ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トーマス・ミュラー!カンフーキックで一発退場!相手に選手に謝罪!!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】
muller.jpg


ひどいファールの後で、バイエルンのスター選手が発言!



トーマス・ミュラーはチャンピオンズリーグ、アヤックス戦でのニコラス・タリアフィコに対するファールについて語り、選手に謝罪している。


トーマス・トゥエルがアヤックスのタリアフィコに対して謝罪している。“もちろんあれは意図的ではないよ。”とミュラーは試合後に語っていたが、その後ツイッターで彼の回復を願っている。“この方法で昨日起こったことについて彼に謝罪したい。あれは意図的ではなかった。早い回復を願っているよ。”とドイツ代表選手は語っている。


スポンサーリンク



コヴァチ監督‼“レッドカードは明らか!”


3:3に終わったチャンピオンズリーグのアヤックス戦でミュラーはこのアルゼンチ人の頭部を蹴り退場となっていた。“トーマスのレッドカードは明らかだよ。彼は相手を見ていなかったけれど、背後にいる選手もボールに向かってくる可能性も考えておかなければいけない。”とコヴァチ監督は語っている。またコヴァチはアヤックスのマキシミリアン・ヴェーバーがゴレツカにファールして退場した件についても、“明らかだ”と語っている。


ファールされたゴレツカはその場面に関して、“幸運だったね。見た目ほどひどくはないよ。”と語っている。ミュラーのファールについては、“相手の様子を眺めずにはいられなかった。その場で縫っていたように見えたよ。”と語っている。


ミュラー、試合後に相手控室を訪問


ミュラーは試合後に選手に謝罪しようと試みたようだ。しかし彼はすでに控室にはいなかった。チャンピオンズリーグでミュラーが退場となるのは今回が初めてではない。2009年10月21日のボルドー戦で、彼はイエローカード2枚で退場となっている。ミュラーはこれにより次の試合に欠けることになる。




以上です。

ミュラーのこの蹴りは本当にカンフーのようですね。こんな蹴りを頭にくらったらひとたまりもないですね。ミュラーは決して荒いプレーをする選手ではありませんが、カンフーキックだったり、結構無理そうな体勢で多くのゴールを決めていますので、ミュラーらしいと言えばそうとも思えます。



[ 2018/12/14 10:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
確認しましたが、確かに危険なファールですが故意ではないだけ救いはありますね。昔ユーゴ対オランダでミハイロヴィッチがベルカンプに故意に踏みつけられ負傷したものや、最近ではJリーグで金崎が韓国人選手に故意に頭を踏みつけられたものとかえげつないのがありましたので、あまり驚きませんでした。怪我した選手ははやく治ると良いですね。
[ 2018/12/14 11:20 ] [ 編集 ]
 ボールに向かってくる可能性は推測できても足裏でハイボール競りに来るなんて予測不可能だ。コヴァチの擁護には無理がある。
 故意かどうかや謝罪したかどうかは関係なく、追加の出場停止処分を付けるべきだ。
[ 2018/12/14 12:36 ] [ 編集 ]
管理人さんのいう通りああいうトラップよくしてますね
先月のデュッセルドルフ戦のシュート同じポーズでした、うんミュラーらしい
でもまぁ相手がいる事を頭においておかなければいけなかったです
[ 2018/12/14 20:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。