ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》元マインツ監督トゥヘルがハンブルクの監督に!?ドイツ人の反応

昨日のビルトのニュースになります。コメントでの指摘にもありましたが、確かに代表ウィークになると試合が無いのでやたらと移籍ネタが増えますね。シャルケではすでにヘヴェデスを売却候補にする、ドルトムントがビッテンコートを買い戻すなど、そんなニュースで溢れています。今日は元マインツの監督で岡崎選手をワントップで起用したトーマス・トゥヘルについての噂です。






カオス・クラブHSV(ハンブルク)がトーマス・トゥヘルを監督候補に



ビルトが説明する:どうして彼がこうした状況でもハンブルクに行きたいかを



201503251905111af.jpg



ハンブルクでは監督の後任が発表されたばかりだ。しかしHSVはその後任の後任を探している。


月曜日にスポーツディレクターのペーター・クネーベルがツィンバウアーに代わって監督の座を引き受けることになった。クネーベルはマネージャー業と並行して監督業もやることになり、クラブのボス、バイアスドルファーもそれを支えていくつもりだ。夏以降はクネーベルは再びマネージャー業に専念するとされている。では誰が監督となるのだろうか?


HSVはトゥヘルとコンタクトを取っている!


元マインツの監督であるトゥヘル(この夏で一年間の休息を終えるつもり)はハンブルクの候補に上がっている。バイアスドルファーは彼と何度もコンタクトをとっているようだ。


月曜日にバイアスドルファーはトゥヘルについて語った。“もちろん内部ではその事について話し合っているよ。それ以上のコメントは避けたいけどね。彼とは何度も話しているし、その事はすでに夏に話したとおりだね。”


どうやらトゥヘルは昨年ミルコ・スロムカ(注:元ハンブルク監督、シーズン途中で首に)の後に来るべきとされていたようだ。しかし彼は当時そのオファーを断っている。彼はマインツを去った後で、ベルリンのバレーボールチームなどの手伝いをしたりしていた。また彼は2度ほどバイエルンの監督、グアルディオラに会っている。家族を理由に彼はミュンヘンに引っ越している。



本来ならばトゥヘルがこの夏ライプツィヒに行くことが確実とされていた。しかしビルトの情報によるとこの話はどうやら確実というわけではなくなったようだ。


トゥヘルは伝統のあるクラブで何か大きな事を成し遂げようと夢見ているようである。ユルゲン・クロップがドルトムントで集中的にタイトルを獲得したように。


そしてHSVにはここ最近の滅入るような結果にも関わらずまだまだ力がある。そこがライプツィヒとは違う所だ。もしハンブルクが2部になったとしてもそれは変らない。


クネーベルが監督を兼業する事でHSVはトゥヘルの為に席を用意しているようだ。トゥヘルはあとは“はい”と言うだけで良い。



スポンサーリンク


この記事を読んだドイツ人の反応


・彼はマインツに行った時のようにハンブルクにピッタリだな。


・天才でクレイジー、これはありだね。


・トゥヘルはちょっとサド・マゾ両方の気質を持ち合わせているようだな。進んでハンブルクに行くなんて。でも彼はいったいハンブルクで何をやるつもりなんだ?


・これはハンブルクにとっては理想的だね。


・誰も今のハンブルクを助けることはできない。


・↑グラートバッハのファブレはそれを成し遂げた。ハンブルクは選手はそろっているから大丈夫だろう。


・トゥヘル!お願いだからやめてくれ。


・ライプツィヒの方が合っているよ。


・悪くないな。


・いったいいつもビルトは何処で情報を仕入れるんだ?創作?


・トゥヘルが来たらハンブルクにとっては夢のようだね。僕はHSVファンだ。


・僕はトゥヘルがそうするとは思えないよ。HSVのトレーナーには敗れるというシナリをしかないんだ。


・↑数ヶ月働いて首になる。そしてそれでも契約どおり何億円ももらえるんだったら良いじゃないか。


・トゥヘルは戦士だ。彼を喜んで迎えるよ!


・ライプツィヒだったら特に問題はないけど、HSVのような伝統のあるクラブなら結果をださないといけない。


・本当に彼が自ら進んでハンブルクに行きたがっているのなら、彼はどこかおかしい・・・。



・トゥヘルはグアルディオラが去るのを待っているんだ。それが彼の夢だよ。彼の後任になることがネ。


・↑確かに彼はミュンヘンにいるしね。


・彼はカオスを必要としているんだ。


・トゥヘルは成功が約束されている監督だ。


・彼は家族とミュンヘンに住んでいて、ハンブルクに住みたいって?なんか理解できない。


・そう言えばザマーもハンブルクの大きな挑戦に興味があるって言っていたな。結局来なかったけど・・・・。


・↑給料が足りなかったのさ。


・トゥヘルはグアルディオラが去ることを待っているだけだね。


・今まではトゥヘルをスマートな奴だと思っていたけど、そう思うのはやめるよ。


・ライプツィヒにせよハンブルクにせよ、2部は確実だね。


・ハンブルクをトレーニングすることは不可能だよ。何から何までおかしい。


・スター・トレーナーはハンブルクでは何もできない。。。


・ハンブルクが一部に残ることを願っている!






以上です。


トーマス・トゥヘルは岡崎選手をマインツで積極的に起用したことで日本でも有名になりましたが、マインツのようなチームをヨーロッパリーグ圏に導いたことでかなり評価されていますね。ドルトムントの危機においてもファンたちから後任候補に上げられたりもしていました。

しかしトレーニング動画などからも分かる通り、結構強烈なキャラクターで選手に厳しい事でも知られており、あまり来て欲しくないと思っているファンもいるようです。


彼は今シーズンは休養中ですが、その一年間の休養が、さらなるステップを狙ってのものではないか、彼は実はかなり計算高いのではないか、と見ている人たちもいます。


ハンブルクだったら結構面白いなあと思います。ハンブルク、ブレーメン、シュトゥットガルト、この辺のかつての強豪に再び力を取り戻してもらえるとリーガがもっと面白くなると思うのですが・・・。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_5989.jpg

ドレスデンを散歩していたらうさぎを見つけました。あちらこちらにうさぎが飾ってあるのでとっても愉快です。



ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/03/25 19:12 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(7)
No title
HSVの復活を担うことはトゥヘルのイメージにぴったりだね。
元々マインツを去った理由や漏れ聞く人柄からして、計算高くステップアップを狙ってるとは思えないよ。
やりがいのある仕事を求めてるんじゃないかな。
[ 2015/03/25 21:00 ] [ 編集 ]
No title
是非豪徳のいるシュツットガルト再生をお願いしたい

ところでHSVってドイツではどのくらい酷評されているのだろうかとあの悲惨な得点力を見ていつも思う
あのメンツであの順位、そしてあの得点
[ 2015/03/25 23:07 ] [ 編集 ]
No title
HSVは自分が子供の時トヨタカップに出てきたことと
やっぱりハンバーグの本場何だから美味いんだよな?
というミーハーなイメージしか無い。
[ 2015/03/26 01:23 ] [ 編集 ]
No title
練習中の動画見たことあるけど激しい人だったな
[ 2015/03/26 03:57 ] [ 編集 ]
No title
ハンブルク財力はあるからなあ。自分のチームの選手が怪我させられるのを見るのがたまんないからHSVはさっさと降格しろってドイツ人も多いですが、実際なかなかしないでしょうね。
[ 2015/03/26 08:40 ] [ 編集 ]
トゥヘルは強豪チームでどれだけやれるかミテミタイナー。
[ 2015/03/27 17:28 ] [ 編集 ]
No title
以下、魔境HSVで道を見失った名監督たち

トルステン・フィンク(バーゼルをCLで勝てるチームに)
ファン・マルワイク (南アW杯でオランダを準優勝に)
ミルコ・スロムカ(ハノーファーを準強豪に引き上げる)
[ 2015/03/28 16:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。