ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ代表ギュンドガン!差別について語る!“この夏にも経験した!”《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

gundogan5.jpg


ギュンドガン!差別について語る!

“この夏にも経験した!”


イングランドではラヒーム・スターリングに対する差別的な侮辱が大きな波紋を呼んでいる。ドイツ代表のイルカイ・ギュンドガンがイングランドのメディアにワールドカップの前に経験した差別体験について語っている。


イングランドでは差別が大きな話題となっている。チェルシーとマンチェスター・シティ(2:0)の試合で、イングランド代表のラヒーム・スターリングがチェルシーのファンから差別発言で侮辱を受けたのだ。さらに木曜日に行われたヨーロッパリーグでもチェルシーの一部のファンがユダヤ人を差別する内容の大合唱をしている。


スポンサーリンク



スターリングのチームメートであるギュンドガンは、この24歳をサポートし、さらに自身が受けた差別的発言について語っている。


このドイツ代表選手は2018年のワールドカップ前に、大きなブーイングを受けている。それはメスート・エジルと共にトルコ代表のエルドアンを訪問したことが原因だった。


ドイツ代表はワールドカップ直前にレヴァークーゼンでサウジアラビアとのテストマッチを行ったが、ギュンドガンはファンの怒りを感じていたようだ。6月には彼の車が破壊されている。“簡単なことではないね。僕もこの夏に経験しているから、(スターリング)がどのように感じているか理解できる。”とギュンドガンは発言している。レヴァークーゼン戦後、ギュンドガンは涙を浮かべるほど、ショックを受けていた。エルドアンとのこの問題はワールドカップにも大きな影響を与えた。


ギュンドガンによると、“最終的には強くいることしかできないね。これに耐えてフィールド上でベストを尽くすだけだ。”と語った。ギュンドガンは現在マンチェスター・シティでは補欠とる事が多いが、チャンピオンズリーグのホッフェンハイム戦ではフル出場している。


現在、イングランドの警察がチェルシーのファンに対して操作に動き出し、さらにクラブもこのファンを特定しようとしている。“ラヒームは多くのサポートを受けているし、チェルシーの対応も良かった。この状況を良くするためにみんなで戦わなければならない!”とギュンドガンは語っている。




以上です。

差別は非常にやっかいな問題ですね。ドイツはメディアはじめとして左寄りですが、メルケル首相の移民政策が失敗したことで、そうした事に対する不満がたまっています。なにかのきっかけで、そうした不満が一気に爆発する危険性はかなりあると思います。変な方向に行かないことを願っています。



[ 2018/12/15 06:20 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(8)
トルコ人移民がドイツに与えた被害はひどいものです
トルコ人が差別されるのも仕方ないとも思いますね
ドイツ人の怒りも限界です
[ 2018/12/15 07:18 ] [ 編集 ]
とはいえ、エジルのように政治的な発言、行動を取らないようにしてほしいですね。
[ 2018/12/15 08:56 ] [ 編集 ]
差別なんてもんは昔からずっとありますよ、日本人が欧米に旅行いくだけでも感じるんですから。日本人のなかでもあります。だからといって認めさせる為にマスコミに喚いても仕方ないですね。観客は試合を観ることで日常のストレスを発散してますし、良いプレイをすれば称賛され相手チームの選手には悪態をつく。
スターリングをよく出しますが彼は移籍の仕方が酷かったので恨みを抱かれても仕方ないですね。変な絡みをされるのは本人の行いに原因があることが多い。
ギュンドアンもエジルもそう。そういった事を伏せて差別だーなんだーて叫んでもまったく同情できません。
[ 2018/12/15 09:08 ] [ 編集 ]
 差別と売国は別。エジルやギュンが夏にドイツ国民に嫌われたのは売国したからです。自分達がしたことを棚に上げて差別というキーワードで被害者を主張する行為は、本当の差別を生み出してしまうと思うのでやめたほうがいいかな。
[ 2018/12/15 11:29 ] [ 編集 ]
イングランドの差別はなくなるとも思いませんが、ギュンドアンはそもそも自分で会ってますからね
微妙な時期に写真を撮られておいて、差別だというのとはまた別問題ですよね

[ 2018/12/15 15:03 ] [ 編集 ]
偏見からの反動は差別だろうが、政治的な言動からの反動はではない。
[ 2018/12/16 00:53 ] [ 編集 ]
ここですら差別的な人が居るんだから大変ですよね
どんな理由であれ差別する理由にはならないってことを根本的に理解してない
重罪を犯した罪人みたいな扱いしてますしね、まして日本にいる全く関係ない第三者すらこの有様
[ 2018/12/16 02:14 ] [ 編集 ]
エジルとギュンドアンが売国?!
いつからフェイクニュースが平然と飛び交うサイトになってしまったのか・・・
ウソも100回繰り返せば真実になるマインドの方々のたまり場にでもなったんですかねぇ(苦笑)
[ 2018/12/17 12:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。