ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール監督クロップ!セリエACミランで監督することは想像できない!その理由は?《ドイツの反応》

【フスバール・オイローパ】
klopp5.jpg


リヴァプール監督クロップ!イタリアでの監督することは想像できない!その理由は?

どうやら、ユルゲン・クロップはセリエ!で監督することは想像できないようだ。


このシュトゥットガルト出身の監督は、すでにマインツ、ドルトムント、そしてリヴァプールでチャンピオンズリーグ決勝進出など、数々の成功を収めており、現在はプレミアリーグの首位に立っている。

スポンサーリンク



チャンピオンズリーグのナポリ戦の前に、ジャーナリストはいつかセリエAでも監督をするつもりがあるか質問したが、クロップは、“イタリアが好きだし、イタリアの食べ物も好きだ。すべてが素晴らしいね。だけど残念ながら君たちの言葉を話すことができない。”と語っている。


これはイタリアで監督をするつもりがないという事だろう。熱心にイタリア語を学ばない限りは・・。


クロップはいずれにせよリヴァプールとの契約がまだ3年半も残っていることを強調している。


クロップはドルトムント時代に、ナポリの会長アウレリオ・デ・ラウレンティースと話をもった事を明かしている。


“彼は好きだけど、デ・ラウレンティースはすこしおしゃべりだね。私はこの話を誰かにしたことはないんだけれど、彼が少しずつ話しているみたいだ・・。”と語った。




以上です。


今の時点ではイタリア行は考えていないようですね。でもイングランドでもタイトルを獲得したりすれば、いつか新たな挑戦をしたくなる時が来るかもしれないですね。ユベントスや、スペインのビッククラブからオファーが来ることもあるでしょうし、そうなったら言葉ぐらいはすぐに身につけてしまいそうな気もしますが・・。



[ 2018/12/16 21:04 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(8)
リバプールは伝統ある強豪ですが
クロップ楽しそうに生き生きとしてますよ
[ 2018/12/16 21:19 ] [ 編集 ]
キャラもやり方もリバプールにあってるからかなり長いことやるんでないですかね?それに本人は昔からクラブのファンだと言ってたしね。
2年半でEL準優勝、CL準優勝、リーグでは5番目あたりをウロウロしていたクラブが今シーズンはヘタすれば優勝するかもしらん。補強したプレーヤーたちはブレイクしまくりだし、若手も順調に伸びている。こんな監督はペップ以外いないから、後任考えたら余程のことがない限りクラブは出さないと思うし、ドル時代に比べて主力を叩き売られる心配もあまりないからね。
[ 2018/12/16 22:42 ] [ 編集 ]
クロップさん、日本語を勉強する気はないですかね
[ 2018/12/16 23:36 ] [ 編集 ]
ファブレになって、ようやくドルトムントがクロップのサッカーっぽくなりましたね。
上手い、強い、速い。
三拍子すべて揃っている=迫力があるのが共通点。
[ 2018/12/17 01:37 ] [ 編集 ]
ファブレも良い監督だろうけどやっぱりクロップは別格ですね。人間力が素晴らしいんですよ。何より華があります。
[ 2018/12/17 08:19 ] [ 編集 ]
名監督はみんな選手時代か監督時代にイタリアを経験してる
[ 2018/12/17 12:22 ] [ 編集 ]
選手やサポーターに対するマネジメントに秀でた監督なので、言葉を話せるかどうかは最重要ポイントですね。リバプールのあとはリーガに挑戦してほしいです。
[ 2018/12/17 18:09 ] [ 編集 ]
最近は推進力って言わなくなったなーと思ったら「上手い、強い、速い」に変わったんだね

「旨い、安い、早い」的なノリで思わず餃子が食べたくなりました
[ 2018/12/17 21:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。