ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!タイトル獲得時の選手と監督のボーナスが明らかに!《ドイツの反応》

【ビルト】



ドルトムント!タイトル獲得時の選手と監督のボーナスが明らかに!favre8.jpg


リーガ首位!14試合で負けなし!バイエルンと9ポイント差!ルシアン・ファヴレはドルトムント最初のシーズンで絶好調だ!

優勝時に、ボーナスが付くかというかという質問に対し、このスイス人は沈黙を貫いているが、すでにその内容はとっくに明らかになっている・・・。

スポンサーリンク



トップクラブでは普通の事であるが、ファヴレも契約書にサインする前に、優勝時のボーナスをしっかりと決めたようだ。


BVBがタイトルを一つ獲得すると、ファヴレは100万ユーロのボーナスを得ることになる。


さらにチームもリーガで優勝した場合、ボーナスを得ることになるようだ。


ロイスは“もちろん毎シーズン始まる前に、優勝時のボーナスについては話し合うよ。”と語っている。


ビルトの情報によると、BVBはタイトルを獲得した場合、500万ユーロのボーナスを支払うつもりのようだ。この金額が選手の出場時間で割られるとのことである。さらにそれとは別に、個人で決めたボーナス契約を支払われる。


幹部たちはこの質問に対しては非常に控え目な反応を示している。ツォルク!は“毎試合集中した結果、ここまで来た。公の場でタイトルについて話したからではない。”と語っている。



BVBが今日の試合でブレーメンに勝利すると、すくなくとも前半戦での優勝は決定する!




以上です。

前半戦もあと3試合を残すだけとなりましたが、今シーズンこそは優勝してほしいですね。冬の補強次第では、別なチームが強くなったり、またその逆の場合もあるのでまだまだ分かりませんが、バイエルンは夏にはしっかり補強するでしょうし、彼らが調子を落としている今シーズンがチャンスです。

[ 2018/12/15 12:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
補強するとしたらCFかなぁ...。CBは4枚揃ってるし、中盤はヴァイグル放出しなければヴィツェル、ディレイニー、ダフード、ヴァイグルで4枚、緊急時はゲレイロも出来るしSBはピシュチェク、シュメルツァー、ハキミの3枚だけだから出来ればもう1人左SBが欲しいかな。将来的にシュメルツァーの後継げる若手が理想でトリャンは放出。サイドアタッカーはサンチョ、プリシッチ、ラーセン、ゲレイロで4枚。CFはフィリップ、パコ、ゲッツェ...。香川出てくからゲッツェをトップ下に戻してパコとはタイプの違う高さのあるポストプレーが上手いCFが欲しいかな。イサクが冬の間にファブレの信頼得てフィットすればそれが1番理想。
[ 2018/12/15 13:24 ] [ 編集 ]
嫌な予感ですが、後半コヴァチ監督が対策してバイエルンが巻き返しするような気が…。
後半戦の2週目は相手チームが対策してきた時の対応と選手が怪我しないかですかね。前半の1週目は怪我が少なく対策もしてきたのでしょうが運が良かったですから。
香川が移籍後ロイス怪我で長期離脱とかなったらもう最悪のパターン…。
[ 2018/12/15 16:20 ] [ 編集 ]
 二連覇した時もファンファールがバイエルンを破壊して自滅したおかげとも言えますし、BVBがタイトルを獲る為にはまたとない好機。こういう時にしっかりタイトルを獲っていかないと、予算も増えず、いつまでも主力を引き抜かれる側であり続けてしまうので、うまくやってほしいところ。
[ 2018/12/15 17:24 ] [ 編集 ]
12/15 17:24
2年目はハインケンスだったんですが
[ 2018/12/16 09:53 ] [ 編集 ]
今季はイケるでしょう。
ブレーメン戦で久々に試合を見ましたが、チームとしても、個々の選手としてもかなり強いなと思いました。
今までのドルトムントには無い貫禄を感じましたね。
[ 2018/12/17 01:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。