ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト長谷部が負傷!ドイツ紙「長谷部離脱は試合に負けるよりも痛手!」《ドイツの反応》

【ビルト】


hasebe19.jpg

前半戦がこれで終わる可能性もある!

長谷部負傷!

この場面は、フランクフルトにとっては試合に敗れるよりも痛手となった。長谷部誠が、負傷し、フィールドを後にしたのだ。太ももの肉離れだ!


29分:この日本人はラツィオのコレアのスプリントに対処しようとした、しかし突然このスター・ディフェンダーは立ち止まり、左太ももを抑えたのだ。


スポンサーリンク



ローマの選手の素晴らしい行動:ボールを持ってゴールキーパーの方に走る代わりに、彼はボールを外に出したのだ。長谷部はそれに対して感謝し、その後交代するようにベンチに合図を送っている。


これは痛い!長谷部はアディ・ヒュッター監督にとって、素晴らしいディフェンダーというだけでなく、何よりもここ数か月のフランクフルトの好調の原因でもあったのだ。


長谷部はその広い視野によって、相手カウンターの危険を事前に少なくしている。さらに彼の攻撃陣へのパスもゴールにつながっている。このリベロは同時に隠れたプレーメーカーでもあるのだ。



スポーツ・ディレクターのブルーノ・ヒュープナー:“軽い肉離れであることを願っているよ。”だけ日曜日のレヴァークーゼン戦は厳しいようだ。さらに前半戦がこれで終わってしまう可能性もある。


マルコ・ルスは試合後“彼が負傷してからは、彼の落ち着きと輝き、そして存在感がチームからかけてしまったよ。”と語っている。ロスが長谷部の代わりとなれるかもしれないが、“カルロス・サルセドもできるだろうし、4バックに変更する事もあるかもしれない。”と語っている。






以上です。

フランクフルトは、ラツィオに2:1で勝利しましたが、長谷部選手の負傷は残念ですね。軽傷であることを祈ります。地元紙のフランクフルトルントシャウなどは“記録達成にも関わらず高い代償を支払った”という見出しで、長谷部選手の負傷を伝えています。





[ 2018/12/14 18:48 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
長谷部は負傷交代するまでの短い時間ですが、またしても地元紙で1ゴール1アシストのガチノヴィッチと並ぶ高評価でしたよ。
負傷した場面でもカウンターになる相手ロングボールに上手く対処出来ていたのにトップスピードから急停止したのが負担になったのか…。
お互い消化試合のためサブ組メインの中、しかも雨で寒いし連戦フル出場の高齢選手、チームにとって重要な役割を担っている長谷部を無理に使うべきではなかったですね。まぁ、監督が何度も長谷部の重要性を公言しているので端から外す選択肢は考えていないかも。
不幸中の幸いとして、もうすぐWBに入るのでしっかり休んで治療し、後半戦のスタートには間に合ってほしい。
[ 2018/12/14 20:40 ] [ 編集 ]
確かにブンデス勢初の全勝通過という記録が目の前に転がっていれば取りに行くのがプロだが、主力のコンディションを崩すリスクを犯してまで狙う物ではないと思う。目標はあくまでEL優勝、そして何より来期のCLダイレクトインだろう。
[ 2018/12/15 08:21 ] [ 編集 ]
ハムストリングの肉離れだと完治に1、2カ月かかるかもですね。筋肉系は中途半端に治すと癖になるので、焦らず完治させて欲しいです。
[ 2018/12/15 09:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。