ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フンメルス!バイエルンから移籍の可能性?幹部は否定するもわずかに躊躇!《ドイツの反応》

【TZ】

hummels.jpg


マッツ・フンメルス!冬に移籍か?
サリハミジッチの躊躇する様子が疑問を投げかける・・!


FCバイエルン・ミュンヘンは再び調子を取り戻してきた。しかしマッツ・フンメルスは良くベンチに座るはめになっている。このワールドカップ優勝者は冬に移籍してしまうだろうか。


スポンサーリンク


サリハミジッチがそれにコメントしている。


マッツ・フンメルスは久しぶりにハノーファー戦でスタメンに復帰した。試合前にスカイのリポーターが、サリハミジッチにフンメルスの移籍の可能性について質問すると、それに対してサリハミジッチは答えている。


“いいや、現時点ではそれはないね。”とサリハミジッチは答えた。この答えが単に“いいえ、”であればそれははっきりしていただろう。しかしサリハミジッチはその後少し躊躇し、“今の時点では。”と付け加えたのだ。この答え方が、様々な憶測を呼ぶ結果となっている。


ニコ・コヴァチはローテーションをあまりしなくなったが、その犠牲者がマッツ・フンメルスだ。彼はニコラス・ズィーレとジェロム・ボアテンの後塵を拝している。


“彼はほかの選手と同様にこの状況にがっかりしている。でもチームスポーツにはこれは付き物だ。”とコヴァチはアヤックス戦前に語っていた。さらに“ズィーレとボアテンはここ3試合で良いプレーをしているので、今はそれを変えない。”と語っていた。


またもう一人の犠牲者はシャビ・マルティネスだ。最近ではヨシュア・キミッヒとゴレツカが中盤でプレーする事が多く、レナート・サンチェスなどもこれをベンチから見なければならない。マルティネスはデュッセルドルフ戦でスタメン出場を果たしたが、ティアゴが再び復帰した今、プレーする見通しは良くなっていない。今後はキミッヒが再びサイドバックでプレーするかに注目が集まる。




以上です。

コヴァチはローテーションをやめる発言をしてから勝ち続けていますので、フンメルスにとっては難しい状況ですね。最初はボアテンの出番がなくなりそうだと思いましたが、今度はフンメルスですか。昨日のハノーファー戦ではスタメンでしたが、やはりドルトムント戦で風邪を引いたままプレーしたので印象が悪くなったのもあるかもしれませんね・・。







[ 2018/12/16 18:44 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
ドルトムントから移籍する時も奥さんの事を考えるとバイエルンしかないやん、とは思ってましたが、今回も奥さんのタレント活動を考えると移籍しないでしょうね。

単に出場できないから、移籍をちらつかせているように見えます
[ 2018/12/16 19:15 ] [ 編集 ]
 BVBにいたほうが良かったのでは……
[ 2018/12/16 21:44 ] [ 編集 ]
フンメルスに限った話では無いですが、現代サッカーで足の遅い選手は致命的ですね。
今季のドルトムントの強さは、上手さは当然として、スピード(足と判断)と対人の強さあってこそですから。
[ 2018/12/17 01:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。