもドラクスラーはトゥヘルを賛辞する。この25歳は、“僕は彼が僕たちをメディアから守ってくれるところが好きだね。例えば、試合で悪いプレーをした後でも、‘そんなに悪くはなかったよ。もちろんもっとうまくできただろうけどね。’という具合に話してくれるんだ。彼は基本的に外部に対しては常にポジティブな見方をしてくれるよ。”と強調している。




以上です。

ドラクスラーはネイマールの加入で出番がなくなってしまうと心配されていましたが、トゥヘルの下では出場機会を得ているようです。トゥヘルの起用法は面白いですね。ドルトムントの最後のあたりでも3421というフォーメーションを見つけ、けっこう可能性を感じました。もちろんいじりすぎてうまくいかない時もありましたが・・。


[ 2018/12/11 21:06 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
このインタビュー読みましたけど、MCNは自分より上だと素直に認めていて、こんなに客観的に自分を分析できる選手だったのかと驚きました。ものすごく達観していますね。
他の選手も含め流石にパリにいる選手ともなると、トゥヘルの頻繁な戦術変更にも柔軟に対応できていて凄いとしか言えないですね。
まあ、エメリ時代はフォーメーション変更で上手くいかず選手からの反発もあったみたいなんで、トゥヘルが上手くやっているってのも大きいんでしょうが。
[ 2018/12/11 21:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。